Book ! Book ! Sendai 2011






            2011-5-27-005


























小社の書籍も置いていただいております。
書本&cafe magellanさんに扱っていただいています。
( お誘いくださり、たいへんうれしく光栄です!)

詳しくは ↓
http://bookbooksendai.com/2011/goodp.html


これは、「Book! Book! Sendai 2011」の企画のひとつです。

詳しくは ↓
http://bookbooksendai.com/2011/aboutall.html


「Book! Book! Sendai 2011」の開催期間は
2011年 5月26日(木)~ 7月4日(月)です。


     * * *





not major, but ... GOOD PUBLISHERS





国内外の小さな出版社が生みだす本を展示販売します。

作り手の想いやアイディアにあふれ、

ものとしての魅力がきわだっている本ばかりを集めました。

4会場でそれぞれジャンルの違う本を並べます。

ふだんなかなか見ることの少ない本ばかり、

新たな本の世界に出会えるはず!




日時・会場

stock gallery&atelier
6月4日(土)~26日(日)
期間中の土日13:00~19:00のみ営業
仙台市青葉区一番町1丁目12-7 中川ビル201
電話022-342-1082
http://www.stock-web.com/



ジュンク堂仙台ロフト店

6月6日(月)~30日(木)
10:00~20:00  無休
仙台市青葉区中央1-10-10 仙台ロフト7F
電話022-726-5660
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-sendailoft.html/



book cafe 火星の庭

6月16日(木)~7月4日(月)
11:00~19:00 火水定休
仙台市青葉区本町1-14-30 ラポール錦町1F
電話022-716-5335
http://kaseinoniwa.com/



書本&cafe magellan
6月8日(水)~7月4日(月)
10:00~20:00(土日~19:00) 火曜定休
仙台市青葉区春日町7-34
電話022-224-7560
http://magellan.shop-pro.jp/



     * * *


 また、以下の催しも予定されています。


Sendai Book Market 2011
http://bookbooksendai.com/2011/bookmarket.html


製本講座 本革表紙のロング・ステッチ製本
http://bookbooksendai.com/2011/binding.html


出版者ワークショップ 出張版・仙台編
http://bookbooksendai.com/2011/publish.html
南陀楼綾繁さんもご参加!


大正100年企画 あこがれの仙台モボ・モガ
http://bookbooksendai.com/2011/taisho100.html


東北ブックコンテナ
http://bookbooksendai.com/2011/bookcontainer.html


not major but... GOOD PUBLISHERS

http://bookbooksendai.com/2011/goodp.html


toko! toko! Sendai vol.2
http://bookbooksendai.com/2011/tokotoko.html



「Book! Book! Sendai 2011」の
それぞれの催しの日時と場所は
再度お確かめのうえ
お出かけくださいませ。

  
 
  
 
 
 

原発はなぜ危険か ― 写真家が追った現場38年




     2011-5-27-004





樋口健二氏 講演会・写真展
原発はなぜ危険か写真家が追った現場38年




日時┃ 2011年6月1日(水)16時20分~17時50分

場所┃ 東京経済大学国分寺キャンパスK101教室
     JR・西武線国分寺駅より徒歩13分

駅からのアクセスマップ ↓
http://www.tku.ac.jp/access/kokubunji/



料金┃ 入場無料


講演会終了後、懇親会(要会費)あり
著書販売予定あり



主催┃ 東京経済大学全学共通教育センター
共催┃ 東京経済大学21世紀教養プログラム




樋口健二
1937年長野県生まれ。報道写真家。1974年、国連主催世界環境写真コンテストで四日市公害の報道写真が入賞。1973年から原発労働者の被曝問題について取材、写真発表、1981年から講演会を各地で行う。2001年、ドイツを拠点とするNGO世界核ヒアリング会議の「核のない未来賞」教育部門賞受賞。写真集に、『原発・1973~1995年』、『樋口健二報道写真集成 日本列島‘66-‘05』など多数、著書に『売れない写真家になるには』、『これが原発だ カメラがとらえた被曝者』、『闇に消される原発被曝者』など多数。1996年に写真展『四季・武蔵国分寺』を国分寺Lホールで開催している。



この講演についての詳細は
http://shibuya.txt-nifty.com/blog/2011/05/38-85cc.html

 
 
 
 
 
 
 

取材へ行く (3)











               2011-5-27-003

















縫目なきスペクタクルに慣れ始めている社会に・・・

図像・映像がいかに寄せ集められているものなのか、
ちゃんと示していく必要がある

バーバラ・M・スタフォード
『グッド・ルッキング』より

 
 

取材へ行く (2)

 
 
 




 
 
           2011-5-27-001










           2011-5-27-002






 
 
 
 

いま、看護の現場で何が起こっているのか







以下、ジュンク堂書店 池袋本店での催しです。
日時や申し込み方法など、再度お確かめくださいませ。


     * * *


いま、看護の現場で何が起こっているのか

小林美希 (労働経済ジャーナリスト)

日時┃ 2011年6月30日(木)19:30~
場所┃ ジュンク堂書店 池袋本店


詳しくは ↓
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk.html#20110618ikebukuro


※延期開催決定
※前回ご予約のお客様を優先させて頂きました。残席は僅かです。
※予約開始┃ 6月1日(水)10:00~


女性労働者の20人に1人という、実は身近な存在である看護職。しかし、その労働の現場は近年、過酷さを増しており、年間離職者は10万人以上、過労死レベルの状態が約2万人、妊婦になっても4割が夜勤を経験し、「流産するのは当たり前」とささやかれる「職場流産」が常態になっている。労働問題を取材する中で、こうした医療職の異変を感じた著者・小林美希さんは、次第にこの問題にのめり込み、多くの取材、データ収集を重ねて、ルポや講演で発表していった。このたび、ついにそれらが『看護崩壊』という1冊の新書にまとめられ、反響を呼んでいる。「医療崩壊」が叫ばれる中、これまで見過ごされてきた「看護」の実態とは? 崩壊しつつある現場で何ができるのか? ― など、現役看護師も登壇し、著者との対話を通して、問題の本質を伝えていきたい。


講師紹介

小林美希(こばやし・みき)
1975年茨城県生まれ。水戸第一高校、神戸大学法学部卒業。株式新聞社、毎日新聞社『エコノミスト』編集部記者を経て、 2007年よりフリーのジャーナリスト。若者の雇用、結婚、出産・育児と就業継続などを中心に活動している。著書に『ルポ 正社員になりたい ― 娘・息子の悲惨な職場』(影書房、2007年日本労働ペンクラブ賞受賞)、『ルポ”正社員“の若者たち ― 就職氷河期世代を追う』(岩波書店)がある。


会場┃ 4階喫茶にて。入場料1,000円(ドリンク付)
定員┃ 40名
受付┃ 1階サービスカウンターにて。電話予約承ります。
ジュンク堂書店 池袋本店 TEL 03-5956-6111

 
 
 
 
 
 

2011 左京ワンダーランド





     2011左京ワンダーランド
















2011 左京ワンダーランド

2011年 5月8日(日)~ 6月5日(日)

会場 京都市左京区一帯(出町柳、一乗寺、北白川、丸太町ほか)



星空スタンプラリー参加店舗

asian chiample goya
アナベル・リー
aloha Cafe' uliuli
一乗寺薬局
叡山電車出町柳駅
カイラスレストラン
ガケ書房
かぜのね
カフェループ
キッチンガーデン
恵文社一乗寺店
CLUB METRO
このえのこ
COMPRENDA
シサム工房京都本店
shizuku
just add life
正尚堂
Day Spa La Cura
善行堂
そうげんカフェ
ちせ
なや
natiral food village&padma cafe
HELP一乗寺店
VIVA LA MUSICA!
美容室ウィットアルファ
プリンツ
BAR探偵
まほろば
村屋
モアレ
リサイクルレンコン
レンタルサイクルかりおん出町柳ブラジル店
THE TAN i
58DINER


     * * *


左京ワンダーランド2011 ― クロージングパーティー


2011年6月5日(日)OPEN / START 18:00
会場:京都府 京都 CLUB METRO

トークショー:山本精一(音楽家)×いしいしんじ(作家)
ライブ:
ラブミーバンド
ターケン
Mr.Understand
ほか
DJ:堀部篤史(恵文社 店主)
占い:パウロ野中
料金:1,000円(ドリンク代別)


     * * *


星空列車 左京ワンダーランド号



◆2011年6月4日(土) @叡山電車・出町柳駅集合
◆大人(12才以上)¥1000 小人(11才以下)¥500 幼児(5才以下)無料

左京ワンダーランド恒例、左京区内を走る叡山電車をまるごと貸しきっての電車イベント!
列車内でのライブや一箱古本市のほか、
駅構内では作家さんたちによる手づくり市や飲食店の出店も!

詳しくは ↓
http://sakyowonder.blog82.fc2.com/blog-entry-53.html


     * * *


詳しくは ↓ をご覧ください

http://chise.in/sakyowonder11/

 
 
 
 
 
 

『空間のために ― 遍在化するスラム的世界のなかで』









          『空間のために ― 遍在化するスラム的世界のなかで』






























  『空間のために遍在化するスラム的世界のなかで
   篠原雅武






    2011年5月15日発行
    四六判・上製・220頁
    本体価格 2,200円
    以文社








   2011-5-23-005










   目 次


   序 章 生活世界の荒廃
   第一章 空間と領土性
   第二章 空間の質感
   第三章 再領土化の諸問題
   第四章 流動と停止
   第五章 壁
   第六章 虚構と想像
   第七章 来るべきスラム化に備えて
   第八章 空間的想像力の奪還
   終 章 黄金時代に秘められた地獄
   あとがき























2011-5-23-006









篠原雅武 (シノハラ・マサタケ)
1975年生まれ。都市論・政治論。1999年京都大学総合人間学部卒業。2004年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位認定退学。京都大学博士(人間・環境学)。現在、非常勤講師。
著書に、『公共空間の政治理論』(人文書院、2007年)。
訳書に、C・ムフ『政治的なものについて ― 闘技的民主主義と多元主義的グローバル秩序の構築』(明石書店、2008年、酒井隆史監訳)、M・デイヴィス『スラムの惑星 ― 都市貧困のグローバル化』(明石書店、2010年、丸山里美との共訳、酒井隆史監訳)、J・ホロウェイ『革命 ― 資本主義に亀裂を入れる』(河出書房新社、2011年、高祖岩三郎との共訳)。
 
 
  
 
 
 
 

取材に行く









        2011-5-23-001














        2011-5-23-003













        2011-5-23-004












神戸映画資料館で2つの講座





     2011-5-18-002












神戸映画資料館で、2つの
連続講座の企画がスタートするようです。

詳しくは ↓
http://kobe-eiga.net/event/
申し込み方法や参加費などお確かめください。


     * * *


神戸映画資料館レクチャー

映画の内/外


第1回
文学芸術全方位トークセッション

2011年6月11日(土)
17:00 第1部 鈴木創士 × 丹生谷貴志
18:00 第2部 佐藤薫(EP-4)× 鈴木創士 × 丹生谷貴志
(終了予定 19:00)
http://kobe-eiga.net/event/2011/06/#a001373





第2回
帝国の映画

青山真治 × 丹生谷貴志 対談

2011年6月26日(日)18:00~
(終了予定19:30)
http://kobe-eiga.net/event/2011/06/#a001376


     * * *


連続講座
映画批評 新しい映画と観客のために

第1回
ドキュメンタリー映画を考える
2011年7月16日(土)14:30(終了予定18:30)
講師 葛生賢
http://kobe-eiga.net/event/2011/07/#a001388

     * * *

神戸映画資料館
神戸市長田区腕塚町5丁目5番1
アスタくにづか1番館北棟2F 201

アクセス(交通手段など) ↓
http://kobe-eiga.net/access/

 
 
 
 
 

青山真治 監督作品「東京公園」




     2011-5-18-001




青山真治 監督作品
東京公園
2011年6月18日より全国ロードショー公開

詳しくは ↓
http://tokyo-park.jp/
 
 
 
 

『動物の解放 改訂版』 ピーター・シンガー著












          『動物の解放 改訂版』 ピーター・シンガー 著


























動物の解放 改訂版
ピーター・シンガー
戸田清


A5判・上製・406頁
2011年5月20日発行
本体価格 4,400円
人文書院


目次など詳しくは ↓(人文書院)
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b87004.html
 
 
 
 
 

「解放社会学研究」 第24号



  「解放社会学研究」第24号2011年発行














解放社会学研究
 第24号(2010年)

2011年3月31日発行
発行・発売 日本解放社会学会

購入方法などは ↓(日本解放社会学会)
http://sociology.r1.shudo-u.ac.jp/liberty/books/books.html



目 次

特集
コミュニティと語りの経験
――ゲイコミュニティの事例から



特集によせて
  風間孝


大正期における男性「同性愛」概念の受容過程
――雑誌『変態性慾』の読者投稿から
  前川直哉


〈かぞく〉に何を求めるのか
――血縁家族、選びとる家族、ゲイコミュニティ
  三部倫子


動員される〈外部〉
――語り/実態の二文法を超えて
  森山至貴


特集へのコメント(1)
動くクィアな語り
  菅沼勝彦


特集へのコメント(2)
「ゲイである」ことの語り、ゲイコミュニティの語りを考察する
――語りを共同行為として捉える視点から
  飯野由里子



Kaffeeklatsch

人種とジェンダーとセクシュアリティと制度
  狩谷あゆみ



書評×リプライ

武田尚子・文貞實 著
『温泉リゾート・スタディーズ――箱根・熱海の癒し空間とサービスワーク』
書 評  北川由紀彦
リプライ 都市下層と女性労働者  文貞實


ましこ・ひでのり 著
『知の政治経済学――あたらしい知識社会学のための序説』
書 評  郭基煥
リプライ 責任と展望  ましこ・ひでのり


菊地夏野 著
『ポストコロニアリズムとジェンダー』
書 評  野村浩也
リプライ  菊地夏野


風間 孝・河口和也 著
『同性愛と異性愛』
書 評 隠喩を生きる  今田匡彦
リプライ 「隠喩を生きる」へのリプライ  河口和也


デニス・アルトマン 著
『ゲイ・アイデンティティ――抑圧と解放』(岡島克樹・河口和也・風間孝訳)
書 評  黒岩裕市


活動報告
編集後記
投稿規程
バックナンバー
 
 
 
 
 

5月のさまざまな催し



     2011-5-3-000001







以下、アースインテグレートさまより
頂戴しましたご案内を転載いたします。
いくつか情報を補足いたし、写真画像を追加しています。
日時と場所は再度お確かめくださいませ。


     * * *



アラーキー本をめぐる冒険
本と写真の展覧会


と き┃ 2011年4月20日(水)~5月8日(日)
      12:00-19:00 *月火休廊
ところ┃ ブルームギャラリー
      大阪市淀川区新北野1-11-23
      電話06-7171-9849
http://bloomgallery103.com/

これまで出版されてきたあまたの荒木本の中から、宝塚メディア図書館の蔵書を展示するとともに、雑誌「SWITCH」「Coyote」を創刊した編集者・新井敏記が撮影した荒木経惟のショットを展示。



     * * *



阪大生・手塚治虫
市制施行75周年記念事業



と き┃ 2011年4月28日(木)~6月30日(木)
ところ┃ 大阪大学 総合学術博物館 待兼山修学館
      大阪府豊中市待兼山町1-20
      電話 06-6850-6284
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/jp/access.html


大阪の豊中市は手塚治虫の出身地ですが、市制施行75周年の一環として、手塚作品を集めた「手塚文庫(仮称)」を開設し、大阪大学との企画展を展開する予定。
手塚治虫の学生漫画家時代の生活を作品や写真などで振り返る。


ミュージアムレクチャー

二人以上の手塚治虫」齋藤彰(大阪大学准教授)
日時┃ 4月30日(土) 13時30分~15時

父親としての手塚治虫」手塚るみ子
日時┃ 5月3日(火祝) 13時30分~15時

各回とも定員は60名。当日30分前に会場にて先着順。



     * * *



   第2回古本フェス@トリペル


第2回古本フェス@トリペル
春の読みわすれ、夏の読みはじめ



と き┃ 2011年5月3日(火、祝)~8日(日)
     11時~20時、会期中無休

ところ┃ 古本・マンガカフェ・トリペル
     京都市上京区下木下町183-6

参加店
     あうん堂本舗(石川・金沢)
     古書 五つ葉文庫(愛知・犬山)
     古書とみたか(大阪)
     100000t(京都)
     子子子家本舗(京都・無店舗)
     ふるほんやロシナンテ(京都・無店舗)
     古書ダンデライオン(京都)



     * * *



古本祭り
第9回 四天王寺春の大古本祭り



と き┃ 2011年4月28日(木)~5月3日(火)
      午前10時~午後6時(最終日;午後4時)

ところ┃ 四天王寺 境内
      大阪市天王寺区四天王寺1丁目11?18
http://www.shitennoji.or.jp/

問合わせ事務局┃ 古書楽人館
主催/関西古書研究会

青山書店(豊中市)
古書あじあ號(大阪市)
池書店(泉佐野市)
稲野書店(豊中市)
おくだ書店(香芝市)
五輪書(天理市)
サクラナッツブックス(岸和田市)
シアル(吹田市)
清泉堂倉地書店(西宮市)
大仙堂書店(八尾市)
ブックス三京(大阪市)
星空書房(高槻市)
松原書林(松原市)
古書ゆうらく(大東市)



     * * *



第30回 春の古書大即売会


と き┃ 2011年5月1日(火)~5日(土) 

ところ┃ 京都市勧業館 みやこめっせ
      電話 075-762-2660(会期中)
      京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
http://www.miyakomesse.jp/transportation/kyoto.php

主 催┃ 京都古書研究会
http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken

大正百年記念コーナー、京都本コーナー、
美しい手製本の世界~素晴らしい装幀芸術~展など併催



     * * *



じないまち一箱古本市
じないまち古書散歩



と き┃ 2011年5月14日(土) 10:00~16:00

ところ┃ 寺内町一帯
http://jinaimachi-book.seesaanet/

*富田林寺内町の正式住所は、
 大阪府富田林市富田林町です


一箱古本市 寺内町の店舗前、民家の庭で展開
(50店舗予定;現在も募集中・・・)


豆本ワークショップ
  定 員┃ 20名 *和綴じ豆本製作
  講 師┃ 豆本作家・柴田尚美
  会 場┃ Classico
  参加費┃ 3,500円(材料費込み・お茶付き)
  時 間┃ 13:00~14:30


ブックトーク
  定 員┃ 20名
  講 師┃ 市川慎子(ネット古書店「海月書林」)
  会 場┃ Classico
  参加費┃ 500円(お茶付き)
  時 間┃ 16:00~17:30



     * * *



日本出版学会
2011年度 総会・春季研究発表会
《緊急シンポジウム「震災と出版」》



と き┃ 2011年5月14日(土)10:00~16:30

ところ┃ 明治学院大学 白金キャンパス
      東京都港区白金台1-2-37
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/

参加費┃ 会員1,000円 非会員2,000円

懇親会┃ 6,0000円(17:00~19:00)


*お申し込みの上ご参加ください。参加費は当日会場にて受付けます。

*研究発表会/懇親会それぞれでお申し込み下さい。
□申込先┃ 日本出版学会事務局
 FAX┃ 03-3313-7348 infoあっとshuppan.jp


プログラム

09:30~ 開場・受付

研究発表 第1分科会》・・・2号館3階 2301教室

10:00~ 高木利弘 EPUBの可能性と課題――EPUB電子雑誌「OnDeck」の試みから見えてきたもの
10:30~ 矢口博之 2010年と2011年に実施した電子書籍に関する調査結果の比較
11:00~ 中西秀彦 日本のオンデマンド出版,その蹉跌と再生
11:30~ 湯浅俊彦 公共図書館における電子書籍の利活用と出版業界


研究発表 第2分科会》・・・2号館3階 2302教室

10:00~ 主藤孝司 企業のブランド構築と書籍出版
10:30~ 宮下義樹 著作権侵害訴訟における出版会社の責任
11:00~ 橋本嘉代 質的調査としての雑誌研究とその教育
11:30~ 阪本博志 大宅壮一の記録文学
12:00~13:00 《休憩》


13:00~ 《2011年度総会》 ・・・2号館3階 2301教室


14:00~《緊急シンポジウム「震災と出版」》・・・2号館3階 2301教室

基調講演┃ 木下修(杏林大学)
「出版産業とイノベーション―関東大震災と出版流通経済の構造転換」

報 告
福嶋聡(ジュンク堂書店)「阪神大震災からの復興と出版流通」
星野渉(文化通信社)「出版業界における東日本大震災の影響とその対策」

16:30 閉会

17:00~19:00 《懇親会》・・・本館10階 大会議室(会費:6,000円)



     * * *



第8回 わくわく関西自費出版フェア
自分でつくる本


と き┃ 2011年5月16日(月)~29日(日)

ところ┃ MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店7階 Salon de 7
      大阪市北区茶屋町7-20 チャスカ茶屋町B1-7階
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-MJumeda.html

問合わせ先┃ MARUZEN&ジュンク堂書店
       電話 06-6292-7383

参加費┃ 3,000円(法人・個人事業者)

自費出版フェア内容など、詳細は事務局担当の星湖舎・金井一弘まで
kanai 〇 921142.com [〇 → @に変換]



     * * *



日本出版学会 流通部会
再販・グーグル問題と流対協
本をだすことは 一つのたたかいである




と き┃ 2011年5月20日(金)18:30~20:30

ところ┃ 日本大学法学部 本館5 階151講堂
      千代田区三崎町2丁目3番1号
http://www.law.nihon-u.ac.jp/access/index.html

参加費┃ 会員/無料 非会員/500円(*学生は無料)

報 告┃ 高須次郎さん(出版流通対策協議会・会長)


出版流通対策協議会(略称・流対協)は、1978年末、当時の公正取引委員会、橋口委員長が「本の再販制廃止」発言をしたことに対して、反対の意思表示をした出版社80社によって、1979年1月に結成された。

以来、今日まで一貫して、(1)出版再販制度の擁護、(2)差別取引の解消、(3)言論・出版の自由、という三つの活動方針を掲げ、小規模出版社の活路を求めて、活発な活動を展開している。

今回は、その流対協会長に、出版の原点や志に触れて「再販・グーグル問題と流対協」というテーマでご報告をお願いした。


問合先┃ 下村昭夫(出版流通部会長)
準備の都合上、右記のメール
http://www.murapal.com/contact.html
または電話で事前申込ください。



     * * *



出版ネッツ関西フェスタ2011

http://netsfesta.blog60.fc2.com/


と き┃ 2011年5月20日(金)12:30~20:30
      21日(土)10:00~17:00

ところ┃ コープイン京都
電話075-256-6600
     京都市中京区柳馬場蛸薬師上ル井筒屋町411
http://rcpt.kyoto-bauc.or.jp/coop-inn/kyoto/

参加費┃ 入場無料/出入り自由

主 催┃
出版ネッツ関西
http://netswest.org/
出版ネッツ
http://union-nets.org/


名刺交換パーティ 5月20日(金) 18:30~20:30

参加費┃ 4,000円 ★申込み ↓
http://netsfesta.blog60.fc2.com/


1997年、阪神・淡路大震災の後、神戸で始まったネッツフェスタも12回目。
ネッツメンバーの「みんな、どんな仕事しているのか知りたい」という声で始まりました。
当時は模造紙に作品を書いたり貼ったり、とまるで文化祭のノリでしたが、年々工夫と改良を重ね、参加メンバーが増え、今では2日間で500人を越す人が集まる一大イベントになりました。
出版社、編集プロダクション、書店、Web制作会社など多くの出版、マスコミ業界の方が来場され、人脈探しや仕事探しにつながっています。
今回はコープイン京都を会場に、ワンコイン・セミナー、似顔絵コーナー、フリーマーケット、ブックフェア、巨大本と盛りだくさんな内容を企画しています。また、イラストレーター有志によるチャリティ・イベントも実施。お気軽にお越しください。



     * * *



勁版会 第330回
出版ネッツ関西フェスタ2011 合流例会
名刺交換パーティ・懇親合流



と き┃ 2011年5月20日(金)18:30~20:30

ところ┃ コープイン京都 *上記【イベント】案内のサイト参照

参加費┃ 4,000円

申込み ↓
http://netsfesta.blog60.fc2.com/


☆当月例会は、参加・不参加の意思表示をいただきます。
☆参加される会員各位は、上記のネッツ関西フェスタのサイトから各自申込手続きをお願いします。

★不参加の会員各位は、ご面倒ですが事務局までメールでお返事ください。
・今回はフェスタ会場をひやかしてから参加いただくのがよろしいかと……。
・通常例会よりも開始時間が30分早いのでご注意願います!
・今月の例会は、開催日が重なったこともあり、会員の中の多くが所属されている「出版ネッツ関西」とドッキングしようという進行幹事(出版ネッツ所属)の苦肉の策で、フェスタを視察した後「名刺交換パーティ」に合流する形での開催となりました。幹事特権発動です。
・会員各位は、同封したフェスタへの導き、カラー版「フェスタ新聞」を十分ご活用ください。



     * * *




  ZINEとリトルプレス展2011年

ZINEとリトルプレス展
自分でつくる本


と き┃ 2011年5月21日(土)~29日(日) 13:00~19:00(最終17:00)

ところ┃ ギャラリーあしたの箱
      大阪市西成区岸里東1-6-7
http://www.ashitanohako.com/


ワークショップ開催
 *詳細は<あしたの箱>サイト参照
★ワークショップ1 21日(土) <とにかく本をつくってみたい!>
★ワークショップ2 22日(日) <本のかたちにしてみたい!>
★ワークショップ3 28日(土) <本のおはなしをつくってみたい!>



     * * *



東日本大震災復興支援チャリティーイベント
絵本で元気を!



こんなときに絵本で何ができるやろか、
いやできると信じて子どもたちに関西から
絵本で元気を届けよう


と き┃ 2011年5月22日(日)10:00~16:00

ところ┃ 大阪市立中央図書館>5階
      大阪府大阪市西区北堀江4丁目3?2
http://www.oml.city.osaka.jp/

入 場┃ 無料 *お気持ちを募金箱へ


参加絵本作家
長谷川義史/さいとうしのぶ
こしだミカ/近藤薫美子
たかいよしかず/村上しいこ
市居みか/おおきひろえ
青山友美/山本孝/ほかにも…


イベント内容
長谷川義史 えほんライブ 10:30~ 12:00
   *当日先着順 予約なし
・絵本作家ミニワークショップ
・絵本販売およびサイン会
・チャリティーオークション
・義援金募金




木村了子展 @ ミヅマ・アクション










     木村了子展、2011年5月ミヅマ・アクション
          (c) KIMURA Ryoko Courtesy Mizuma Action
























ミヅマ・アクションより頂戴しましたご案内を
そのまま転載いたします。
日時と場所は再度お確かめくださいませ。

詳しくは ↓
http://mizuma-art.co.jp/exhibition/1302166607.php



     * * *


木村了子展 @ ミヅマ・アクション

2011年 5月11日(水)- 6月4日(土)
  オープニングレセプション 5月11日(水)18:00-20:00



会 期┃ 2011年 5月11日(水)-6月4日(土) (日・月・祝日休廊)

開廊時間┃ (火)-(金) 12:00-18:00
       (土) 12:00-19:00

会 場┃ ミヅマ・アクション
東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル2F
TEL: 03-3793-7931
http://mizuma-art.co.jp
東急東横線・日比谷線中目黒駅より徒歩3分
東急東横線代官山駅より徒歩6分 JR線・日比谷線恵比寿駅より徒歩12分



 木村了子は1971年京都生まれ。97年東京藝術大学大学院壁画専攻を修了いたしました。

 2003年頃より本格的に日本画を始めた木村の作品では、西洋の王子様やターザン、人魚などファンタジーな人物像が東洋画の風景表現の中を踊ります。

 木村は古典作品に見受けられる「堅実な構成の中にも、画面全体がゆったりとして、どこか破綻寸前のラフ(乱暴)さがある」作風に惹かれると言います。

 時に生活の一コマを切り取ったスナップ写真のような一見茫洋とした一面を持つ木村の作品は、古典の表現の入念な構成と確かな描写技術の吸収を前提に展開されていて、この趣味が全ての作品に通底しています。

 人物をモチーフとする木村は男性、中でも少年か青年かあやふやな時期の「男子」を描きます。かねてから美術史上に、女性から男性への性愛を主題とした作品が少ないことに疑問を抱いていた木村。他者から見られることを強く意識する現代男子の表現に「今の日本画」を描く可能性を感じました。

 「楽園」と題された本展。一対:各2×4mの新作屏風で、木村は女性である自身が密かに夢想し楽しむ男子のエロティシズムを、描き手の情念を制したカラッとした態度で洒脱に表しています。

 客観的立場で対象とあえて距離を置きつつも男子への性愛を表現する、そんなドライとウェットが絶妙に交錯した視点によって、そこから見える物事の本質に迫るのです。

 ファインアートの世界では独特の作品性は、木村了子があえて自身の作品を「破綻寸前」の臨界点に近づけ、美術史の継承と発展を目指す挑戦とも言えます。

 ユーモア混じりの表現の裏にある画家の戦いの記録を是非ご覧いただきたく、お願い申し上げます。


★ 画像キャプション
「男子楽園図屏風 EAST」2011年
六曲一双屏風に鳥の子紙、岩絵具、金箔 207×406cm
撮影: 宮島径
(c) KIMURA Ryoko Courtesy Mizuma Action

 
 
 
 
 

イメージフォーラム・フェスティバル2011





     イメージフォーラム・フェスティバル2011


























実験映像の祭典
イメージフォーラム・フェスティバル2011



東京、京都、福岡、横浜、名古屋の5都市を巡回


都市によって開催日時が異なります。
東京は、4月29日(金)より開催。京都は、6月4日(土)より開催。
日時と場所は、下記でお調べください。
http://imageforumfestival.com/

 
 
 
 
 
 

『ダダっ子貫ちゃん』 上映会



ドキュメンタリー映像の上映

『ダダっ子貫ちゃん』

ダダカン先生との対談を
ひたすらカメラに収めたドキュメンタリー



日 時┃ 2011年 6月3日 金曜日 午後8:00開場~

会 場┃ 100000t 
    京都市中京区寺町御池上ル上本能寺前町475雅会館3F
http://100000t.blog24.fc2.com/

寺町通、京都市役所の建物ま横あたりジャポニカさんとハードバップさんの間に挟まれてある茶色い小ビルの三階。1階に上海料理屋さんがあります
*場所は再度お確かめください。

入場料┃ カンパ制

詳しくは ↓(オカバーのブログ)
http://okabar.exblog.jp/m2001-05-01/



 
     『ダダっ子貫ちゃん』上映2011年

  
 
 
 
 
 
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード