スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪 深南部 Deep South/ブックフェア、パネル展示


  大阪 深南部 Deep South/ブックフェア(予告)








ジュンク堂書店 難波店にて
ディープサウス(大阪深南部)をめぐる
ブックフェアを開催中です。


昨日から、写真パネルの展示が始まりました。


写真は、『通天閣』の著者の酒井隆史さん、
『釜ヶ崎のススメ』の編著者のひとり、平川隆啓さん、
そして、古くからこの地域を写真に撮りつづけてこられた
上畑恵宣さん、この三人の撮影された写真パネルを
展示いたしております。


また、プロジェクターによるさまざまな写真の映写も
まもなく始まります。


関連書籍は、ひきつづき展示・販売をいたしております。


この機会にぜひご覧くださいませ。



ジュンク堂書店 難波店

大阪市浪速区湊町 1丁目 2-3
マルイト難波ビル3F・B1F
06-4396-4771 / FAX:06-4396-4781
営業時間 10時~ 21時

http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-namba.html


難波駅より徒歩1分
四つ橋線なんば駅より徒歩1分
御堂筋線なんば駅より徒歩5分
千日前線なんば駅より徒歩1分
近鉄難波駅より徒歩5分
南海難波駅より徒歩5分









  ディープサウス(大阪深南部)ブックフェア、2012年2月~

















  ディープサウス(大阪深南部)ブックフェア、2012年2月~no2














  ディープサウス(大阪深南部)ブックフェア、2012年2月~no3








スポンサーサイト

大阪 深南部 Deep South/ブックフェア






  大阪 深南部 Deep South/ブックフェア(予告)











   ブックフェア

   大阪 深南部 Deep South



   2012年 2月~
   ジュンク堂書店 難波店




詳細は、順次アップいたします。


ブックフェアのほか、

大阪 深南部 Deep South の

パネル展示、プロジェクター映写、パンフレット配布

などなど、

複数の企てを行なう予定です。



「いつからスタートで、いつまで」というイベント

とは異なり、

始発駅や行き先の目的地を決めずに、

走っている列車に飛び乗って車両を移動しつつ、

いくつかの企てを

並行してすすめていきます(予定)。



まずその第一弾として、最初は小規模ではありますが、

ブックフェアを 1月22日から始めます。

最初は、40点ほどの本を選書させていただきました。

本は、その後、追加していき、ブックフェアの輪郭を

より際立たせていきます(たぶんね)。







   
    
     
    
    
   

書本&cafe magellan さんから









        書本&cafe magellan、「Book! Book! Sendai 2011」
















以前 ・・・
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/blog-entry-748.html
で紹介をさせていただきました
「Book! Book! Sendai 2011」の企画のひとつ

not major, but ... GOOD PUBLISHERS



開催中です。





書本&cafe magellan さんから
展示の様子をご案内をいただきました。

http://blog.magellan.shop-pro.jp/











        書本&cafe magellan「Book! Book! Sendai 2011」










書本&cafe magellan
6月8日(水)~7月4日(月)
10:00~20:00(土日~19:00) 火曜定休
仙台市青葉区春日町7-34
電話022-224-7560
http://magellan.shop-pro.jp/
 





仙台市内の4店舗を会場に、
本をご紹介いただきます。


会場ごとに開催日時に異同がありますので、
お確かめのうえ足をお運び下さい。



日時と会場

6/4(土)-26(日)※土日のみ:stock gallery&atelier
6/6(月)-30(木)ジュンク堂ロフト店
6/8(水)-7/4(月)書本&cafe magellan(マゼラン)
6/16(木)-7/4(月)book cafe 火星の庭


会場について、詳しくは ↓
http://bookbooksendai.com/2011/goodp.html
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 

「ゼロ年代の出版社たち」無事に終了

 
     ゼロ年代の出版社たち インスクリプト、月曜社、洛北出版10-3


ジュンク堂書店 京都BAL店でのフェア
「ゼロ年代の出版社たち インスクリプト、月曜社、洛北出版」
―― 無事に終了いたしました。

お時間を割いて京都BAL店までお足をはこんでいただき、
ほんとうに、ありがとうございました!
お一人おひとりに感謝のお礼を申しあげたいほどです。

今後ともどうか( これに懲りずに! )、
ご厚志のほどお願いいたします。
 
 
 
 
 

10月3日まで、やっております!



     ゼロ年代の出版社たち インスクリプト、月曜社、洛北出版9月29-1



     ゼロ年代の出版社たち インスクリプト、月曜社、洛北出版9月29-2


上記は、フェア用に当方が選書したご本の一部です。
( あくまで一部です。)

10月3日まで
ジュンク堂書店京都BAL店で
フェアをやっております。
( かねてご案内したフェアです ↓ )
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/blog-entry-604.html


実際に手にとって本をご覧いただけましたら
うれしいかぎりです。

さてさて・・・月曜社さん、インスクリプトさんは
はたしてどんなご本を選書なされたか?・・・
お手間をおかけいたしますが、
ぜひぜひ京都BAL店にお足をおはこびいただき、
実物をご覧くださいませ。思わぬ書物と
出会うことができるでしょう。( ホントです。)

以下、再度ご案内を掲載いたします。


 ゼロ年代の出版社たち
 ――インスクリプト、月曜社、洛北出版と
   代表者による選書フェア



詳しくは、小社ブログ ↓
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/blog-entry-604.html
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/blog-entry-607.html


詳しくは、月曜社さんのブログ ↓
http://urag.exblog.jp/11121859/
http://urag.exblog.jp/11241146/
http://urag.exblog.jp/11312201/


詳しくは、インスクリプトさんのブログ ↓
http://inscriptinfo.blogspot.com/2010/08/bal.html
およびツィッター ↓
http://twitter.com/mesentente



日時 2010年8月10日(火)~10月3日(日)

場所 ジュンク堂書店京都BAL店
   7階人文書フェアコーナーにて展開

 ジュンク堂書店京都BAL店
 京都市中京区河原町通三条下る二丁目山崎町
 京都BALビル 5-8F
 TEL 075-253-6460
 FAX 075-253-6470
 営業時間:午前11時~午後8時

アクセス
 阪急・河原町駅から徒歩7分
 京阪・三条駅から徒歩8分
http://www.junkudo.co.jp/kyotoBAL.htm
★「ジュンク堂 京都店」とお間違えなきよう!


参考として
――

インスクリプト
http://www.inscript.co.jp/
http://inscriptinfo.blogspot.com/

月曜社
http://getsuyosha.jp/
http://urag.exblog.jp/

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/

 
 

 
 
 

ジュンク堂書店京都BAL店「スピリトゥス」





     ジュンク堂書店京都BAL店「スピリトゥス」-1




ジュンク堂書店京都BAL店の書店員の方々が
「スピリトゥス」というパンフレットを
つくられ、発行なされました。


いまジュンク堂書店京都BAL店では、
インスクリプト、月曜社、そして小社の
3社に焦点をしぼったフェアを
開催していただいております。

ゼロ年代の出版社たち
――インスクリプト、月曜社、洛北出版と代表者による選書フェア
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/blog-entry-604.html


今回のパンフレットは
「0(ゼロ)号」という位置づけで、
準備・実験の号として、
いま行なわれていますこのフェアを
取り上げてくださっています。


書誌情報や書評、そしてインタヴュー(アンケート)が
掲載されております。当方も、月曜社さん、
インスクリプトさんとともに、インタヴューに
お応えいたしております( お恥ずかしいかぎりですが・・・)。


パンフレットは、ジュンク堂書店京都BAL店にのみ
置いてあるようです。(京都BAL店 ↓ )
http://www.junkudo.co.jp/kyotoBAL.htm

次号は今年末に刊行予定とのことです。
独自の企画が展開されることになるでしょう。


折りを開いてみると ↓

   ジュンク堂書店京都BAL店「スピリトゥス」-2


   ジュンク堂書店京都BAL店「スピリトゥス」-3

 
 
 
 
 

ブックフェア「ゼロ年代の出版社たち:インスクリプト・月曜社・洛北出版」


   ゼロ年代の出版社たち。インスクリプト、月曜社、洛北出版(1


   ゼロ年代の出版社たち。インスクリプト、月曜社、洛北出版(2


   ゼロ年代の出版社たち。インスクリプト、月曜社、洛北出版(3


ジュンク堂書店京都BAL店にて、
インスクリプト、月曜社、そして小社の
3社に焦点をしぼったフェアを
開催していただいております。

京都BAL店の書店員の方々がご企画なされ、
実現に尽力されました。

インスクリプト、月曜社、そして小社の、
在庫のある刊行物のすべてと、
それぞれの代表者による20冊前後の選書から、
棚が構成されております。

そのほか、それぞれの代表者への
アンケートなどを記したパンフレットも
常設される予定です。
( 来週末か再来週くらいにパンフレットが
完成するようです。)

パンフレットは、BAL店の書店員の方々が
苦労のすえにすべて自力でご制作なされました。

パンフレットは「スピリトゥス」という名前で、
今後もひきつづき定期的に発行されるようです。
今回は、ゼロ号という位置づけです。次号からは
BAL店の方々によるさまざまな企画で
発行されていくようです。

たいへん力のこもったブックフェアですので、
ぜひBAL店に足をはこんでみてください。
そして実際に本を手にとってご覧いただければ
うれしいです。

以下はフェアのご案内です。
また、↓ もご覧くださいませ( 月曜社ブログ )
http://urag.exblog.jp/11121859/



■■■ ジュンク堂書店
■■  京都BAL店からのご案内
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ゼロ年代の出版社たち
 ――インスクリプト、月曜社、洛北出版と
   代表者による選書フェア




 ジュンク堂書店京都BAL店では、人文書を好むお客さまに何度もきていただけるよう、日々努めてまいりました。

 そのなかでも、この3社の出版物の新刊には、かねてより注目してきました。そしてしだいに、「これらを編集されたのはどういった人なのだろう?」という関心を持ちはじめました。きっとこの関心はお客さまもお持ちだろうと(勝手に)思い、このたびのフェアを企画いたしました(!)。

 ただ3社の出版物を並べるだけではなく、編集者の紹介・インタビューと、そして影響をうけた本を選書してもらいました(その過程で、3社の代表者がいずれも、京都にゆかりのある方だということが判りました)。
 「何かやってるらしいぞ」と、ご来店いただけましたら幸いです。(ジュンク堂書店京都BAL店より)


日時 2010年8月10日(火)~10月3日(日)

場所 ジュンク堂書店京都BAL店
    7階人文書フェアコーナーにて展開

 ジュンク堂書店京都BAL店
 京都市中京区河原町通三条下る二丁目山崎町
 京都BALビル 5-8F
 TEL 075-253-6460
 FAX 075-253-6470
 営業時間:午前11時~午後8時

 アクセス
 阪急・河原町駅から徒歩7分
 京阪・三条駅から徒歩8分
http://www.junkudo.co.jp/kyotoBAL.htm
★「ジュンク堂書店 京都店」とお間違えなきよう!


 参考として ――

インスクリプト
http://www.inscript.co.jp/
http://inscriptinfo.blogspot.com/

月曜社
http://getsuyosha.jp/
http://urag.exblog.jp/

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/

 
   ゼロ年代の出版社たち。インスクリプト、月曜社、洛北出版(4
 
 

   ゼロ年代の出版社たち。インスクリプト、月曜社、洛北出版(5



   ゼロ年代の出版社たち。インスクリプト、月曜社、洛北出版(6

 

   ゼロ年代の出版社たち。インスクリプト、月曜社、洛北出版(7



   ゼロ年代の出版社たち。インスクリプト、月曜社、洛北出版(8



   ゼロ年代の出版社たち。インスクリプト、月曜社、洛北出版(9

 
 
 
  
 
 
 

再掲載 「著者が語る話題の本」講座


       
       『妊娠―あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください』frontpage



日にちが近づいてきましたので
以下は、再度のご案内です。


     * * *

「著者が語る話題の本」講座のご案内です。
以下は、港区立男女平等参画センター「リーブラ」
HPより転載しています。
日時と場所、そしてお申し込み方法につきましては、
再度、上記HPでご確認くださいませ。


    * * *


200912241

港区立男女平等参画センター(リーブラ)講座


「著者が語る話題の本」講座


拓殖あづみさん、菅野摂子さん、石黒眞里さんが語る
『妊娠 あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください』




いまの日本で妊娠するとはどんな経験なのか?
375人へのアンケートと26人へのインタビューから
見えてくる、妊娠と出生前検査の経験とは?
話したり聞いたりすることがなかなか難しい、
妊娠と出生前検査をめぐる女性の経験について
丁寧に書かれた本です。


女性たちの生の声を伝えるための工夫がされ、
医療の現状だけでなく、
一人ひとりの女性の生活や、人間関係、人生において、
何を大切にしているかなどが見えてきます。


多様な経験を全ての人が共有し、医療や社会の課題を
一緒に考えていくために、この機会に
著者たちから直接聞いてみませんか。



日 時
2010年5月25日(火) 19:00 ~ 21:00時


会 場
港区立男女平等参画センター(リーブラ) 4階・学習室C
アクセス ↓
http://www.minatolibra.jp/category/1327005.html


参加費  無 料


保育(無料・申込み順) 2歳から未就学児まで
要予約 保育のお申込みは5月11日(火)まで


手話・文字通訳 5月7日(金)までにご相談ください。


★申込み方法については、
こちら ↓ をご覧くださいませ。

http://www.minatolibra.jp/article/13687662.html

また、この講座のチラシは ↓(PDF)
http://www.minatolibra.jp/image/C3F8BCD4A1CAC4D3BFA2C2BEA1CBB9D6BAC2A5C1A5E9A5B7.pdf
 
 
 
 
 
 
 
 

「著者が語る話題の本」講座


       
       『妊娠―あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください』frontpage



「著者が語る話題の本」講座のご案内です。
以下は、港区立男女平等参画センター「リーブラ」
HPより転載しています。
日時と場所、そしてお申し込み方法につきましては、
再度、上記HPでご確認くださいませ。


    * * *


200912241

港区立男女平等参画センター(リーブラ)講座


「著者が語る話題の本」講座


拓殖あづみさん、菅野摂子さん、石黒眞里さんが語る
『妊娠 あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください』




いまの日本で妊娠するとはどんな経験なのか?
375人へのアンケートと26人へのインタビューから
見えてくる、妊娠と出生前検査の経験とは?
話したり聞いたりすることがなかなか難しい、
妊娠と出生前検査をめぐる女性の経験について
丁寧に書かれた本です。


女性たちの生の声を伝えるための工夫がされ、
医療の現状だけでなく、
一人ひとりの女性の生活や、人間関係、人生において、
何を大切にしているかなどが見えてきます。


多様な経験を全ての人が共有し、医療や社会の課題を
一緒に考えていくために、この機会に
著者たちから直接聞いてみませんか。



日 時
2010年5月25日(火) 19:00 ~ 21:00時


会 場
港区立男女平等参画センター(リーブラ) 4階・学習室C
アクセス ↓
http://www.minatolibra.jp/category/1327005.html


参加費  無 料


保育(無料・申込み順) 2歳から未就学児まで
要予約 保育のお申込みは5月11日(火)まで


手話・文字通訳 5月7日(金)までにご相談ください。


★申込み方法については、
こちら ↓ をご覧くださいませ。

http://www.minatolibra.jp/article/13687662.html

また、この講座のチラシは ↓(PDF)
http://www.minatolibra.jp/image/C3F8BCD4A1CAC4D3BFA2C2BEA1CBB9D6BAC2A5C1A5E9A5B7.pdf
 
 
 
 
 
 
 
 

(2) 映画のコミュニズムを讃えて 『シネキャピタル』とその後




      映画のコミュニズムを讃えて


        連続講義「大学の夜」第十夜

        映画のコミュニズムを讃えて
        ――『シネキャピタル』(洛北出版)とその後

        講師: 廣瀬 純 (思想・映画批評)

        日時: 1月18日(月) 19時15分~21時00分
        場所: 早稲田大学生協ブックセンター(閉店後)
 
 
 
 

映画のコミュニズムを讃えて 『シネキャピタル』とその後



20091221-04


早稲田大学生協ブックセンターにて
廣瀬純さんによる講演がございます。
下記、転載いたします。日時と場所は再度お確かめ下さい。


   * * *


連続講義「大学の夜」第十夜

映画のコミュニズムを讃えて――『シネキャピタル』(洛北出版)とその後


講師
: 廣瀬 純 (思想・映画批評)
日時: 1月18日(月) 19時15分~21時00分
場所: 早稲田大学生協ブックセンター(閉店後)


今回は、2008年に『シネキャピタル』(洛北出版)を上梓された廣瀬純氏を講師にお迎えします。

『シネキャピタル』はドゥルーズ『シネマ』に依拠しつつ、氏がこれまでそれぞれに語ってきた映画と運動を同時に語ることを自らに許した著作となっていて、まさに廣瀬氏の思想のエッセンスが凝縮した本です。

イメージたちに剰余価値生産させる映画と、ポストフォーディズム~金融化の労働を重ねた分析はとても鮮明で、そしてそのただ中でさえ、解放されたイメージとはなにか、解放された労働者とはなにか、と進む思考は、来たるべきデモクラシーを予示的に讃えているようです。

ただ、『シネキャピタル』には後があるような気がします。今回は『シネキャピタル』から、予告される続編へと思索が進むかもしれません。廣瀬氏からどんな新たな言葉があらわれるのか期待します。

私たちは、イメージのコミュニズムとはなにか? と問うことを許されています。ご参加をお待ちしております。
 
 
 
 

池袋シネマ・ロサにてのイベント



下記のイベントの日にちが近づきましたので
ご案内を再度記しておきます。

   * * *


『シネキャピタル』って何だ?
廣瀬純と過ごす楽しい夜


TALK GUEST 廣瀬 純(『シネキャピタル』著者)

[日時] 2009年12月26日(土)
23:00 開場、23:30 開映(予定)
[会場] 池袋シネマ・ロサ

上映作品
『喜劇 家族同盟』 前田陽一
『UNLOVED』 万田邦敏

料金・チケット販売などに関しましては
「nobody」誌のホームページをご覧くださいませ。
また、開演の時間なども再度、下記のHPで
お確かめくださいませ。

  → 【「nobody」】

  → 【池袋シネマ・ロサ
 
 
 

ジュンク堂京都BAL店でのフェア開催中


ジュンク堂京都BAL店でのフェアは
12月末まで行なっています。
ぜひ、のぞいてみてください。
パンフレットも常置しております。

パンフレットをご覧いただけましたら、
選書された本と本とが、
いっけん相互に関連なさそうな本と本とが
つながっていきます。

   * * *

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ JUNKU 京都BAL店
  フェア&トークセッション

創造せよ! プロにまかせるな!
――新鋭の思想家 廣瀬純が選ぶ人文書フェア

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 万国の「普通の人」たちよ、創造せよ!
 パワーポイントを駆使するプレゼン屋どもの時代は終わった。
 新鋭の思想家 廣瀬純が、哲学、文学、歴史、映画、音楽、料理など、さまざまな領域を横断して、生活のただなかに創造行為を取り入れる基礎体力アップのための、人文書を紹介します。
 廣瀬氏が選書のために書き下ろしたコメント付きのパンフレットを、フェア棚に常置。同時に、映画雑誌「nobody」のバックナンバーを、関西で初めて展示&販売いたします。ご来店をお待ちしております。


■ 廣瀬 純 Hirose Jun ■■■■■
1971年生。龍谷大学経営学部教員。
映画批評誌『VERTIGO』編集委員。
―― 著書として ――
『美味しい料理の哲学』(2005年、河出書房新社)
『闘争の最小回路――南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン』(2006年、人文書院)
『闘争のアサンブレア』(コレクティボ・シトゥアシオネスとの共著、2009年、月曜社)
『シネキャピタル』(2009年、洛北出版)
―― 訳書として ――
パオロ・ヴィルノ『マルチチュードの文法』(2004年、月曜社)
トニ・ネグリ『芸術とマルチチュード』(2007年、共訳、月曜社)
同『未来派左翼』(2008年、NHK出版)など


■■■「nobody」誌については ↓
  →【nobody


■ 選書フェアの期間 ■■■■■
11月 2日~12月末まで
7階・人文書フェアコーナーにて展開中。

■ 場 所 ■■■■■
ジュンク堂書店 京都BAL店 7階・人文書売り場
  京都市中京区河原町通三条下る二丁目山崎町
  京都BALビル・7階
   TEL 075-253-6460
   FAX 075-253-6470
   営業時間:午前11時~午後8時

♪ マップ → 【マップ

♪「ジュンク堂 京都店」とお間違えなきよう!
 
 
 

『シネキャピタル』って何だ? 廣瀬純と過ごす楽しい夜




   『シネキャピタル』って何だ?



『シネキャピタル』って何だ?
廣瀬純と過ごす楽しい夜



TALK GUEST
 廣瀬 純(『シネキャピタル』著者)

[日時] 2009年12月26日(土)
23:00 開場、23:30 開映(予定)

[会場] 池袋シネマ・ロサ

[トークゲスト] 廣瀬 純 氏(映画批評家)


上映作品

『喜劇 家族同盟』 前田陽一

『UNLOVED』 万田邦敏


料金・チケット予約などに関しましては
「nobody」誌のホームページをご覧くださいませ。

  → 【「nobody」】

また、開場・開映時間に関しましても
「nobody」誌のホームページ、および
劇場のホームページで再度ご確認くださいませ。

  → 【「nobody」】
  → 【池袋シネマ・ロサ

開場・開映時間は変更の場合があるようですので、
ご来場の前に上記ホームページで再度
ご確認くださいませ。
 
 
 
 

新鋭の思想家 廣瀬純が選ぶ人文書フェア



新鋭の思想家・廣瀬純が選ぶ人文書フェア

    

    JUNKU 京都BAL店
    フェア&トークセッション


    創造せよ! プロにまかせるな!
    新鋭の思想家 廣瀬純が選ぶ人文書フェア



ジュンク堂書店 京都BAL店にて、
『シネキャピタル』の著者・廣瀬純氏の選書による
ブックフェア&トークショーを行ないます。
パンフレットは今、印刷中です。来週には
棚に置きますので、ご覧いただければ
嬉しいです。パンフレットは無料です。


   * * *

万国の「普通の人」たちよ、創造せよ!
パワーポイントを駆使するプレゼン屋どもの時代は終わった。
新鋭の思想家 廣瀬純が、
哲学、文学、歴史、映画、音楽、料理など、
さまざまな領域を横断して、生活のただなかに
創造行為を取り入れる基礎体力アップのための、
人文書を紹介します。

廣瀬氏が選書のために書き下ろした
コメント付きのパンフレットを、フェア棚に常置。
同時に、映画雑誌「nobody」のバックナンバーを、
関西で初めて展示&販売いたします。さらに、
「nobody」編集長の結城秀勇氏とのトークショーもあり!


廣瀬 純 Hirose Jun
1971年生。龍谷大学経営学部教員。
映画批評誌『VERTIGO』編集委員。

著書として
『美味しい料理の哲学』(2005年、河出書房新社)
『闘争の最小回路――南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン』(2006年、人文書院)
『闘争のアサンブレア』(コレクティボ・シトゥアシオネスとの共著、2009年、月曜社)
『シネキャピタル』(2009年、洛北出版)

訳書として
パオロ・ヴィルノ『マルチチュードの文法』(2004年、月曜社)
トニ・ネグリ『芸術とマルチチュード』(2007年、共訳、月曜社)
同『未来派左翼』(2008年、NHK出版)など


nobody」誌については →【「nobody」


選書フェアの期間
11月 2日~12月末まで
7階・人文書フェアコーナーにて展開中。

場 所
ジュンク堂書店 京都BAL店 7階・人文書売り場
  京都市中京区河原町通三条下る二丁目山崎町
  京都BALビル・7階
   TEL 075-253-6460
   FAX 075-253-6470
   営業時間:午前11時~午後8時
♪ マップ →【ジュンク堂・マップ
♪「ジュンク堂 京都店」とお間違えなきよう!


    フェア関連のトークショー
    廣瀬 純 × 結城秀勇(「nobody」編集長)


日 時
 12月11日・金曜日
   午後 6時00分・開 場
   午後 6時30分・開 演
   午後 7時30分・終了予定

場 所
「モーリスカフェ」
  京都市中京区河原町通三条下る二丁目山崎町
  京都BALビル・8階「モーリスカフェ」

入場料
600円(ドリンク付)
 ★ 定員 約50名

予約制(当日参加可)
ジュンク堂書店 京都BAL店7階・カウンター&電話でも予約OK
受付担当:井上
   TEL 075-253-6460
   FAX 075-253-6470
できるだけ事前にご予約くださいませ。定員に達した場合、入場制限をさせていただく場合がございます。ご了承ください。

♪ マップ →【ジュンク堂・マップ
♪「ジュンク堂 京都店」とお間違えなきよう!
 
 
 

ブックファースト新宿店 (1)

★あと少しのあいだ、下記↓をトップに載せます。

  廣瀬 純 人文系入門書選書フェア
  死ねキャピタル!


  ブックファースト新宿店にて開催中!
  ◆ 日 時 8月末~9月末ころまで
  ◆ 場 所
  ブックファースト新宿店
  地下2階・Fゾーン 人文書棚にて展開中

  →詳しくは【小社ブログ



  * * * * * * * * * *

以下、4つ、ブックファースト新宿店での
フェアの写真を載せます。

パンフレットをご希望のかたは
お名前・ご住所・郵便番号、そして
「パンフレット希望」とご記入のうえ
小社にメールをくださいませ。


ブックファースト新宿店フェアの模様1
 
 
 
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。