『DECOY=デコイ/囮=おとり』

囮/デコイ

 アルフォンソ・リンギス『何も共有していない者たちの共同体』と、ジャン・ジュネ「シャティーラの四時間」(『インパクション』51号、インパクト出版会、鵜飼哲訳)をテクストにした演劇公演が行なわれます。以下、長くなりますが、案内いたします。チラシをご入り用の方は、すこしですが小社にございますので、小社にお申し付けくだされば、郵送申しあげます(チラシがなくなりましたら、ご容赦くださいませ)。

モレキュラーシアター演劇『DECOY=デコイ/囮=おとり』沖縄公演

日程/2007年11月3(土=祝)日開演13:00~(マチネ40分)・開演18:30~ (ソワレ75分) 4(日)日開演12:00~(マチネ40分)の計3ステージ(開場 各15分前)
会場/沖縄県立美術館(1F 講座室)
沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
TEL 098-851-5402 FAX 098-941-3730

主催/モレキュラーシアター
共催/沖縄県立美術館
協力/「写真0年 沖縄」展実行委員会
助成/芸術文化振興基金

『DECOY/囮』あらすじ: どんな共同体にあっても「単なる生」は侵入者/贈与と看做される。しかも交換なき贈与はすべからく違法である。拷問が行使される。衆人環視のもとで。誰にも知られることなく。拷問には囮/仮想の他者が不可欠である。その他者こそ「この私/この身体」に他ならない、としたら。――

第一場:侵入者のインペラティヴ=命法
第二場:顔貌性のアンフィニティフ=不定法
第三場:腐肉の発話・未開の発明
第四場:美には傷以外の起源はない

演出・美術・構成:豊島重之(モレキュラーシアター芸術監督)

テクスト:アルフォンソ・リンギス「何も共有していない者たちの共同体」(野谷啓二訳・洛北出版)/ジャン・ジュネ「シャティーラの四時間」(鵜飼哲訳)

出演:大久保一恵・苫米地真弓・田島千征・四戸由香・秋山容子・斉藤尚子・豊島圭佑・高沢利栄ほか 映像:佐藤英和ほか 
※3日ソワレ講師出演:鴻英良(演劇批評家・みすず書房新刊「カバコフ自伝」訳者)
※4日の15:00~同会場にて「写真0年 沖縄」展 第3シンポジウム『沖縄を展示する』が、講師:倉石信乃・翁長直樹・鈴木勝雄/司会豊島重之により開催。

『DECOY/囮』テーマ: 北のシマ=八戸の演劇が、南のシマ=沖縄で、しかも「沖縄県立美術館」開館に際して、また「写真0年 沖縄展」連動企画として、上演されることは特筆すべき出来事ではないでしょうか。
 北に住む者が南で起きていることに無関心で、また南に住む人たちは北で起きていることを知らないままでいるならば、芸術文化交流など単なる空語となってしまいます。北にも〈南なるもの〉が伏在し、南にも〈北なるもの〉の鉱脈があるに違いなく、だとすれば《北と南の遭遇》こそが、喫緊の課題として、深い危機意識をもって、しかも継続的に構想されなくてはなりません。

 北であれ南であれ、この群島=アーキペラゴにあっては、見向きもされぬ地方都市の郊外にまでグローバル化が浸透した現在、私達の「ビオス=生」は根底まで管理・監視・統制され、いわば「生―政治化」されています。「生―政治化」されていない生は、もはや「単なる生」としか言えません。
 「生の死/臨死」でも「死後の生」でもない「単なる生」。とは言え、その「単なる生」ですら連綿として地下水脈を潜行してきた歴史性の次元をはらんでいます。翻って、様々な死や生が、その幻影さえもが去来する演劇史において、こうした「単なる生」はいまだ存在した試しがなかったようにも思われます。

 北のシマで行き場を失ったかにみえる「単なる生」が、南のシマに赴く理由は何でしょうか。「単なる生」を探しに? いや、「単なる生」を失うべく? 今回の新作「デコイ=おとり」に含意された主題の実験性は、まさしくそこにあります。

主催・問合せ:モレキュラーシアター(代表高沢利栄 090-2998-0224)
Molecular Theatre
〒031-0022 青森県八戸市古常泉下14-18
入場料 1000円

演出家紹介:豊島重之 TOSHIMA Shigeyuki
モレキュラーシアター芸術監督・ICANOFキュレーター。八戸生れ・在住。東北大卒。精神科医。04年現代詩手帖4月号で故・太田省吾と吉増剛造との巻頭鼎談『渦巻く流動の相のもとに』。06年10月世田谷パブリックシアター企画制作「ベケットを読む」で、故・太田省吾演出の遺作との二本立て上演『OHIO/CATASTROPHE』を演出。論稿に『流刑地の秘書たち』『箔足のバロック』『四角いベケット』など多数。

講師紹介:鴻英良 OTORI Hidenaga
演劇批評家・ロシア芸術思想。静岡県生れ・東京在住。東工大卒。東大大学院修了。2002・03・04の三年間、ハンブルク国際演劇祭「ラオコオン」芸術監督を務める。著書に『二十世紀劇場』(朝日新聞社・1998年)。共著に『野田秀樹 赤鬼の挑戦』(青土社・2006年)。訳書にカントール『死の演劇』やタルコフスキー『映像のポエジア』など多数。07年10月みすず書房から訳書『カバコフ自伝』。

モレキュラーシアター歴: 1986年に八戸を拠点に結成。翌87年より99年まで海外12ヶ国の芸術祭に招待公演。89年に「国際カフカ芸術祭」主催・実現の成果により、主演の大久保一恵が八戸市芸術文化奨励賞受賞。95年『FOOTNOTED』が読売演劇大賞にノミネート。翌96年に『FACADE FIRM』がアデレード芸術祭に正式招待。演出の豊島重之が東京ジャーナル演劇賞受賞。2005年国際交流基金フォーラムで「ベケット東京サミット」を主催。06年10月世田谷パブリックシアター主催で『オハイオ即興劇・カタストロフィ』上演。06年11月那覇市前島アートセンター提携企画で『写真/ここになき、灰』三部作公演。07年9月八戸市美術館で『ISTHMIAN RHAPSODY』四部作公演。07年10月青森県立美術館主催で『BALLET BIOMECHANICA』公演。

「宍戸錠からパレスチナまで」

 京都造形芸術大学映画祭「宍戸錠からパレスチナまで」が開催されています。この10月28日には鈴木清順監督《ツィゴイネルワイゼン》が、12月16日には佐藤真監督《エドワード・サイード OUT OF PLACE》が上映されるようです。他の作品の上映も含め、詳しくは「第1回 京都造形芸術大学映画祭」をご覧ください。

メルロ=ポンティ生誕100年記念講演会

下記、講演会の案内です。日時と場所はお確かめくださいませ。

メルロ=ポンティ生誕100年記念講演会 第二回

ゲスト Frederic Worms 氏(Lile Ⅲ大学)
タイトル 「直観と反省のあいだ
     ――メルロ=ポンティの現象学における批判の意味」
Entre intuition et reflexion. ― Le sens de la critque dans la phenomenologie de Merleau-Ponty

★ 仏語→ 日本語訳・通訳あり

■日時■ 2007年10月19日(金) 16:00~18:00
■場所■ 関西日仏学館
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8
TEL 075-761-2105
京阪電車出町柳駅より徒歩12分
/市バス「京大正門前」下車すぐ

主催:メルロ=ポンティ生誕100年記念国際シンポジウム実行委員会
講演:メルロ=ポンティ・サークル(日本)
連絡先:神戸市看護大学 松葉祥一

催しの日時の変更(注意!)

 先日ご案内いたしました《中国の現在とドキュメンタリーフィルム》の「上映会+交流会」の催しですが、15日(月曜日)ではなく16日(火曜日)に順延とのことです。あらたな情報がはいりましたら、そのつど、お知らせ申しあげます。

映画の上映会(その2)

「山形国際ドキュメンタリー映画祭」つながりで、もうひとつ上映会の案内を――。
 下記は、山形国際ドキュメンタリー映画祭のために来日した、中国のドキュメンタリー作家たちによる「上映会+交流会」の案内です(案内文より抜粋)。場所は京都市内ですが、かなり分かりにくい場所かと思います。ご関心のある方は、小社にメールをいただけましたら、折り返し、主催者から返信してもらうようにいたします。

【上映会+交流会】
■ 中国の現在とドキュメンタリーフィルム ■
10月15日・月曜日・午後6時前後からぼちぼち始めます。
場所「京都 西海岸」
 山形国際ドキュメンタリー映画祭の「アジア千波万波」部門に選ばれ、来日した、中国の若手監督たちが、京都に来ます。気鋭の若手作家の一人、胡新宇さん(《姉貴》《男人》など)、人類学者でもある郭浄さんなど4人が来られます。この機会に、変わりゆく中国の現在を映し出すかれらのドキュメンタリー《運動》をめぐって、上映会+交流会を行ないます。ドキュメンタリーに関心のあるかた、今の中国に関心のあるかた、ただ意味もなく酒を飲みたいかた、とりあえず来てみてください。

映画・上映会の案内(その1)

 大阪市中央区大手町のドーンセンターで、山形国際ドキュメンタリー映画祭に出品された、女性監督の作品など9作品が、上映されます。
 ドイツのアンケ・ハーマン監督が、靱(うつぼ)公園(大阪市西区)の野宿者のテント強制撤去を映像でとらえた《関西公園》も上映されます。

 これらとは直截には関係ありませんが、雑誌『現代思想』(青土社)の10月臨時増刊号の総特集は「ドキュメンタリー」です(定価1,600円)。中国ドキュメンタリー"運動"にかんする紹介記事も掲載されていて、ひじょうに充実した特集となっていると思います。

催し:「デザインとつくる現場展」

 「デザインとつくる現場展」という試みが、大阪北区で開かれます。下記はその案内からの抜粋です。

 グラフィック・プロダクト・WEBなど様々な分野のクリエイター(デザイナー)と、加工・印刷・システムなど特徴的な技術を持ったファクトリー(製造会社)がコラボレーションを行い、作品とその制作過程を展示します。
 コラボレーションで何ができるのかはお楽しみ。
 アッとおどろき、そしてフムフムと納得の、生気あふれる作品たちをお見逃しなく!

■展示期間■
2007年10月16日(火)~10月26日(金)
11:00~21:00(土・日・祝日休館)

■会 場■
メビック扇町 2F コラボレーション室
入場料: 無料

■問 合■
メビック扇町
TEL:06-6316-8780
FAX:06-6316-8781
E-mail:info@mebic.com

催しの案内

アースインテグレートの川口正さんからいただいた「案内」を、そのまま転載いたします。日時と場所は、ねんのためお確かめくださいませ。

【日本マンガ学会 関西交流部会】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第29回例会  【「はだしのゲン」研究について】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■スピーカー:表 智之(京都国際マンガミュージアム)
------------------------------------------------------
■と き : 2007年10月13日(土) 午後2時~5時
■ところ : 中華料理店「菊華」  電話 06-6375-1455 
       大阪市北区豊崎4丁目3-1-1F-A
     ※地下鉄御堂筋線「中津」駅1番出口を出てすぐ左へ折れ、右手にRAMADAホテル(旧東洋ホテル)を見ながら東へまっすぐ250m、新御堂を越えてすぐ赤い提灯が目印。ランチタイムが終わると表の入り口が閉まります。その場合はお店の真裏に回って裏口からお入りください。
■参加資格:なし(マンガ学会会員以外の方も歓迎いたします)
■参加費:参加費として500円を会場でお支払いください
----------------------------------------------------
★講演会終了後、会場で簡単な懇親会を開催いたします。会費制・学割あり。
----------------------------------------------------
☆今後の予定 第30回11月10日(土)第31回12月8日(土)第32回1月12日(土)
★問い合せ先 E-mail miche-r.omote@nifty.com
  電話075-254-7414
   (表智之・京都国際マンガミュージアム)


【月例会/勁版会】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第288回  ■人文書営業38年を振り返る■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■と き: 2007年10月19日(金) 午後7時~9時
■ところ:京都市男女共同参画センター(ウィングス京都) 会議室
   604-8147 中京区東洞院通六角下ル御射山町262
    電話075-212-7470 
■参加費:会場費を参加者で頭割り
*終了後、懇親二次会を予定 参加費3,000円程度?
---------------------------------------------------
■ゲスト : 影山秀和(かげやま・ひでかず/人文書院)
---------------------------------------------------
【略歴】 1947年滋賀県生まれ。
     1970年人文書院入社。以来、同社にて営業一筋。本年営業部長を定年退職。現在嘱託勤務中。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今後の予定 第289回 11月16日(金) ゲスト・福嶋聡(ジュンク堂書店)
---------------------------------------------------
●前回の案内(=関西業界トピックス07・09・09)にて、288回ゲストを上記のように案内したのは間違いでした。勁版会会員各位へは訂正版メールを送信しましたが、改めて訂正します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   [ 勁版会(ケイハンカイ)とは]
 --------------------------------------------------
 京阪神の出版社・書店など、出版業界関係の現場担当者の研修・懇親会会員外の参加・出入りもフリーな、気軽な集まり◆オブザーバー参加歓迎
 月例会は、原則として毎月・第3金曜日◆年会費・1200円=月報通信費
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 *発足後20余年の勁版会の経過は「勁版会活動年表」や「勁版会小史」~
  いずれも川口正著『本と人を糧に』(編集工房ノア刊 本体1900円)にて詳述。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


【催事】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   古書談義【日米のビブリオフィルが語る「世界を変えた書物」】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■と き : 2007年10月24日(水)
午後1:45~4:45
■ところ :ホテルモントレ京都  電話 075-251-7111
■主 催 : ㈱雄松堂書店グループ     
◎参加費 無料 [申込締切/10月16日]
----------------------------------------------------
・ 第1部/マイケル・ライアン(Michael Ryan)講演
       デカルト『方法序説』~PMM129
       リンカーン『ゲティスバーグ演説』~PMM351
       マルクス『資本論』~PMM359
       フロイト『夢判断』~PMM389 
・ 第2部/高宮利行(Toshiyuki Takamiya)講演
       グーテンベルグ聖書~PMM1
       コペルニクス『天球の回転について』~PMM70
       ダーウィン『種の起源』~PMM344b
-----------------------------------------------------
『世界をきずいた書物』(雄松堂書店刊/1977 原著:Printing and the Mind of Man [PMM]/1967)に掲載された424点から、最も西洋文化に影響を及ぼしたと思われる20点をアンケート選抜し、さらに二人の講師が選んだ書物について話す……講演趣旨 [PMM刊行後40年経過]

*東京会場 ; 23日(火)印刷博物館内[ラ・ステラ] 午後1:45~
参加者には、現在開催中(~12月9日まで)の「世界出版文化史展」(書協創立50周年記念行事)目録が配布される。

ドイツG8反対闘争報告の案内

 日時・場所などは、ねんのためお確かめくださいませ。変更の情報がはいりましたら、そのつど、お知らせいたします。下記は、先ほどいただいた案内からの転載です。

反グローバリゼーション運動の現在――アクティビズムとメディア
ドイツG8反対闘争報告・交流会

【日時】2007年10月11日(木)18:30~21:00
【場所】京都大学吉田キャンパス内文学部新館5階 共同研究室

【呼びかけ】
 わたしたちの生きるこの時間と空間、そしてわたしたちが構築してきた多様な関係性のあり方を、さまざまな形で浸食しつつあるネオリベラリズム。格差と貧困、暴力と分断の大規模な拡大としてたちあらわれるグローバリゼーション。この世界の中で、なにが問われ、なにがなされるべきなのか?
 物象化と分断化をこえ、わたしたちのための、新たな関係性に開かれた「もう一つの世界」はいかにして可能なのか?
 世界各地で、あらたな規模と位相をもって展開している反グローバリゼーション運動は、こうした素朴な問いに幾度となく立ち返り、そして日々さらなる問いと関係性とを生産し続ける。民主主義、自由、正義といった「手垢にまみれた」はずの概念は、反グローバリゼーション運動の理論と実践の中で再び問い直され、あらたな価値と輝きを獲得しつつある。
 2007年6月、ドイツ北部ハイリゲンダムにて、G8サミットが開催された。テーマは、「成長と責任」。八人の「主要国首脳」が、わたしたちの世界とわたしたちの未来を、単一の色調のもと塗りつぶそうとするこの会議に対し、世界各地から10万人以上の人びとが抗議に駆けつけた。直接行動、デモ、会議、ワークショップ、ライブ…といった手段で「もう一つの世界」と別様の関係性の構築へむけたさまざまな取り組みがなされた。そして、このあたらしい社会運動を相互に結びつけ、有機的で多元的な出会いを準備し深化させるにあたって、大きな役割を果たしたのが、多様なメディア・情報実践であった。
 今回の企画においては、ハイリゲンダム現地闘争に参加された方々と共に、わたしたちに突きつけられたこの課題といかに取り組むことができるかを考え、議論する。また、現地行動を記録した映像作品を見ながら、運動と人間関係の新たな水路を切り開く手段としてのメディアの役割についても議論してゆく予定である。
 加えて、来年七月に北海道で予定されているG8サミットへむけた取り組みについても考えていきたい。
★報告、映像は英語(通訳あり)

【プログラム】
第一部(18:30~20:00)
報告:「ドイツ・ハイリゲンダムG8反対闘争の現場からー社会運動のネットワーク化とメディアの機能」
ジェイソン・カークパトリック(DISSENT!)
シグリッド・オーベラー(DISSENT!)
映像:「ハイリゲンダムを封鎖せよ Block Heiligendamm - G8 2007」(40min.)・終了後、交流会あり

第二部(20:00~21:00)
コメント:崎山政毅(立命館大学教員)[予定]、酒井隆史(大阪女子大学教員)[予定]
質疑応答・全体討論

【主催】ドイツG8反対闘争報告・交流会実行委員会
mail: nonog8@hotmail.co.jp

J-G・タルド『模倣の法則』

G・タルド『模倣の法則』

 ガブリエル・タルドの『模倣の法則』(村澤真保呂・池田祥英 訳、河出書房新社、2007年9月30日発行)が発売されています。タルドは『世論と群集』(未来社)のほかは、日本語で読むことがほとんどできないでいました。タルドの主著と言ってよい著作の全訳です。翻訳はおどろくほど読みやすくなっています。また、翻訳者による解説2つも、よいガイドとなるかと思います。オビの文言を一部引用いたしますと――

――「ドゥルーズに影響を与え、いままたラッツァラートら新鋭の思想家によって復活されつつある忘れられた社会学者タルドの主著、初の日本語全訳。発明と模倣/差異と反復の社会学を展開する歴史的名著。タルド・ルネサンスはじまる。」――

 ちなみに、宣伝になりますが、M・ラッツァラートの『出来事のポリティクス』(仮題)は現在、小社で編集中です。刊行予定日をできるだけはやくに決定いたしご案内させていただきます。刊行が遅れていまして、すみません。あとすこしお待ちくださいませ。

催しの案内

 先日ご案内いたしました「催し」にかんする詳細です。
 下記、送られてきました案内を転載いたします。日時・場所などは、お確かめくださいませ。

ネットワーク情況・関西:第18回公開講座のご案内
テーマ『自由の新たな空間』、『未完のレーニン』刊行によせて

 今回は杉村さんの新訳で出版された、ガタリ・ネグリ『自由の新たな空間』(世界書院)と白井 聡さんの『未完のレーニン』(講談社メチエ)の刊行記念シンポジウムです。

 第一部では、まず訳者の杉村昌昭さんから「ガタリの思想と実践、その意義」といったテーマで基調講演していただきます。ついで市田良彦さんから「ネグリの思想と実践、その意義」について話していただき『自由の新たな空間』についての紹介をおこないます。さらに現在交渉中ですが、崎山政毅さんに「自由の新たな空間を再読する意味」について語っていただきます。

 第二部は、白井 聡さんに「レーニン論と自由の新たな空間」で、『未完のレーニン』との繋がりをつけていただき、榎原 均さんに「何をなすべきか・補論」という形で白井さんの論に問題提起をしていただき、最後に表 三郎さんに「集合的意志と共同主観性」ということで新たな問題提起をしていただきます。

日時; 2007年10月14日(日)
    13時~17時 (終了後交流会)
場所; 高槻総合市民交流センター(JR高槻駅下車1分)

メンバー
 杉村昌昭(龍谷大学教員)
 市田良彦(神戸大学教員)
 崎山正毅(立命館大学教員)
 表 三郎(駿台予備校教諭)
 白井 聡(神奈川大学教員)
 榎原 均(office-ebara主宰)
 司会 伊吹浩一(情況編集部)
※参加費:カンパ制

主催:ネットワーク情況・関西、情況出版、世界書院
後援:ワーカーズ・コレクティブ・サポートセンター

※訂正と追加
 崎山政毅さんが立命館の学会主催者のため、当日は時間の都合がつかずメッセージのみとなりました。代わりに松井賢太郎さんが講演者として参加します。テーマは「D/Gの言語論」です。

催しの案内を2つ

立命館大学学内提案公募型プロジェクト
「暴力論研究会」第12回講演会

2007年10月13日(土)14時~18時
立命館大学・創思館・303/304号室

「民衆の対抗暴力の可能性と不可能性
 ――フランツ・ファノンを手がかりに」

提題者:鵜飼 哲(一橋大学教授)
     酒井隆史(大阪府立大学教授)
     萱野稔人(津田塾大学准教授)
司 会:松葉祥一(神戸市看護大学教授)


   ◆ ◆ ◆

第18回 ネットワーク情況・関西 公開講座

2007年10月14日(日): 13時~18時
自由の新たな空間
(フェリックス・ガタリ&アントニオ・ネグリ著)
出版記念シンポジウム

 場所はJR高槻駅の傍の、高槻総合市民センター

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード