スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『映像論序説――〈デジタル/アナログ〉を越えて』



『映像論序説――〈デジタル/アナログ〉を越えて』

映像論序説
〈デジタル/アナログ〉を越えて

北野圭介 著

四六判・並製・324頁
2009年1月30日発行
定価 本体2,600円+税
人文書院

◆オビのことば
いま、「映像論的転回」が始動する。
現在、「映像」はあらゆる場所に溢れ、私たちの生活において不可欠のものとなっている。アナログからデジタル映像への変化、インターネットなど画面を通した双方向コミュニケーション技術の進歩とその爆発的拡大などにより、もはや「映像」はただ眺めるだけのものではなくなった。変貌した「映像」が持つ意味と、それが与える衝撃とは何か。北米のニューメディア研究、欧州のイメージの科学をはじめ、情報理論、認知科学、脳科学、分析哲学、映画、ゲーム、メディアアート、フィクション論など、多岐にわたる分野を大胆に横断し、来るべき「映像の理論」を構築する、挑発的な一書。

詳しくは →【人文書院】のページ

北野圭介氏の著書として
ハリウッド100年史講義――夢の工場から夢の王国へ
平凡社新書、2001年

日本映画はアメリカでどう観られてきたか
平凡社新書、 2005年

大人のための「ローマの休日」講義――オードリーはなぜベスパに乗るのか
平凡社新書、2007年

翻訳書として
フィルム・アート――映画芸術入門
名古屋大学出版会、2007年(共訳
などがあります。


スポンサーサイト

ガブリエル・タルドの新刊


『社会法則/モナド論と社会学』

『社会法則/モナド論と社会学』
ガブリエル・タルド 著


村澤真保呂 + 信友建志 訳
四六判・上製・266頁
2008年12月30日発行
定価 本体3,800円+税
河出書房新社

オビのことば
あらゆる事物は社会であり、あらゆる現象は社会的事実である。
タルドが主要著作をみずから要約した『社会法則』、その特異な方法論をあきらかにした『モナド論と社会学』。ますます新しい「無限小」の社会学者タルドのエッセンス。

詳しくは →【河出書房新社】のページ



「ウィークリー出版情報」に書評

日本出版販売(取次会社)が刊行している「ウィークリー出版情報」(2009年1月3週号)に、『密やかな教育』の書評が掲載されました。
評者は、深井晶子氏です。

   次世代への最高の贈り物です
   (…)この手の歴史的記録が発行されたことは、後の人びとにとっても幸いなことであろう。(…)


たいへん嬉しい評価です (つくって、よかった!)。


「ディアスポラ」 をめぐるシンポジウム



『ディアスポラの力』表紙


下記、ふたつのシンポジウムのご案内です。そのまま転載いたします。場所と日時は再度お確かめください。

   * * *


ディアスポラ研究会 第2回シンポジウム
うたに響くディアスポラ :番外編
細川周平『遠きにありてつくるもの――日系ブラジル人の思い・ことば・芸能』をめぐって」



1.実施主旨

 細川周平『遠きにありてつくるもの――日系ブラジル人の思い・ことば・芸能』(みすず書房、2008年) は、日系人移民の「故郷」へのアンビヴァレントな「思い」が凝縮された「うた」や「ことば」の分析を重ねた重厚な著作であり、画期的な仕事と言えます。

 他方で、これまでのディアスポラ研究会の活動では、昨年度、「音楽とディアスポラ」シリーズを開催し、アンジェロ・イシ氏、宋安鍾氏、本山謙二氏に講師をしていただきました。また今年度の市民アカデミアでは、「うたに響くディアスポラ」を開催し、東琢磨氏、イシ氏、本山氏に講師をしていただいています。

 細川氏の著書は、こうしたディアスポラ研究会の問題関心と深く関わるものであり、同書の刊行を契機として、著者細川氏(国際日本文化研究センター)を招聘するほか、上記の講師陣を一堂に会す場を設け、総合的な討議の機会としたいと思います。

 細川さんからは、議論の流れのなかで、現地取材の映像もご紹介いただけるかもしれません。


2.シンポジウムの予定

◆日時:2009年1月25日(日)14時開始 17時頃終了
会場:東京麻布台セミナーハウス4階中会議室
一般参加可、参加費無料
企画・運営:早尾貴紀、浜邦彦(CAPP研究員)

プログラム
細川周平 報告、著書に関連して(30分)
書評コメント:アンジェロ・イシ、東琢磨、本山謙二、宋安鍾(各20分)
  (休憩10分)
著者リプライ:細川周平(30分)
総合討議:4人全員(60分)


細川周平 (国際日本文化研究センター)
著作として、『遠きにありてつくるもの』(みすず書房)など。

アンジェロ・イシ (武蔵大学)
著作として、『ブラジルを知るための55章』(明石書店)など

東琢磨 (音楽文化批評家)
著作として、『おんなうた』(インパクト出版会)など

本山謙二 (武蔵大学非常勤講師)
共著として、『音の力』(インパクト出版会)など

宋安鍾 (金沢大学)
著作として、『在日音楽の100年』(青土社)など

会場アクセス
 東京麻布台セミナーハウス
 (住所:港区麻布台1-11-5)
地図と行き方は →【こちら
最寄り駅は、日比谷線神谷町駅、1番出口を出て、東京タワー方向に歩いて3分。


   * * *

CAPPディアスポラ研究会 第3回シンポジウム
ディアスポラの力を結集する
――ギルロイ、スピヴァク、ボヤーリン兄弟


開催趣旨
 ユダヤ・ディアスポラの思想経験から近代世界を乗り越えることを試みた画期的な一書、ジョナサン・ボヤーリン&ダニエル・ボヤーリン著『ディアスポラの力――ユダヤ文化の今日性をめぐる試論』(赤尾光春・早尾貴紀訳、平凡社、2008年)が翻訳刊行されました。

 同書は、二千年来のディアスポラ経験を通じて発展したユダヤ文化を多面的に論じることで、近代国家の国民主義と領土主義を根底から批判するものとなっています。しかし、ユダヤ研究にとどまらず、人類学やジェンダー論や現代哲学やカルチュラル・スタディーズなど多岐にわたるボヤーリン兄弟の議論の射程は、私たち訳者二人によってもなお十分に理解し尽くせるものではありません。

 他方ここ数年、「ディアスポラ」という問題視角は人文諸科学で、とりわけポストコロニアリズムの研究分野で広く共有されつつあり、ボヤーリン兄弟の問題意識と共鳴し合う仕事の日本語への翻訳も相次いでいます。そうしたなかで、ボヤーリン兄弟が論及しているポール・ギルロイおよびG・C・スピヴァクの大著の翻訳労作(『ブラック・アトランティック』および『ポストコロニアル理性批判』、ともに月曜社刊)は画期的なものでした。

 ボヤーリンの翻訳刊行を期に訳者である赤尾と早尾は、これらの先行する労作の力を借り、それらを重ねて読み込むことで、ユダヤ・ディアスポラ論の理解を深めると同時に、ギルロイやスピヴァクの翻訳紹介に携わってこられた研究者の方々に、ボヤーリン兄弟をどのように読むのか、その読解可能性を開いていただきたいと考えました。

 このシンポジウムでは、ギルロイ『ブラック・アトランティック』の訳者である鈴木慎一郎氏と上野俊哉氏、また別のギルロイの訳を進められている浜邦彦氏、スピヴァク『ポストコロニアル理性批判』の訳者である本橋哲也氏、スピヴァクと親交が深く招聘やインタヴューもされている鵜飼哲氏、ユダヤ思想研究を中心に領域横断的な研究をされている合田正人氏にご参加いただきます。


開催要項
ディアスポラの力を結集する
――ギルロイ、スピヴァク、ボヤーリン兄弟


日時:2009年2月6日(金)13時~18時
会場:東京麻布台セミナーハウス・大会議室
主催:CAPPディアスポラ研究会
コーディネート:赤尾光春・早尾貴紀(CAPP研究員)
参加無料/一般公開

第一セッション
「ユダヤ・ディアスポラとブラック・アトランティックの出会う形」
 鈴木慎一郎、浜邦彦、合田正人、赤尾光春(=司会兼)

第二セッション
「ディアスポラとサバルタンの位相」
 本橋哲也、鵜飼哲、上野俊哉、早尾貴紀(=司会兼)


会場(東京麻布台セミナーハウス)については、以下で場所を確認してください。
 住所:港区麻布台1-11-5
 地図は → 【こちら
 最寄り駅:日比谷線神谷町駅、1番出口から東京タワー方向に3分

当日参考文献

◆ジョナサン・ボヤーリン&ダニエル・ボヤーリン『ディアスポラの力――ユダヤ文化の今日性をめぐる試論』(赤尾光春・早尾貴紀訳、平凡社、2008年)

◆ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック――近代性と二重意識』(上野俊哉・鈴木慎一郎・毛利嘉孝訳、月曜社、2006年)

◆G・C・スピヴァク『ポストコロニアル理性批判――消え去りゆく現在の歴史のために』(本橋哲也・上村忠男訳、月曜社、2003年)

参加者プロフィール

赤尾光春 (大阪大学)
編著として、『ディアスポラから世界を読む』(明石書店=近刊
訳書として、ボヤーリン兄弟『ディアスポラの力』(平凡社)ほか。

早尾貴紀 (東京大学)
著作として、『ユダヤとイスラエルのあいだ』(青土社)
訳書として、ボヤーリン兄弟『ディアスポラの力』(平凡社)ほか。

鈴木慎一郎 (信州大学)
著作として、『レゲエ・トレイン』(青土社)
訳書として、ギルロイ『ブラック・アトランティック』(月曜社)ほか。

上野俊哉 (和光大学)
著作として、『ディアスポラの思考』(筑摩書房)
訳書として、ギルロイ『ブラック・アトランティック』(月曜社)ほか。

浜邦彦 (早稲田大学)
編著として、『ディアスポラと社会変容』(国際書院)
訳書として、ネグリ&ハート『〈帝国〉』(以文社)ほか。

合田正人 (明治大学)
著作として、『レヴィナス』(ちくま学芸文庫)
訳書として、レヴィナス『存在の彼方へ』(講談社学術文庫)ほか。

本橋哲也 (東京経済大学)
著作として、『ポストコロニアリズム』(岩波新書)
訳書として、スピヴァク『ポストコロニアル理性批判』(月曜社)ほか。

鵜飼哲 (一橋大学)
著作として、『主権のかなたで』(岩波書店)
訳書として、デリダ『友愛のポリティックス』(みすず書房)ほか。





「週刊 読書人」に書評


『密やかな教育―〈やおい・ボーイズラブ〉前史』



密やかな教育――〈やおい・ボーイズラブ〉前史』をめぐる書評が、「週刊 読書人」(1月23日号)に掲載されました。評者は高取英氏です。

   文化として認知された《BL》
   スリリングにまとめられた世界


 高取英氏の著作として、『寺山修司――過激なる疾走』平凡社新書、『ベルサイユのばら 永遠に』松文館、『聖ミカエラ学園漂流記』メディアワークス、などがあります。



1月のいくつかのイベント

下記、さまざまなイベントのご案内です。場所と日時は再度お確かめくださいませ。

  * * *

企画展 開催中!

Lmagazine 展

と き : 2008年12月25日(木)~2009年1月18日(日)
ところ :<digmeout ART & DINER
       大阪市中央区西心斎橋2-9-32

 月刊誌『Lmagazine』」(休刊号「ベスト・オブ・エルマガジン」は12.15発売)の歴史が垣間みえる、バックナンバーの展示&閲覧。
 最終1月18日は、エルマガジン打ち上げ会を開催。会費1,000円(1drink+1food のキャッシュオン)、19時~21時まで開催予定です。
 どなたでも参加OKです。

◎同誌に連載された企画の会場を違えたスピンアウト企画展も開催(中)!
★ いずれも、場所は再度お確かめください。

Lmagazine連載 スピンアウト企画展

少女遺産 展
08/12/25(木)~09/01/12(月)
詳しくは →【こちら

そうだ、聖地へ行こう 展
08/12/25(木)~09/01/17(土)
詳しくは →【こちら

my sweets love 展
09/01/17(土)~18(日)
詳しくは →【こちら

憧れの関西・会社探検 展
08/12/30(火)~09/01/31(土)
詳しくは →【こちら

その他の動きはの詳細は →【こちら

   * * *


勁版会 第303回
2009年 新年例会
と き : 2009年1月16日(金) 19:00 ~
ところ :<台所 てんや> 電話075-212-8585
       京都市中京区河原町通り蛸薬師一筋上ル東入ル
参加費:4000円程度 *飲み放題コース
◆オブザーバー参加&飛び入り参加も歓迎。誘いあわせてご参加ください。

 当月例会は、参加・予約人数確認のため、メールにて、必ず進行幹事まで[出欠連絡]をお願いします。◎連絡先 ; 進行担当幹事・田中忠行 tanaka●kaihou-s.com[●を@に差し替え下さい]
出欠連絡締切 : 1月14日(水)・・・厳守!

勁版会(ケイハンカイ)とは
 京阪神の出版社・書店など、出版業界関係の現場担当者の研修・懇親会会員外の参加・出入りもフリーな、気軽な集まり◆オブザーバー参加歓迎
 月例会は、原則として毎月・第3金曜日◆年会費・1200円=月報通信費
 *発足後20余年の勁版会の経過は「勁版会活動年表」や「勁版会小史」~いずれも川口正著『本と人を糧に』(編集工房ノア刊 1900円+税)にて詳述。

   * * *


日本マンガ学会 関西交流部会第44 回
加藤泰三「誕生してから半世紀、『劇画』とは何だったんだろうか」

と き : 2009年1月17日(土) 14:00~17:00
ところ京都精華大学交流センター 3階 セミナー室2
      京都市営地下鉄「丸太町」駅4,5,6番出口すぐ
参加資格:なし(マンガ学会会員以外の方も歓迎)
参加申込:不要
参加費:会場費として500円申し受けます
★例会終了後、簡単な懇親会を行います。17:30~ 会費制・学割あり
  会場:「居酒屋 萬正」(丸太町通西桐院北東角)
      
今後の予定
第45回例会 2月14日(土)14時~17時
 テーマ例会 一次資料の価値の再発見(5)
 会場 大阪府立国際児童文学館 セミナー室
第46回例会 3月14日(土)13時~17時
 マンガと味覚表現:再現調理と描写研究
 会場 クレオ大阪北 クラフト調理室
     
☆問い合せ=表智之(京都国際マンガミュージアム)

   * * *


新春! 山愚痴屋・都ライブ!!
画家・山口晃が縦横無尽に語りつくす《初個展 in 京都》記念トークイベント

と き : 2009年1月18日(日) 14:00~ (開場 13:30)
ところキャンパスプラザ京都 5階 第1講義室
入場料 : 無料*先着250名
  *大垣書店烏丸三条店 店頭もしくは 電話=075-212-5050で申込可能
   
◎画家・山口晃個展「さて、大山崎~山口晃展」~08/03/08(日)まで開催中
◆アサヒビール大山崎山荘美術館

*『山口晃作品集』(東京大学出版会 04/10刊 税込2,940円);第一作品集
*山口晃個展図録は、光村推古書院から刊行予定。

   * * *


JUNKU大阪トークセッション
小田実と歩いた世界
小中陽太郎『市民たちの青春―小田実と歩いた世界』(講談社)出版記念

語り手:小中陽太郎×聞き手:湯浅俊彦

と き : 2009年1月23日(金) 19:00~
ところジュンク堂書店大阪本店 3階 喫茶コーナー
      大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ1~3階
入場料:500円 *定員40名*予約制~3階東カウンター&電話予約

★大阪市生まれの小田実さんを神戸市生まれの小中陽太郎さんが語るトークセッションです。べ平連から今日のパレスチナ問題まで縦横無尽に語り尽していただきます。

著者紹介
小中陽太郎(こなか・ようたろう)
1934年神戸生まれ。東京大学フランス文学科卒業。NHKディレクターを経て、著述活動に入る。ベトナム戦争中はべ平連(ベトナムに平和を!市民連合)の活動に参画する。その後、フルブライト交換教授としてアメリカ各地で教鞭をとる。日本ペンクラブ理事。
著書:『青春の夢 風葉と喬太郎』(平原社 1998)、『異文化・非言語・グローバルコミュニケーション』(平原社、1999年)、『ラメール母』(平原社、2004年)、『一人ひとりのマスコミ』(創森社、2007)など多数。

聞き手紹介
湯浅俊彦(ゆあさ・としひこ)
1955年大阪生まれ。夙川学院短期大学准教授。

   * * *


講演&トークセッション
紙の本のゆくえ~文学と図書館の新しい挑戦

と き : 1月24日(土) 13:30開場 14:00 開演 ~17:00
ところ追手門学院 大阪城スクェア
参加費:500円(当日受付で徴収) *定員400名
◆問合せ/申し込み方法: FAXまたはホームページ
  追手門学院大手前センター
  TEL 06-6942-2788 FAX 06-6942-2744

日本ペンクラブ・追手門学院共催セミナー
近年、読書をめぐる環境は急激に変化しています。出版コンテンツのデジタル化がかなりのスピードで進行しているのです。この講演&トークセッションはこのような状況の中で、文学とはなにか、文学作品の流通・利用・保存とはなにかという論点と、従来、紙の資料を中心に収集・整理・提供・保存を担ってきた図書館の役割とはなにかという論点を同時に考えるものです。

第1部/講演
「ネット社会と文芸著作権」三田誠広(作家)
「ディジタル時代の図書館の役割」長尾 真(国立国会図書館長)
第2部/討論 <紙の本のゆくえ~文学と図書館に何が起こっているのか>
パネリスト:三田誠広/長尾 真/永吉雅夫(追手門学院大・国際教養学部長)/中西秀彦(中西印刷専務取締役)
司 会 :湯浅俊彦(夙川学院短期大学)

   * * *


JUNKU大阪トークセッション
労働にとって「女性」とは何か
―家族・性・労働をめぐって―

栗田隆子 × 生田武志 × 村上潔

『フリーターズフリー』vol.02 出版記念

と き : 2009年1月31日(土) 14:00~
ところジュンク堂書店大阪本店 3階 喫茶コーナー
      大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ1~3 階/電話06-4799-1090
入場料:500円 *定員40名*予約制~3階東カウンター&電話予約

「フリーター問題は女性労働問題だ」――労働問題、とりわけ不安定雇用問題においてもっとも重要でありながら、見落とされがちな「女性」と「家族」。
戦後日本における女性たちの運動を振り返りながら、あらためて「労働」を問い直します。「フリーターズフリー」創刊以来、初めての関西イベントです。

◆パネリスト紹介
栗田隆子(くりた・りゅうこ)
1973年生まれ。有限責任事業組合フリーターズフリー組合員、「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人。現在、国立保健医療科学院非常勤職員。雑誌・新聞などに寄稿多数。

生田武志(いくた・たけし)
1964年生まれ。有限責任事業組合フリーターズフリー組合員。現在、野宿者支援活動。著書に、『〈野宿者襲撃〉論』(人文書院)、『ルポ最底辺 不安定就労と野宿』(ちくま新書)。

村上潔(むらかみ・きよし)
1976年生まれ。立命館大学大学院先端学術総合研究科博士課程に在籍。戦後日本における「主婦」の「労働」をめぐる思想と運動について研究。


プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。