スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊 『密やかな教育 :〈やおい・ボーイズラブ〉前史』

★ 新刊のご案内です。
刊行がたいへん遅くなり、すみませんでした。
より詳しい内容紹介は、ホームページに近々、掲載いたします。
以下は、概要と目次です。

   * * *

密やかな教育
〈やおい・ボーイズラブ〉前史

石田美紀

発行元:洛北出版
四六判・上製・366頁
2008年11月8日発行
ISBN978-4-903127-08-8
定価(本体価格2,600円+税)

竹宮惠子のマンガ、栗本薫/中島梓の小説、
そして雑誌『JUNE』の創刊と
次世代創作者の育成……
「やおい・ボーイズラブ」というジャンルも
なかった時代にさかのぼり、
新たな性愛表現の誕生と展開の歴史を描ききる。
図版、多数収録。


 「やおい・ボーイズラブ」というジャンルも、その愛好者を指す「腐女子」という分類もなかった70年代……

 少女マンガと小説の場に出現した「女性がつくり楽しむ男性同士の性愛物語」は、旧い教養(三島由紀夫、ヘッセ、稲垣足穂、ヴィスコンティ…)をどん欲に取り入れ、エンターテインメント教養ともいうべき独自の体系へと成長していった。

 本書は、この性愛表現が誕生し、80年代に充足してゆくまでの軌跡に光をあてる。

 「女こども」とみなされていた女性の創作者たちは、なにを糧とし、いかなる葛藤に直面し、どのように次世代へとリレーしていったのだろうか。


インタビュー執筆者

竹宮惠子
(マンガ家、代表作『風と木の詩』『地球へ』『イズァローン伝説』等)

増山法恵
(小説家、「24年組」の拠点であった「大泉サロン」の発起人)

佐川俊彦
(京都精華大学マンガ学部准教授、雑誌『JUNE』元編集長)


目 次

◆ 第1章
革命が頓挫したあとの「少女マンガ革命」

  マンガという新たな〈教養〉
  「少女マンガ」という驚き
  モノローグが露(あらわ)にする内面――竹宮惠子「サンルームにて(雪と星と天使と)」(1970年)
  内的ヴィジョンの横溢(おういつ)
  「少年愛」のために選ばれた表現スタイル
  少女マンガ、ヘルマン・ヘッセと出会う
  少年たちの世界――『車輪の下』、『デミアン』、『知と愛』
  マンガと〈文学〉の軋轢(あつれき)――内面描写を巡って
  目標としての「文学」
  ヘッセの内面描写――具象的で可変的なイメージ
  ヘッセから離れて――「エロティシズム」と「美」
  それを「少年愛」と名づけたこと――「少年を愛すること」なのか、それとも「少年が愛すること」なのか
  稲垣足穂『少年愛の美学』――少女マンガにおける「少年愛」の起源
  からっぽにされた「少年を愛する主体」
  「少年が愛する様」を愛すること


◆ 第2章
ヨーロッパ、男性身体、戦後

  憧れの土地
  三島由紀夫という背中あわせの隣人
  ふたつのヨーロッパ経験
  肉体の発見――三島由紀夫のヨーロッパ体験(1952年)
  男性身体の露出――少女マンガ革命以前
  男の体で政治を語る――『血と薔薇』(1968‐69年)
  官能のヨーロッパ――異議申し立ての足場として
  男の肉体の失墜――1970年、『地獄に堕ちた勇者ども』と三島の死
  少女マンガとヨーロッパ
  ディテールの追求
  空間の厚みを知ること――1972年のヨーロッパ旅行
  リアリティと夢想のアマルガム
  政治から美へ


◆ 第3章
〈文学〉の場所で ―― 栗本薫/中島梓の自己形成

  「栗本薫」というペンネーム
  「ぼく」という一人称――評論と実作の架橋(かきょう)
  作者と主人公の一致とズレ――『ぼくらの時代』(1978年)
  求められる「私」への抵抗
  「エンターテインメント」を味方にして
  「私小説」的ミステリ小説――「ぼくらのシリーズ」
  理想の「私」をつくるための習作――「今西良シリーズ」
  作家としての私


◆ 第4章
「耽美」という新しい〈教養〉の効能 ―― 雑誌『JUNE』という場

  1978年、『Comic JUN』創刊
  「耽美」というコンセプト
  70年代サブカルチャーの総花としての「耽美」
  少女たちへの教育装置としての「耽美」――「ジュスティーヌ・セリエ」作品
  80年代、次世代創作者の育成(その1)――「ケーコタンのお絵描き教室」
  80年代、次世代創作者の育成(その2)――「中島梓の小説道場」
  『JUNE』発「耽美」小説と映画批評――石原郁子の仕事


おわらないおわりに


1 竹宮惠子 インタヴュー
  耽美は溺れるものではなく、するもの

  名づけられないもの
  ヨーロッパを舞台に選んだ理由
  『風と木の詩』のディテールとヨーロッパ経験
  援護射撃としての『JUNE』
  中島梓との共同作業――「ジュスティーヌ・セリエ」作品
  「耽美」は溺れるものではなく、するもの
  ゲームではなく――BLとの違い
  後進の指導


2 増山法恵 インタヴュー
  少女マンガにおける「少年愛」の仕掛け人

  「七〇年安保闘争」と「少女マンガ革命」
  「感想はマンガで」
  編集部との闘い――既成の少女マンガへの挑戦
  少年を描くこと
  質をあげるために――1972年のヨーロッパ旅行
  1976年、『風と木の詩』
  黒子に徹する――「変奏曲シリーズ」における共同作業
  『JUNE』について
  「少女革命」が成し遂げたもの


3 佐川俊彦 インタヴュー
  文学と娯楽の間を行ったり、来たり

  「二四年組」が発端
  「耽美」というキーワード
  「心の不良」である『JUNE』の読者
  新しいジャンル、新しい表現の立ち上げ
  バトンタッチできるものとできないもの

作品・文献索引
人名索引

   * * *

著者について

石田美紀(いしだ・みのり)
1972年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了、京都大学博士(人間・環境学)。現在、新潟大学人文学部准教授。専門は映像文化論。

著書として、『入門・現代ハリウッド映画講義』(共著、人文書院、2008年)、『カラヴァッジョ鑑』(共著、人文書院、2001年)ほか。
スポンサーサイト

ジュンク堂書店京都BAL店での催し

坂田雅子・著『花はどこへいった 枯葉剤を浴びたグレッグの生と死』(トランスビュー)の刊行と、京都シネマでの同名映画の公開を記念してジュンク堂京都BAL店様へ著者を招きトークセッションが行なわれます。

以下、転載します。日時と場所は再度ご確認くださいませ。

   * * *

場 所:ジュンク堂書店京都BAL店8階「モーリスカフェ」
    京都市中京区河原町通三条下る二丁目山崎町 京都BALビル
日 時:11月7日(金)18時から
定 員:50名様(先着順)・要予約
参加費:一般800円
    京都シネマの前売鑑賞券(『花はどこへいった』のみ)を持参の方600円
    ※いずれもお飲物付
お申込み:ジュンク堂書店京都BAL店5階カウンター(電話予約可:TEL075-253-6460)
参加特典:トークセッションにご参加の方は、京都シネマ上映の映画『花はどこへいった』を通常1800円のところ1500円でご鑑賞いただけます。

「コンフリクトの人文学」公開研究会

下記、公開研究会のご案内を転載いたします。日時・場所は再度ご確認くださいませ。

   * * *


大阪大学グローバルCOEプログラム
「コンフリクトの人文学」公開研究会
芸術と社会(学)


「芸術のための芸術」とは異なる、さまざまなかたちで社会と関係を結びつつある現代の芸術。創造の現場では、紛争、社会問題、政策や運動との関わりの中で種々のコンフリクトが生じています。この日は、そうした現場と大学(学問)とを往還しながら考察を続けている方々とともに、これからの芸術と社会の関係について話し合います。

日 時 2008年11月1日(土)14:00~18:00
場 所 大阪大学文学部(豊中キャンパス)中庭会議室*

報告1(14:00-14:55) 石松紀子(九州大学大学院生/福岡アジア美術館コーディネーター)
「80年代イギリスの展覧会にみるアフロ・アジア系アート」


報告2(14:55-15:50) 福井令恵(九州大学大学院生/立命館アジア太平洋大学非常勤講師)
「北アイルランドの壁画と紛争経験 ―壁画のある場から考える」



報告3(16:05-17:00) 毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)
「第三次世界大戦下の芸術 ―北九州国際ビエンナーレを手がかりに批判的な芸術形式を考える」


全体ディスカッション(17:00-18:00)

コメンテーター:水嶋一憲(大阪産業大学教授)
進行:吉澤弥生(大阪大学グローバルCOE特任研究員)

*文学部、経済学部、法学部の建物に囲まれた「中庭」内にあるプレハブ造りの会議室です。

主催:大阪大学グローバルCOEプログラム「文化芸術の公共性と社会的コンフリクトの研究」+「横断するポピュラー・カルチャー」(コンフリクトの人文学国際研究教育拠点)

『聖母像の到来』 若桑みどり 著


『聖母像の到来』


聖母像の到来

若桑みどり
2008年10月3日発行
A5判・上製・448頁
定価(本体3400 円+税)

オビのことば
聖母マリアのイコノロジー
16世紀、キリスト教宣教師とともに到来した聖母マリア像を、日本の民衆はいかに受容し創作し変容させたのか。「世界美術史」 の立場から聖母像への認識の変更を迫る、美術史の第一人者が書き遺した、図像研究の輝かしい達成。


目次などの詳しい情報は→【こちら】

図版もたくさん入っています。上記の目次を、まずはご覧ください。おすすめの本です。すごく、おもしろい!

いくつかのイベント 10月

下記、いくつかのイベントのご案内です。アースインテグレートの川口さまより頂戴しましたメールより転載いたします。
マンガに関係するイベントが多く、興味深いです。
日時と場所は再度ご確認ください。なお。メールアドレス中の「@」は「★」にしてありますので、差し替えてください。

   * * *

日本マンガ学会 関西交流部会第41回

テーマ例会 一次資料の価値の再発見(3)

◆と き : 2008年10月11日(土) 14:00~17:00
◆ところ : 国際児童文学館 セミナー室
      電話06-6876-8800
      大阪モノレール「公園東口」駅から徒歩約700メートル
      
◆参加資格:なし(マンガ学会会員以外の方も歓迎) 
◆参加申込:不要
◆参加費:会場費として500円申し受けます
★例会終了後、千里中央駅界隈で懇親会を行います。会費制・学割あり。

国際児童文学館所蔵資料を個人またはグループで閲覧し、その結果を参加者で共有します。ご自身でテーマを設定して閲覧されても、他の方のテーマに加わられても構いません。
※参考:6月例会の際のテーマ設定
    ・初期週刊少年マンガ誌のページ数増加の過程
    ・月刊少年マンガ誌別冊付録の希少本実見
    ・少年マンガ誌におけるスポーツマンガの比率など

★2008年度活動方針として“一次資料の価値の再発見”を共通テーマとした例会を隔月で開催することになりました。偶数月は、大阪府立児童文学館を会場に、同館の資料を活用させていただきつつ、テーマ例会を行います。

★今後の予定
第42回例会:調整中
第43回例会:12月13日(土) 会場 大阪府立国際児童文学館セミナー室(予定)

   * * *

JUNKU大阪トークセッション
辰巳琢郎が語る<道草のすすめ>
  『道草のすすめ』(角川oneテーマ21)出版記念

◆パネラー : 辰巳琢郎(たつみ・たくろう)
  聞き手 :  福嶋聡(ジュンク堂書店大阪本店店長)

☆著作に書かれなかった裏エピソードは、同窓・同門の店長が聞き出します

◆と き : 2008年10月19日(日) 13:00~14:30
◆ところ :ジュンク堂書店大阪本店 3 階 喫茶コーナー
      大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ1~3 階
      電話06-4799-1090
◆入場料:500円
 *定員40名
 *予約制~ 3階東カウンター&電話予約

   * * *

勁版会 第300回!

勁版会小史・補遺版
勁版会299回(丸二十六年間)をふり返る

◆と き : 2008年10月24日(金) 19:00 ~ 21:00
◆ところ :<新大阪丸ビル>本館会議室 905号室
      大阪市東淀川区東中島1-18-5
      電話06-6321-1516

◆参加費:400円程度(会場費を参加者で頭割り)
    *終了後、懇親二次会を予定 参加費3,000円程度

◆ゲスト: 川口 正 会員(かわぐち・ただし/アース・インテグレート)
略 歴 1948年三重県生まれ、大阪育ち。関大社学を第一期生として卒業。
理系版元~編集者養成学校~書店~文系版元などを経て、出版営業代行アース・インテグレート起業。現在に至る。
京阪神一円書店を促進営業で歩きまわること約30年。

◆ゲストからのメッセージ・・・・・・進行担当幹事からいただいたお題は、関西の業界が活性化するような、元気の出る話を……とのことでした。しかし、現状を見回して、どうひっくり返ってもそんな話題を提供できそうもありません。
 30年周期で世代が交代するらしいですが、勁版会もスタート時からのメンバーがぼちぼちリタイアを迎える時期にあります。バトン・タッチの意味をこめ、とうとう300回を迎えたこの集まりのこれまでを語ります。

[勁版会(ケイハンカイ)とは] 
京阪神の出版社・書店など、出版業界関係の現場担当者の研修・懇親会
会員外の参加・出入りもフリーな、気軽な集まり
◆オブザーバー参加歓迎
月例会は、原則として毎月・第3金曜日
◆年会費・1200円=月報通信費
*発足後20余年の勁版会の経過は「勁版会活動年表」や「勁版会小史」~
 いずれも川口正著『本と人を糧に』(編集工房ノア刊 1900円+税)にて詳述。

   * * *

平成20年度 懐徳堂秋季講座
日本マンガの近現代
  その表現と思想に迫る

◆と き : 10月28日(火)~30日(木) 18:30 ~ 20:00 [受付は5:45~]
◆ところ :大阪大学中之島センター 10階 メモリアルホール
     
◆参加費 : 資料代として500円(当日受付にて支払い)
◆申し込み:懐徳堂記念会事務局まで電話・ハガキ・FAX・メールなどで連絡
締切:10月24日(金)※先着150名(懐徳堂記念会会員優先)

漫画がマンガになったとき、そのときこそ、もしかすると日本マンガの本当のはじまりだったのかもしれません。それを確かめるためにも、いまこそその軌跡をたどり直してみませんか。絵と文字を組み合わせた独特の複合的物語形式をもつ視覚芸術、それがマンガです。
いまや現代を代表する大衆文化のひとつとして数え上げられています。マンガ大国といっても過言ではないわが国においては、とりわけそうだといえます。
だがそれだけではありません。マンガは単なる娯楽にとどまらず、ある意味で現代生活に欠くことのできない重要なメディアとしても機能し、あるいはまた日本文化のひとつとして海外へも発信され、世界に誇るべき独自の芸術として認められさえしているのです。
今回の秋季講座では、近代以降の日本マンガのユニークな発展の形式にこめられた思想と表現の問題に焦点をあてつつ、その魅力に迫ってみたいと思います。
さあそれでは、世界に類を見ない日本マンガの現在形を、多角的な視点からながめてみることにしましょう。マンガ学を代表する三名の講師の先生方に、それぞれの独自の視点から日本マンガを熱く語っていただきたいと思います。

10/28(火)
近代マンガにおける思考と発話の制度
のらくろの心はなぜ丸見えなのか
ヨコタ村上孝之(大阪大学言語文化研究科准教授)

10/29(水)
手塚治虫とマンガ表現
竹内オサム(同志社大学社会学部メディア学科教授)

10/30(木)
長谷川町子・手塚治虫を生み出した「近代漫画」の世界
清水勲(帝京平成大学現代ライフスタイル学部人間文化学科教授)

※都合により、講座内容・時間等が変更になることがあり。

   * * *

佐野繁次郎装幀本 コレクション展

◆と き : 11月1日~3日/8日~10日/15日~16日
13 :00~19:00
◆ところ :<アトリエ箱庭> 電話06-6203-5877
       大阪市中央区北浜1-2-3-301
      haconiwa301★yahoo.co.jp

展示作品は、林哲夫(画家)、西村義孝(コレクター)両氏の蒐集によるもの。
佐野が1950~60年代に表紙を手がけた、銀座百店会の広報誌「銀座百点」をはじめ、横光利一や源氏鶏太の装幀作品に、布や紙のコラージュや素描をあしらうなど、独特な作風の装幀世界をお楽しみ下さい。スタート直後には以下に案内のように【トークショー】も実施。

佐野 繁次郎 さの しげじろう(1900年 ~1987年)
大阪船場の筆墨商の家に生まれる。信濃橋洋画研究所に学び二科展に出品。昭和初期より横光利一の『寝園』の挿画や著作の装幀、挿画をはじめとして多数手掛ける。1937年に渡仏しアンリ・マティスに師事。ホアン・ミロとも交流する。戦後は二紀会の創設に参加。パピリオ化粧品の重役としても活躍し、パッケージデザインも手掛けた。その文字が洒落た字体と色彩によるもので、大変な人気商品となる。
また横光利一の装釘をはじめ、辻静雄『パリの料亭』など 様々な装釘を手掛けた。 1951年に再渡仏し、金山康喜、田淵安一と交流。
1952年『SANO』ピエール・デカルグ著(オルファ出版)
1953年日本に帰国。
1955年、『銀座百点』創刊号から1969年までの表紙を手掛ける。
その後も洋画家、装幀画家として活動し、1987年死去。


佐野繁次郎と芝川照吉

◆と き : 11月3日(祝) 14:00開演
◆ところ : 芝川ビル モダンテラス
◆問い合わせ : haconiwa301★yahoo.co.jp
◆参加費:チケット(ワンドリンク付)前売り1000円/当日1200円

若き日の佐野繁次郎が、親代わりに慕った芝川照吉(1871-1923)との交流の背景を、林哲夫さんに講演していただきます。
芝川照吉の生家は大阪北堀江の茶屋「木谷楼」で、文楽の5世竹本弥太夫の子として生まれた。後に明治から大正にかけて毛織物貿易で巨富をきづき“羅紗王”とよばれた芝川商店の養子となり、実業家でありながら、近代日本美術におけるパトロンの先がけとなった人物。
草土社グループの岸田劉生、青木繁、坂本繁二郎の画家や工芸家達との交流を楽しみ、惜しみなく援助を続け、膨大なコレクションをつくり上げた。
芝川ビルの縁話も聞けると思われます。ぜひお運び下さい。

ぼくらの手塚治虫 マンガの神様が遺したもの

下記、催しの案内です。申し込みが必要みたいですので、日時と場所をふくめて再度ご確認くださいませ。

   * * *

ぼくらの手塚治虫 マンガの神様が遺したもの

◆とき 2008年10月18日(土)14:00~16:30(13:30開場)
◆ところ 京都市アバンティホール(定員300名、申込順)
京都市南区東九条西山王町31 アバンティ9階
 TEL 075-671-8188
 参加費 500円(資料代)

◆講 演
手塚治虫と戦後大衆文化
講師 竹内オサム (同志社大学社会学部メディア学科教授)

◆パネルディスカッション
鳥獣戯画から鉄腕アトム――日本の視覚文化表現の系譜

司会
芳賀 徹(京都造形芸術大学名誉学長、東京大学名誉教授)
パネリスト
上横手雅敬(京都大学名誉教授)
竹内オサム
岸 文和(同志社大学文学部美学芸術学科教授)
山本陽子(明星大学造形芸術学科専任教員)

詳しくは → 【こちら

申し込みも上記↑から。

『エコ・ロゴス』 『空腹について』


『エコ・ロゴス』


エコ・ロゴス
存在と食について

雑賀恵子 著

体 裁  四六判・上製・244ページ
定 価  (本体価格2500円+税)
発行日  2008年10月10日
発 行  人文書院

目次など詳しくは → 【こちら】

同じ著者の本で――
『空腹について』(青土社)
も刊行されました。書店でみられるはずです。

体 裁  四六判/270頁
定 価  (本体2200円+税)
刊 行  2008年9月刊行

目次など詳しくは → 【こちら】

『ディアスポラの力』



ディアスポラの力


ディアスポラの力
ユダヤ文化の今日性をめぐる試論

ジョナサン・ボヤーリン
ダニエル・ボヤーリン 著
赤尾光春 早尾貴紀 訳

体 裁 四六判・上製・424頁
定 価 (本体:4800円+税)
刊 行 2008年6月刊行

すでに多くの書評でとりあげられています。
注目されている本です。

オビのことば
領土国家に代わる別の地盤を提供し、
アイデンティティと政治組織を論争的なかたちで結合する、
「ディアスポラ主義」の高らかな宣言。
2論考を加えた日本オリジナル版。

黒沢清監督作品《トウキョウソナタ》


《トウキョウソナタ》



黒沢清監督作品《トウキョウソナタ》、です。
おすすめです!
東京の恵比寿ガーデンシネマで観ることができたのは幸運でした。おおきなスクリーンの劇場で観られることをおすすめします。
映画について詳しくは → 【こちら

上映会 京都精華大学

下記は、京都精華大学のイベントです。
日時と場所を再度ご確認くださいませ。

   * * *

アセンブリーアワー講演会
40周年記念特別上映会
THEATER ASSEMBLY

1968年の京都精華大学開学の時より開催されてきた、
アセンブリーアワー講演会40周年記念の特別映像上映会。
講演会をこれまでに訪れた、ゲストゆかりの作品を連夜
上映します!

[無料・申込不要・先着順] ※上映時刻までに会場にお越しください。
会場:明窓館または黎明館

10月6日(月)18:10「帰って来たヨッパライ」(大島渚)
10月7日(火)18:10「寺山修司&谷川俊太郎ビデオ・レター
10月8日(水)18:10「追臆のダンス」/19:35「垂乳女 Tarachime」(河瀬直美)
10月9日(木)14:40「チベット・チベット」(キム・スンヨン)
10月10日(金)18:10「雲南COLORFREE」(キム・スンヨン)
10月11日(土)13:00「ワンダフルライフ」(是枝裕和)
15:15「鉄コン筋クリート」(マイケル・アリアス)
17:25「ばかのハコ船」(山下敦弘)

古本まつり

下記、いくつかの「古本まつり」の案内です。
日時と場所は再度ご確認ください。

   * * *


第49回 東京名物
神田古本まつり
開催期間 2008年10月27日(月)~ 2008年11月3日(月)
会場 神田神保町古書店街 じんぼうエリア
主催 千代田区・神田古書店連盟
参加規模 参加店 約100店舗  出品点数 のべ100万冊余
詳しくは →【こちら


第11回
天神さんの古本まつり
開催期間 2008/10/4(土)~2008/10/8(水)
場所 大阪市北区 大阪天満宮境内
時間 10:00-17:00 最終日は16:00


第8回
四天王寺 秋の大古本祭り
開催期間 2008/10/10(金)~2008/10/14(火)
場所 大阪市天王寺区 四天王寺境内 極楽門東側広場
時間 10:00-17:00 最終日は16:00

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。