プリーモ・レーヴィ展









  プリーモ・レーヴィ展



































プリーモ・レーヴィ展があります。
以下、いただいたご案内から転載いたします。
※ このwebページの書籍画像は、小社事務所にあったプリーモ・レーヴィの著作とその関連書を撮影したものです。展示物ではございません。この機会にご本も書店でぜひご覧くださいませ。つよくおすすめいたします。



     * * *


プリーモ・レーヴィ
アウシュヴィッツを考えぬいた作家


ユダヤ系イタリア人としてアウシュヴィッツに送られ、奇跡的に生還したプリーモ・レーヴィ(1919-1987、イタリアの化学者・作家)。彼はアウシュヴィッツの地獄を冷静に記録すると同時に、地獄を体験した後の困難な生を描き、さらにはアウシュヴィッツの意味を生涯にわたり問い続けました。深い洞察に満ちた彼の作品や証言は、人間の暴力性とそこからの回復を考える際の貴重な手がかりとして日本でも思想家や芸術家を初め多くの人々に影響を与えていますが、展示の機会はありませんでした。今展では、日本初公開の写真や資料を含め、日本に本格的にプリーモ・レーヴィを紹介します。



会 期┃ 2011年10月22日(土)~12月17日(土)

休館日┃ 月曜日、11月4日(金)、24日(木)

会 場┃ 立命館大学国際平和ミュージアム 中野記念ホール


      * * *


公開記念講演会
プリーモ・レーヴィの思想や作品に詳しい研究者を講師として招き、強制収容所体験、アウシュヴィッツ以降の生き方、証言者としての戦いなどを踏まえて、各講師のレーヴィ像や、知識人としてレーヴィに触発されたことなどを語っていただきます。


11月5日(土)
「プリーモ・レーヴィ―アウシュヴィッツを考えぬくこと」
講 師┃ 竹山博英 (立命館大学文学部教授)


11月12日(土)
「断絶の証言者プリーモ・レーヴィ」
講 師┃ 徐 京植 (東京経済大学現代法学部教授)


11月19日(土)
「”人間であることの恥”ふたたび―2011年の経験から」
講 師┃ 鵜飼 哲 (一橋大学大学院言語社会研究科教授)



コーディネーター┃ 加國尚志 (立命館大学国際平和ミュージアム副館長、立命館大学文学部教授)



◆各日とも 13:30~15:00

◆立命館大学国際平和ミュージアム1階ロビーにて
 (聴講無料・申込不要)


入場料など詳しくは ↓ (立命館大学国際平和ミュージアム)
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/event/special/2011/exhibition2011_3.html


 
 

 
           プリーモ・レーヴィ展その2



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

『「壁と卵」の現代中国論』









        「壁と卵」の現代中国論
































  『「壁と卵」の現代中国論
   梶谷 懐 著
   2011年10月15日発行
   46判・並製・266頁
   発行 人文書院


詳しくは ↓ (人文書院)
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b93709.html
 
 
 
 
 
 
 
 

機械状アニミズム ― フェリックス・ガタリの思想と人類学




  機械状アニミズム― フェリックス・ガタリの思想と人類学

















第22回ときめき☆セミナー



機械状アニミズム
 ― フェリックス・ガタリの思想と人類学



パネリスト

 マウリツィオ・ラッツァラート
 アンジェラ・メリトプロス



日時┃ 2011年10月22日(土)
     14:00-17:00

場所┃ 大阪大学(吹田キャンパス)
     人間科学研究科・東館207(ユメンヌ・ホール)


使用言語: フランス語(通訳あり)


どなたでも自由に参加できます。

詳しくは ↓(大阪大学、ときめき☆セミナー)
http://tokimeki.hus.osaka-u.ac.jp/




プログラム

14:00-15:00
映画上映
(メリトプロス/ラッツァラート制作、60分)

15:10-16:40
講 演 (マウリツィオ・ラッツァラート)
映画解説 (アンジェラ・メリトプロス)

コメント
質疑応答
 
 
 
 
 
 
 

                洛北出版『出来事のポリティクス』ラッツァラート著




 
 
 
 
 
 

 

近藤聡乃展 「KiyaKiya」@ミヅマアートギャラリー







   近藤聡乃展 「KiyaKiya」
















下記、頂戴したご案内を転載いたします。
東京での個展となります。
( 小社刊の『密やかな教育』のカバー絵の作家さんです。)
参照 ↓ (小社サイト)
http://www.rakuhoku-pub.jp/book/27088.html



     * * *




近藤聡乃展  「KiyaKiya



会 期┃ 2011年10月11日(火)-11月12日(土)
      11:00-19:00 (日・月・祝休廊)

会 場┃ ミヅマアートギャラリー
東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F
TEL: 03-3268-2500/FAX: 03-3268-8844
http://mizuma-art.co.jp
有楽町線・南北線 市ヶ谷駅 出口5より徒歩5分
JR飯田橋駅西口、東西線・有楽町線・南北線・飯田橋駅出口 B2aより徒歩8分


地図 ↓
http://mizuma-art.co.jp/gallery_info/index.html


3年ぶりの個展となる本展は、新作アニメーション「KiyaKiya」とそのドローイング、油彩、スケッチで構成されます。

タイトルになっている「KiyaKiya」は「胸がきやきやする」という古い日本語から取った言葉です。近藤は、澁澤龍彦『少女コレクション序説』中の「幼児体験について」という一編で、この言葉と出会いました。「何とも説明しがたい、懐かしいような、気がかりなような気分」、「既視感(デジャ・ヴュ)」の気分を表すこの言葉の存在を知ったことが、「KiyaKiya」シリーズ制作のきっかけとなりました。

アニメーションでは、少女が紙芝居を演じ続けています。近藤は紙芝居のページの表裏に時差があること(観客が絵を見ながら聞いている話は、その前の絵の裏に描いてある。つまり紙芝居の紙の表裏には、1ページ分の時差がある。)に気づいた時、日常生活のすぐ後ろにある、ほんの少しずれた別の世界の可能性を感じたと言います。

作品中では、3つの世界が進行しています。どの世界にも同じ少女が存在し、それぞれの時間を過ごしながら、その軌道が少しずつずれ、互いに干渉し合い、入れ替わり、それでも気づかずにその軌道を回り続け、それを永遠に繰り返します。

本展は、ずっと忘れていた大事なことがあったような、それを今にも思い出してしまいそうな、そんな息苦しいような懐かしい体験をさせることでしょう。

また「KiyaKiya」のスケッチ原画集を弊ギャラリーにて先行発売いたします。


書 名┃ 近藤聡乃スケッチ原画集「KiyaKiya」
ブックデザイン:寄藤文平
発行日:2011年10月25日
ISBN:978-4-904292-16-7
仕様:A5変形/天糊並製/片面印刷/特色4色/角R
ページ数:402ページ
価格:2300円(税別)
発行 ナナロク社
http://nanarokusha.com/books/kiyakiya.html


新作アニメーション「KiyaKiya」のためのスケッチ原画200点を収録した、著者の初となる作品集。
ブックデザインは人気デザイナーの寄藤文平氏が担当。
透けのある本文用紙に、原画に忠実に特色4色で再現した、一枚一枚が重なった美しい一冊です。






上記画像
KiyaKiya
2010-2011
シングルチャンネル・デジタルアニメーション
6分39秒
Courtesy the artist and Mizuma Art Gallery
 
 
 
 
 
 
 

『釜ヶ崎のススメ』 発売しております






                 『釜ヶ崎のススメ』2011-10-17-001






発売中です。
書店にも並び始めております。
お急ぎの方は小社にご注文くださいませ。

(2011年10月17日)
 
 
 
  
 
 
 
 

『釜ヶ崎のススメ』、まもなく・・・









            『釜ヶ崎のススメ』、洛北出版発行、2011年10月10日-001


















いま、本書『釜ヶ崎のススメ』のwebページをつくっております
ご注文いただけるようになるまで、あと少し
お待ちくださいませ。たいへん、すみません

webページをアップいたしました。(2011年10月12日水曜日)
http://www.rakuhoku-pub.jp/book/27149.html



仕 様

釜ヶ崎のススメ
 原口 剛・稲田七海
 白波瀬達也・平川隆啓 [編著]

 四六判・並製・400ページ
 本体価格 2,400円 (税別)
 発行 洛北出版
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「ヴィデオ映像の哲学」講演および上映













                 洛北出版『出来事のポリティクス』ラッツァラート著

































イベント・講演会

立教大学
心理芸術人文学研究所主催 現代心理学部共催



「ヴィデオ映像の哲学」講演および上映




講演者のイタリアの哲学者マウリッツィオ・ラッツァラート氏は、情報が大きな役割を占める今日の資本主義の世界を、とりわけ情報、映像、記号の生産や受容という観点から考察している。

グローヴァル化した世界における映像表現が、むしろ現代が忘れつつある身体的な次元に敏感に対応しうるということを、映像制作にもかかわりつつ、哲学的に考察している。

これは現代心理学部における映像と身体にかかわる研究、探求にも多大な示唆をもたらす研究であり、また広く現代社会において映像や情報がどのような変化をもたらしつつあるかを再考する機会ともなりうる。

ラッツァラート氏とともに、とりわけヴィデオ映像の研究制作という面から、共同の探求を続けているアンジェラ・メリトプーロス氏の映像の上映もおこなって、ともに討議する。




日 時┃ 2011年10月18日(火)18:00~21:00

場 所┃ 立教大学新座キャンパス 6号館3階 ロフト2(N636教室)
      埼玉県新座市北野1-2-26


講 師┃

Maurizio Lazzarato(マウリッツィオ・ラッツァラート)┃
1955年イタリア生まれ。社会学者、哲学者、フランスの政治思想誌『Multitudes』編集委員、訳書として『出来事のポリティクス』(洛北出版)がある。


Angela Melitopoulos(アンジェラ・メリトプーロス)┃
映像作家、ケルン・メディアアートアカデミー、ポツダム大学などで講義を担当、ヨーロッパ各地で、ヴィデオ作品を発表する。ラッツァラート氏とともに「フェリックス・ガタリとアミニズム」というテーマで、ベルリン世界文化センターで展示を行うなど、共同作業をしている。


※通訳あり
対象者┃ 一般、学生、教職員、校友。
※申込不要、入場無料(定員178名)
問合せ先┃ 立教大学現代心理学部


詳しくは ↓(立教大学現代心理学部)
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2011/10/9721/
 
 
 
 
 

10月のさまざまなイベント









   洛北出版2011-10-6-001


























下記、10月からはじまるさまざまなイベントです。
アースインテグレートのKさんよりご案内を頂戴しました。

以下、転載いたします。
日時と場所は再度お確かめのうえ
お出かけくださいませ。



        * * *



柴田尚美 豆本展

手紙 ― 12通手紙にたくす 伝えたかった思い


と き┃ 2011年9月29日(木)~10月11日(火)
      11:00~20:00

ところ┃ alphabet
      電話075-702-3498
      京都市北区上賀茂桜井町101 エデン北山1F
      *地下鉄烏丸線北山駅4番出口北山通りを西へ5分。

http://www.alphabet123.com/


ちっちゃくてかわいい温かみのある手づくりの豆本をつくられている、豆本作家「おまめ」こと柴田尚美の展覧会です。

HP「おまめ」
http://www.geocities.co.jp/omamebook/



        * * *



古本祭り
第11回

四天王寺秋の大古本祭り


と き┃ 2011年10月6日(木)~11日(火)
      10時~17時(最終日 16時)

ところ┃ 四天王寺境内
      電話06-6771-0066
      大阪市天王寺区四天王寺1丁目11-18


◇特集:「哲学の秋」
◆目録希望の方は300円分の切手同封の上、<古書楽人館>までお申込み下さい。9月中旬発送予定です。
   即売展目録 <古書 楽人館>
   543-0026 大阪市天王寺区東上町1-48
   ★お問い合わせ事務局:古書楽人館
http://kankoken.blog11.fc2.com/



        * * *



第14回
天神さんの古本祭り


と き┃ 2011年10月7日(金)~11日(火)
      10時~17時(最終日 16時)

ところ┃ 大阪天満宮境内
      大阪市北区天神橋2丁目1番8号


◇特選合同古書目録「萬巻25号」を発行
http://osaka-koshoken.com/?eid=23
※ご希望の方は「厚生書店」まで。



        * * *



講 座
古文書はこんなに面白い

講師  油井宏子


と き┃ 2011年10月8日(土)
       14:00~16:00 *受付開始 13:30~

ところ┃ センタープラザ西館 6階 9号室
      神戸市中央区三宮町2-11-1

受講料┃ 1,000円

定 員┃ 100名(申込み制)

主 催┃ ジュンク堂書店三宮店


古文書に興味のある人、くずし字が読めるようになりたい人に朗報!
人気古文書講師「油井宏子」が、古文書の魅力と面白さをたっぷりと教えてくれます。わずか2時間で驚くほどに上達します。
※問い合わせ先ジュンク堂書店三宮店古文書講座係
 電話:078-392-1001

〔サイン会〕 講座終了後サイン会を行いますが、会場では書籍の販売が出来ません。ご希望の方は、ジュンク堂書店三宮店5階で購入の上ご来場ください。


講師紹介
油井宏子 (あぶらい・ひろこ)
千葉県生まれ。公立中学校教諭を経て、1989年より古文書講師として全国各地を行脚しながら、古文書の楽しさや面白さを伝えている。
著書に最新刊『絵で学ぶ古文書講座』、ほかに『そうだったのか江戸時代』、『古文書はじめの一歩』、『江戸が大好きになる古文書』、『古文書はこんなに面白い』、『古文書はこんなに魅力的』(いずれも柏書房)、『江戸奉公人の心得帖』(新潮新書)がある。



        * * *



きょうと小冊子セッション

恵文社 × ガケ書房 共同開催


と き┃ 2011年10月18日(火)~31日(月)

ところ┃ ガケ書房 + 恵文社ギャラリーアンフェール

http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/map_set.htm

http://www.keibunsha-books.com/html/newpage.html?code=15


出品者
APIED/稲盛有紀子/大橋裕之/大原大次郎/
荻原魚雷/甲斐みのり/三角波/cochae/
こんどうみき/五所純子/尻プロダクション/
屯風/日菓/ぱんとたまねぎ/ひろせべに/
堀道広/makomo/松本伸哉+早川宏美/
モダンジュース/山川直人



        * * *



赤塚不二夫マンガ大学展


と き┃ 2011年10月29日(土)~12月25日(日)

ところ┃ 京都国際マンガミュージアム
      京都市中京区烏丸通御池上ル
http://www.kyotomm.jp


戦後マンガのみならず時代そのものを牽引してきた天才マンガ家の"再発見"を目的としたプロジェクト!
 11月2日(水)は臨時開館します。
当日は入場料が無料となります!
http://kyotomm.jp/s/C8


関連イベント

藤子不二夫(A)トークショー
10月29日(土)午後2時~3時30分


対談「水野英子×竹宮惠子」

12月17日(土)午後2時~4時



        * * *



フェスタ2011 特別講演

西加奈子
読書がもたらすもの小説は作者と読者の共同作業


と き┃ 2011年11月2日(水)
      午後7:00~8:30

ところ┃ さいかくホール 大阪府新別館北館1階
http://www.pref.osaka.jp/attach/4002/00080326/saikaku-map.pdf

受 講 料┃ 500円 

定 員┃ 150名(先着順)

募集期間┃ ~10月21日(金)

★申込方法・・・下記 ↓ にてご確認ください。
http://www.pref.osaka.jp/bunka/news/festa.html



        * * *



第52回
東京名物 神田古本まつり


と き┃ 2011年10月27日(水)~11月3日(木・祝)

ところ┃ 神田神保町古書店街
     (靖国通り沿い・神田神保町交差点他)

参加店┃ 約100店舗 出品点数 のべ100万冊余

BOOK TOWN じんぼう ↓
http://jimbou.info/news/furuhon_fes_index.html

主 催┃ 千代田区・神田古書店連盟



昭和35年に初開催の『東京名物・神田古本まつり』も本年で第52回になります。この間古書店街の最大行事として規模を拡大し続けています。読書週間に併せたこの催事には書物に関する様々なイベントを通じて、多くの読書人の期待に応え、東京の風物詩の一つに数えられるようになり、全国さらに
は海外からも神田神保町を訪ねて来られ、東京の名物行事にふさわしい催しと自負いたしております。



        * * *



秋の古本まつり
古本供養と青空古本市


と き┃ 2011年10月29日(土)~11月3日(木)

ところ┃ 百萬遍知恩寺境内
      京都市左京区田中門前町103


参加店舗

赤尾照文堂/石川古本店/欧文堂/其中堂/
三密堂書店/紫陽書院/シルヴァン書房/
竹岡書店/谷書店/津田書店/萩書房/
福田屋書店/ふみ書房/ヨドニカ文庫

主 催┃ 京都古書研究会
http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/event.html


 
 
 
 
 

ブックフェア 「思想のニュー・ジェネレーション」









   洛北出版2011-10-4-001



















思想のニュー・ジェネレーション
 73~85年生まれ/現代思想の牽引者たち
http://www.kinokuniya.co.jp/store/Shinjuku-Main-Store/20110918142950.html



紀伊国屋書店新宿本店
   5階哲学・思想フェア台

会期┃ 2011年9月14日~10月31日



     * * *


小社刊行の『タルド』の著者・中倉智徳さんも
選ばれています。
 
 
 
 

 
 
 
    洛北出版2011-10-4-002

  
 
 
 
 
 

10月、、、、、、、、








        2011-10-2-001

























        2011-10-2-002





 
 
 
 
 

熊澤未来子 展、2つ












     熊澤未来子展、2011年10月~





















熊澤未来子 展27

日時┃ 10月3日(月)-11月10日(木)
     12:00-17:00 (土・日・祝休廊)入場無料
オープニングレセプション:10月3日(月)17:00-19:00

場所┃ 第一生命南ギャラリー

「第一生命南ギャラリー」
東京都千代田区有楽町1-13-1DNタワー21 第一生命本館1F
tel:050-3780-6950
http://www.dai-ichilife.co.jp/company/dsr/society/contribution/gallery.html

     * * *



熊澤未来子 展

日時┃ 10月8日(土)-11月12日(土)
     11:00-17:00 (日・祝休廊)入場無料
*10/25-10/28および11/1-11/3は休廊、10/30は開廊
アーティストトーク+レセプション:10月13日(木)16:30-

場所┃ gFAL
「gFAL/Gallery of The Fine Art Laboratory」
武蔵野美術大学 2号館1階
東京都小平市小川町1-736
TEL:042-342-6050 (日本画学科研究室)

JR中央線国分寺駅乗換、西武国分寺線鷹の台駅下車徒歩20分
JR中央線国分寺駅北口から西武バス武蔵野美術大学下車
http://www.musabi.ac.jp/topics/exhibition/20110930_koho2_01.html





 画 像
 《より未来へ》2010
 パネル、ジェッソ、鉛筆
 227x363.6cm
 (c)KUMAZAWA Mikiko
 Courtesy Mizuma Art Gallery


より詳しくは ↓ (ミズマアートギャラリー)
http://mizuma-art.co.jp/top.php
 
 
 
 
 
 
 

『甦る相米慎二』








        『甦る相米慎二』

















甦る相米慎二
木村建哉・中村秀之・藤井仁子 編


四六版・上製・448頁
2011年9月30日発行
インスクリプト


「映画監督・相米慎二(1948-2001)。80~90年代の

日本映画界を疾走し多くの観客に深甚な感化を与えながら、

21世紀のとば口で逝った相米を、いまここに甦らせる。

『セーラー服と機関銃』『ションベン・ライダー』

『台風クラブ』『お引越し』ほか

13作にわたる相米映画の原点、軌跡、

そして未来 ─ そのすべてを収める決定版・相米慎二論。

聞き下ろしスタッフ・インタビュー、

黒沢清・篠崎誠対談、さらに相米慎二講演録を特別収録。」


目次など、詳しくは ↓(インスクリプト)
http://inscriptinfo.blogspot.com/2011/09/10.html


     * * *

小社刊行の『密やかな教育』の著者、石田美紀さんも
書いていらっしゃります。


     * * *

イベントや上映企画がいくつかあるようです。
神戸資料館、アテネ・フランセ文化センター、
第12回東京フィルメックスなど。

詳しくは上記webサイトをご覧ください。
 
 
 
 
 
 

『労働再審4 周縁労働力の移動と編成』






        『労働再審4 周縁労働力の移動と編成』


















 『労働再審4 周縁労働力の移動と編成

  西澤晃彦 編


  四六判・上製・268頁
  2011年9月9日発行
  大月書店




「空間・移動という視点で、

戦前戦後の出稼ぎや集団就職、

「寄せ場」から現代のワーキングプアまでを貫く、

特異かつ根源的な労働論。」


目次など、詳しくは ↓(大月書店)
http://www.otsukishoten.co.jp/book/b93713.html

 
     * * *

小社刊行予定の『釜ヶ崎のススメ』の
編著者のひとり、原口剛さんも書いて
いらっしゃります。




 
 
 
 
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード