パオロ・ヴィルノ著の新刊


ポストフォーディズムの資本主義



 パオロ・ヴィルノ 著 『ポストフォーディズムの資本主義――社会科学と「ヒューマン・ネイチャー」』(柱本元彦 訳、250頁、並製、人文書院、本体2,500円)。上記画像はこの新刊です。
 パオロ・ヴィルノは邦訳として、『マルチチュードの文法:現代的な生活形式を分析するために』(廣瀬純訳、月曜社)があります。
 両書とも、ポストフォーディズム(フォーディズムは、フォード自動車会社の経営管理方式を典型とする生産様式、では、こんにちの「ポスト」フォーデイズムとはいかなるものなのか…は本書をご覧いただくとして)の歴史的社会的条件、あるいは新自由主義の地理的歴史的状況を把握するための手がかりとなる本だと思います。ぜひ書店で実物を手にとってご覧くださいませ。

 【オビのことば】
現代の労働において、人間はフレキシブルな奴隷に過ぎないのか?
 人間的能力のすべてを労働へと動員し、その生物としての存在を剥き出しにするポストフォーディズム。フーコーとチョムスキーの討論を手がかりに、根底から変化する社会と人間の関係から現代資本主義の本質を分析する、『マルチチュードの文法』に続く講義形式の入門書。本書刊行後に書かれた論文2本を付す。


 【目 次】

  1 ポストモダンの思想と認知科学
  2 マルクス主義と実存主義における「人間的自然」概念の失墜
  3 チョムスキー:生得の権利

セミナー1日目
第1章 「人間的自然」をめぐるチョムスキーとフーコーの討論
  1 科学的概念あるいは認識論的指標
  2 生物学と政治
  3 二重の不満
  4 フーコー批判
  5 チョムスキー批判
  6 余論:アイントホーフェンの討論と「ノー・グローバル」運動
  7 言語能力:開かれた問題

セミナー2日目
第2章 本能の貧困な動物
  1 「謙譲の伝統」:不充分な存在としての人間
  2 環境と世界
  3 専門化した本能 vs 能力
  4 ネオテニーあるいは恒常的幼年期
  5 免 除
  6 (擬似)環境ニッチの構築
  7 亡命、移民
  8 世界の経験
  9 労働と「世界」/「環境」
  10 生産における人間的自然

セミナー3日目
第3章 現代の資本主義:差異と反復
  1 生物学的未分化と労働のフレキシビリティ
  2 ネオテニーと生涯教育
  3 モビリティと環境の欠如
  4 潜在力と労働=力
  5 再び「人間的自然」が語られはじめたこと
  6 大都市の生について
  7 余論:言語活動と個々の言語
  8 〈話すこと〉とポストフォーディズムの労働組織

セミナー4日目
第4章 宗教と生物学的不変項
  1 反坐刑あるいは暗黙のモデル
  2 メタ歴史を歴史化すること:エルネスト・デ・マルティーノの計画
  3 宗教と前資本主義社会
  4 メタ歴史を実用的に現実化させる資本主義
  5 余論:歴史の終焉もしくはハイパー歴史
  6 新しい動物性とスノビズム

セミナー5日目
第5章 結論:社会科学の自然化のために
  1 自然化礼賛
  2 個的精神の未完成:「超個体性」の概念
  3 ナチュラル・ヒストリー
  4 政治の比重

 *

鏡ニューロン、言語的否定、相互認知

いわゆる「悪」と国家批判

訳者あとがき
参考文献
人名索引

映画 『素人の乱』 in 京都

 下記、催しの案内です。そのまま転載いたします。日時と場所(とくに場所!)は、お確かめくださいませ。メールアドレス中の「@」は「★」に当方において替えております。

   * * *

あのとんでもない集団のとんでもない映画が京都にやって来る!!

映画 『素人の乱』上映会!! @ 京都(2/24)

「東京・高円寺に「素人の乱」という名のリサイクルショップを開業し、仲間も同じ名前で古着屋やカフェ・バーなどを続と近所にOPENさせた。その勢いで、放置自転車撤去反対の「俺のチャリを返せデモ」、「家賃をタダにしろデモ」などを起こしたり、挙句の果てには調子に乗って去年の杉並区議選に立候補。高円寺駅前で連日、ライブやら舞踏やら、めちゃくちゃな騒ぎを起し、見事落選するという騒動を起こしていたら、なんとそれがドキュメンタリー映画『素人の乱』(中村友紀監督)という作品になってしまった。」(『人民新聞』)


松本哉さんと監督の中村さんも来ます!!

※素人の乱については【この】ページが詳しすぎる!

日時:2008年2月24日(日)18:30~

場所:西海岸(堀川今出川)わからない人は
  → tikuson3★yahoo.co.jp

参加費:カンパ制(食べもの飲みものは持ち込みで)

連絡先:tikuson3★yahoo.co.jp

「これはとんでもないですね」(たけむら)
「なかなかやるじゃん」(いわま)

『ドゥルーズ/ガタリの現在』


ドゥルーズ/ガタリの現在


ドゥルーズ1


ドゥルーズ2


ドゥルーズ3


ガタリ1


 『ドゥルーズ/ガタリの現在』(平凡社、1月刊、本体5800円)はおすすめです。関心のある論考から読んでいます。
 その下のいくつかの本は、ドゥルーズとガタリの思想への導入として最適かと思い、とりあげました。
 ドゥルーズ+ガタリの伝記は邦訳が予定されていると聞いております。また、ガタリの「アンチ・オイディプス」の『草稿』も邦訳されると聞いております。たのしみです。

バウマン、セネットの新刊

 ジグムント・バウマンの著作が、このところ、あいついで翻訳刊行されています。うれしく、ありがたいことです。ジグムント・バウマン『リキッド・ライフ――現代における生の諸相』(長谷川啓介 訳、大月書店、278頁、本体2800円、1月刊)がすでに出ています。

 広告文では……、
「廃棄に怯えつつ、個性を求める現代人。消費の永久運動に組み込まれた我々は、その中でどう生きるのか? 現代に潜む悲惨と希望への洞察。」
と記されています。

 もちろん『リキッド・モダニティ――液状化する社会』もおすすめです。

 また、おなじく大月書店からは、リチャード・セネットの『不安な経済/漂流する個人――新しい資本主義の労働・消費文化』も刊行されました。

 広告文では……
「雇用不安、年金制度の崩壊、劇場型政治など、日本と共通する社会の諸事象からポストフォーディズム時代の新たな人間疎外を描き出す。」
と記されています。

 これから書店に行って買って読んでみます。たのしみです。ほんとうに。

川上未映子氏の著作


川上未映子-1



川上未映子-2



 ねんのため……川上未映子・著の上記2冊、『わたくし率 イン 歯ー、または世界』(講談社)、『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』(ヒヨコ舎)は、すでにご存じですよね……。

 「週刊 読書人」の2月8日号(第2724号)に、ロングインタビューが掲載されています。芥川賞を受賞する前のインタビューです。

……「わたしの、というよりは、言葉の謎ですね。長い間、「言葉」ってドーナツの身の部分だと思ってたんです。身があるから真ん中も見ることができる、そういう存在のしかたをしているんじゃないかと考えてました。(中略)でも、いまはちょっと変わってきて、言葉にならないようなどうしようもない部分……言葉が言葉を追いかけ、言葉を取り残し、また言葉にならないことが出てくるとか、言葉しかないし、言葉以外のものしかない、そんな矛盾が同時に成立してしまう、そういうものを言葉にしてみたいと思うんです。」……

 記事はロングインタビューです。ご関心のあるかたは、「週刊 読書人」(2月8日号・第2724号)をご購入くださいませ(上記引用はインタビューのごく一部分にすぎませんので、記事全文をご覧いただくことをおすすめします)。「ドーナツ」は、『わたくし率 イン 歯ー、または世界』(初出は「早稲田文学」)にも、ちがった文脈と意味で、冒頭ちかくにでてきます。この本も、おすすめです。また、『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』(青土社)もあります。芥川賞受賞作はまだ味読で、これから読んでみます(きょう日曜日の朝刊におおきく広告が載っています)。さらに、『attention』第2号も、読んでみてくださいね(くどい?)。

『attention』第2号

attention, 2008, no2



 『attention』(発行:real arena)の第2号(定価1,000円・税込)が刊行されました。直接販売のほか、東京都内を中心に一部書店でも入手できるようです。
 また、第1号は、2007年1月25日に発行されており、これも入手可能なようです。

 小社書籍の広告も載っております。第2号では、先日、芥川賞をとった川上未映子氏がエッセイをよせています。そのほかの目次は下記です。ひじょうに質のよいエッセイや評論ばかりですので、おすすめです。

◆目 次◆

手前味噌な日本の私  小林敏明

わたしを泣かせる、小発見  川上未映子

傀儡の戯言  田中 純

上海料理屋のママ  榎本雄二

生きている 1
ある秋の日のこと  高木 護

日本の哲学の源流を追って
――人文書編集者の軌跡(インタビュー:富岡 勝/聞き手:武 秀樹)

あたたかな食卓 ベオグラード料理手帖 第2回
手がみえそうなほど  山崎佳代子

大陸的日常 第2回
「文革」いまむかし  柳銀珪

おかえりのすけです 2  江野耕治(画)/四釜裕子(作)

フレームの原点  鈴木良治

うぐいす庵恋文 第一信
わたしはまだ一度も死んだことがない  姜信子  山福朱実(挿画)

ライデン点描  孫歌

外人ジャズマン・イン東京  アラン・グリースン

帰る家もなく 第2回
じんじん  与那原 恵

トウキョウ・エンジェル。 2
1997年のエンジェルたち  矢幡英文

写真の虫 2
世界の感触  吉川直哉

もうひとつの物語へ 2
ペルソナの現在形  矢野久美子

日本文化を教えてください  戸田郁子

20世紀ポーランド語詩ギャラリー 1
シンボルスカの「驚愕」  関口時正

こころばやり 1
バッタリ運  早川純子

中国玉手箱 2
冷蔵庫物語  ふるまいよしこ

トランジット・モスクワ 第2回
「苦難の道」という名の二冊の本  米田綱路

発行人からみなさまへ/バックナンバーのご案内

『ニューヨーク烈伝』など

ニューヨーク烈伝


流体都市



 コールハースもおもしろい(?)けれど、こちらのほうが、もっとおすすめ。
 高祖岩三郎 著『ニューヨーク烈伝 闘う世界民衆の都市空間』(青土社、2006年、本体2800円)
 同著『流体都市を構築せよ! 世界民衆都市ニューヨークの形成』(青土社、2007年、本体2600円)

コールハース『S,M,L,XL』

コールハース『S,M,L,XL』



 コールハース(Rem Koolhaas)『S,M,L,XL』(Bruce Mauとの共著、The Monacelli Press, 1995)を買ってしまった……もちろん初版のやつではないけれど。1344ページ! 重たくて、手首、折れそう。

 レム・コールハースは『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介 訳、ちくま学芸文庫、1999年)が手にとりやすいです。ついでに、コールハースを「追っかけ」取材したレポート&インタビュー『行動主義 レム・コールハース ドキュメント』(瀧口範子 著、TOTO出版、2004年)もおすすめ。

 『S,M,L,XL』は、Small, Medium, Large, Extra-Largeといった基準を強引に適用して、都市と建築を類型化(自画自賛?)した本。 Extra-Largeのページの議論は、かなりヤバヤバ、あやしすぎる(かも)。でも、ずいぶん参考になった(ぜんぶは読んでないけど)。大枚はたいて買った本(洋書!)、とりあえずそういうことにして、じぶんに納得させる。

バウマン『コミュニティ』

バウマン『コミュニティ』


 ジグムント・バウマン『コミュニティ----安全と自由の戦場』(奥井智之 訳、筑摩書房、2008年1月8日発行、本体2,600円)をようやく読みました(1月に出てた…知らなんだ…)。小社刊、ジョック・ヤング『排除型社会』ともども(!)読んでいただければと思います。

【オビのことば】
「社会から逃走するエリート
ゲートを鎖す勝ち組、監視カメラ、自警団、超ゲットー、階層化が加速し、囲い込みと排除が進む世界で、安全と自由は幻か
共同体の根幹を問う社会学的分析」


 原著は、Zygmunt Bauman, Community : Seeking Safety in an Inscecure World, Polity Press, 2001. です。

 関連する本として、ジェラード・デランティ『コミュニティ----グローバル化と社会理論の変容』(山之内 靖、伊藤茂 訳、NTT出版、2006年)もおすすめ。また、さいきん『アメリカン・コミュニティ 国家と個人が交差する場所』(渡辺靖 著、新潮社、2007年)という本も出ています(未読)。

 また、政治哲学・政治思想史でいわれている共同体主義(コミュニタリアニズム)にかんしては、たくさんの本がすでに出ています。

 さらに……、哲学的な内容ではありますが、モーリス・ブランショ『明かしえぬ共同体』(西谷修訳、ちくま学芸文庫、1997年)、ジュン=リュック・ナンシー『無為の共同体』(西谷修、安原伸一朗 訳、以文社、2001年)もおすすめです。もちろんハイデガー『存在と時間』も----ただし、同書で打ち出された共存在(Mitsein)をめぐっての考察は、ハイデガーにおいては深められず、放置された(と思う)けれども。だから、ブランショ、ナンシーをいきなり読んでも、だいじょうぶ。。。もちろん『何も共有していない者たちの共同体』も、よろしく(オチはこれかいなぁ)。

さまざまなイベント

 イベントの案内です。アース・インテグレートの川口正さんよりメールでいただいた案内です(いつも、ありがとうございます)。
 日時や場所などは再度ご確認くださいませ。
 なお、メールアドレス中の「@」は当方において「★」に替えておりますこと、ご了解くださいませ。

   * * *

【催事・特別展】 *開催中
======================================
なつかしの道頓堀 笑いの殿堂「角座」誕生

■と き:2007年11月15日(木)~2008年3月4日(火)
     11:00~18:00
■ところ:大阪府立上方演芸資料館<ワッハ上方> 4階展示室
     大阪市中央区難波千日前12-7
     YES・NAMBAビル
     電話06-6631-0884
■入場料:400円 *毎週(水)曜日・休館
--------------------------------------
◆内 容:本展示では、昭和三十三年の開場から昭和五十九年の閉場まで、数々のなつかしい名演を振り返りながら「演芸の角座」の変遷をたどるとともに、昭和二年、道頓堀に初めて万歳(漫才)が進出した弁天座での「万歳大会」や、角座の後を引き継ぎ、横山たかし・ひろし、酒井くにおとおるなど、現在人気ベテランたちのホームグラウンド・浪花座など、道頓堀と演芸の深い関わりについて広く紹介。


【催事・特別展】 *開催中
======================================
にのにのいちのに

■と き:2008年2月2日(土)~2月中の営業日
     13:00~21:00(土・日)
     ~2月17日(日)まで
     *期間中の営業日~サイト参照
■ところ:貸本喫茶ちょうちょぼっこ
     大阪市西区北堀江1-14-21
     第一北堀江ビル402
     電話06-6538-6166
     営業時間 金 18:00~21:00
          土・日 13:00~21:00
■主催:古書くらしか/貸本喫茶ちょうちょぼっこ
--------------------------------------
◆出展者…善行堂/モズブックス/エエジャナイカ/古本トラベルミン/ブックスリパブリック/古書くらしか/貸本喫茶ちょうちょぼっこ
--------------------------------------
昨年大好評だった「にのにのいち」。2月に200円の古本を200冊売るこのイベントを更にパワーアップして第2弾を開催します! その名もそのままに「にのにのいちのに」。今回は7組の出展者がそれぞれ200冊ずつ、計1400冊の200円本を販売します! 今回のイベント用に作成するフリーペーパーも期間中配付します! ぜひお越しくださいませ。
--------------------------------------
◆オープニングパーティー開催
 出展者を迎えて……2月2日終了しました。


【日本マンガ学会】関西交流部会
======================================
第33回
劇画最前線 劇画の制作現場について

■スピーカー:太郎吉野
■と き:2008年2月9日(土)
      14:00~17:00
■ところ:中華料理店「菊華」 電話06-6375-1455
     大阪市北区豊崎4丁目3-1-1 F-A
※地下鉄御堂筋線「中津」駅1番出口出てすぐ左折、右手にRAMADAホテル(旧東洋ホテル)を見ながら東へまっすぐ250m、新御堂筋を越えてすぐ赤い提灯が目印。ランチタイムが終わると表の入り口が閉まりますので、その場合は店の真裏に回って裏口からお入りください。
■参加費:500円(会場費) *参加申込:不要
■参加資格:なし(マンガ学会会員以外の方も歓迎いたします)
--------------------------------------
マンガおよびマンガ研究に関心をもつ方ならどなたでもご参加いただけます。マンガ研究に関心をもつ皆さんの交流にご活用いただければ幸いです。
--------------------------------------
◆講座終了後、同じ会場で簡単な懇親会を行います。会費制・学割あり。
★今後の予定・・・第34回例会:3月8日(土)大阪市中央公会堂
         第35回例会:4月12日(土)
☆問い合せ=表智之(京都国際マンガミュージアム) miche-r.omote★nifty.com


【催事】
======================================
宮本常一 多様なる実像
『風の人宮本常一』刊行記念トークショー

■と き:2008年2月11日(月・祝)
     15:00~17:00
■ところ:海文堂書店
     2階ギャラリースペース<Sea Space>
     神戸市中央区元町通3-5-10
     電話078-331-6501
■入場料:500円
--------------------------------------
■出演 佐田尾信作(さたお・しんさく/a)VS須藤 護(すどう・まもる/b)
    a/ 1957年島根県平田市(現出雲市)生。中国新聞文化部記者。
    b/ 1945年千葉県生。龍谷大学教授。
--------------------------------------
佐田尾信作『風の人宮本常一』(みずのわ出版 08/01刊 2000円+税)が出版されました。この刊行を記念してトークショーを開催いたします。
著者佐田尾信作さんに、数年にわたる「宮本常一という世界」の取材体験を語っていただいた上で、須藤護さんとの対談に入ります。たくさんの≪スライド映写≫もおこないます。ぜひご来場ください!


【勁版会】
======================================
第292回
フリーター書店員からみた出版業界 その内幕

◆ゲスト:佐藤良憲(人文書院営業部)
--------------------------------------
■と き:2008年2月15日(金)19:00開始
■ところ:京都市男女共同参画センター(ウィングス京都) 会議室
     中京区東洞院通六角下ル御射山町262
     電話075-212-7470
■参加費:400円程度*会場費を参加者で頭割り◆終了後懇親二次回予定
--------------------------------------
◆内 容:昨今フリーター・ニート問題が盛んだが、その原因は労働力をフリーターに求め、使い捨てにすることによって成り立っている企業にある。書店業界もまた特別ではなく、大型、郊外型の規模・立地を問わず、その労働はアルバイター/フリーターによって支えられているといっても過言ではない。この問題を、自分のフリーター経験、その後の出版社勤務経験を交え語る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[勁版会(ケイハンカイ)とは]
 京阪神の出版社・書店など、出版業界関係の現場担当者の研修・懇親会。会員外の参加・出入りもフリーな、気軽な集まり◆オブザーバー参加歓迎。月例会は、原則として毎月・第3金曜日◆年会費・1200円=月報通信費
*発足後20余年の勁版会の経過は「勁版会活動年表」や「勁版会小史」―――いずれも川口正著『本と人を糧に』(編集工房ノア刊 1900円+税)にて詳述。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【出版学会関西部会】
======================================
第51回
マス・メディアのなかのマンガ 新聞・雑誌にみるカートゥーン

■報告者:茨木正治会員(東京情報大学)
 ・参考書『メディアのなかのマンガ』(臨川書店 07/07刊 2300円+税)
--------------------------------------
■と き:2008年2月22日(金)
     午後6時30分~8時30分
■ところ:関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)
     大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー
     14階 1003号室
◆参加費:会員/300円 非会員/500円
 *終了後、懇親二次会を予定
--------------------------------------
日本出版学会
--------------------------------------
○準備の都合上、ご参加の場合は予めご連絡をいただけると幸いです。
 関西部会担当:吉川登 nyoshi★otemae.ac.jp


【催事】JUNKU大阪トークセッション
======================================
日本の出版流通を考える
デジタル化とネットワーク化の情報社会の中で

■講 師:湯浅俊彦(夙川学院短大准教授)
★司 会:福嶋 聡(ジュンク堂書店大阪本店店長)
--------------------------------------
 ・参考書『日本の出版流通における書誌情報・物流情報のデジタル化とその歴史的意義』(ポット出版 07/12刊 3200円+税)
--------------------------------------
■と き:2008年2月27日(水)18:30~
■ところ:ジュンク堂書店大阪本店 3階 喫茶コーナー
      大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ1~3階
      電話06-4799-1090
■入場料:500円 *定員40名*予約制~3階東カウンター&電話予約
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード