スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・M・クッツェーの新刊









   『 遅い男 』 J・M・クッツェー
























  『 遅い男 』


  J・M・クッツェー
  鴻巣友季子 訳










四六判・上製・334頁
2011年12月25日発行
早川書房



カバーの袖の紹介文を引用

右側からガツンときて、感電したかのような、

思いもよらぬ鋭い痛みが走り、

彼は自転車からふっ飛ぶ――。



六十代の独身男ポール・レマンは

自転車の事故で片脚を失った。

医師は義足を勧めるが、ポールは

かたくなに拒否、アデレードの

自分のフラットで要介護の暮らしを始める。

かつて離婚を経験し、その後は

勝手気ままに暮らしてきた。それゆえに、

福祉事務所から紹介される介護士たちの

年寄り扱い、子供扱いへの苛立ちは募るばかり。

彼は人生に絶望しかかっていた。そんな折、

ポールのもとにマリアナ・ヨキッチという

介護士が送られてくる。仕事熱心で美しい

マリアナに、ポールは惹かれていく。だが、

彼女には夫と子どもたちが。ポールは

マリアナに愛を伝えようと苦心するが、

見知らぬ女性作家の出現が

彼の人生のさらなる混乱へと導くのだった。

ノーベル賞作家の傑作長篇。














    『 恥辱 』J・M・クッツェー











  『 恥辱 』

  J・M・クッツェー
  鴻巣友季子 訳






2007年7月15日 文庫版発行
( 単行本は、2000年11月に刊行 )
文庫、349頁
早川書房





カバー裏の紹介文を引用


〈ブッカー賞受賞〉現代文学史上に輝く、
ノーベル賞作家の代表作。
生徒と関係を持った大学教授は……。



52歳の大学教授デヴィッド・ラウリーは、

2度の離婚を経験後、娼婦や手近な女性で

自分の欲望をうまく処理してきた。だが、

軽い気持ちから関係を持った女生徒に告発

されると、人生は暗転する。大学は辞任に

追い込まれ、同僚や学生からは容赦ない批判

を受ける。デヴィッドは娘の住む片田舎の

農園へと転がりこむが、そこにさえ厳しい

審判が待ち受けていた。

 


J・M・クッツェー

1940年、南アフリカのケープタウン生まれ。

コンピュータ・プログラムや言語学を

南アフリカとアメリカで学ぶ。

1974年、『ダスクランド』で長篇デビュー。

In the Heart of the Country (1977)と

Waiting for the Barbarians (1980)で、

南アフリカで最も権威あるCNA賞を受賞。

1983年に発表した『マイケル・K』で、

英国のブッカー賞、フランスのフェミナ賞を

受賞するなど世界中で高く評価される。

『恥辱』で、前人未踏の二度目のブッカー賞を

受賞した。現在は、オーストラリア在住。
 
 
 
   * * *
 

ようやく『 遅い男 』の日本語版が
刊行された。待ちに待ったご本。



 
 
    
     
       
                
スポンサーサイト

test 2012-1-27-002






   2012-1-27-1102
















   2012-1-27-1103




 
 
 
 
 
    
   

『 いまだない世界を求めて 』








   『 いまだない世界を求めて 』 ロドルフ・ガシェ

























 『 いまだない世界を求めて 』


  ロドルフ・ガシェ Rodolphe Gasche
  吉国浩哉 訳




四六判・並製・256頁
2012年1月30日発行
月曜社






引 用 ↓

日本版オリジナル論集。

ハイデッガー、レーヴィット、デリダを

読み解き、

美学、政治哲学、倫理学の問いへと

現象学的思考を解き放つ。

ヴェテランの半生を詳しく

振り返るロング・インタビューを付し、

知られざるその思想的境位を明かす。





詳しくは ↓ (月曜社)
http://getsuyosha.jp/kikan/isbn9784901477901.html


   * * *

本文用紙も、カバーと同じ色(あさぎ色)の紙が使われており、
なおかつ、刷り色には濃緑のインクが使われています。
可読性はまったく、そこなわれておりません。
書店で手にとって、ご覧ください。
うつくしい書物です。


   
   
   
    
     
    

test 2012-1-27-001






   2012-1-27-1101
 





 
 
      
   
    
   

『 吉田健一  生誕100年 最後の文士 』










   『 吉田健一 ―― 生誕100年 最後の文士 』



















  道の手帖シリーズ

『 吉田健一
  ―― 生誕100年 最後の文士 』











生誕100年を迎える天性の文人の魅力。
インタビュー・吉田暁子、長谷川郁夫、松浦寿輝、
対談・金井美恵子×丹生谷貴志、
エッセイ・保坂和志、清水徹 他、
未刊行文章など多数。




2012年2月28日発行
河出書房新社
A5判・並製・191頁


シリーズ KAWADE道の手帖 ↓
http://www.kawade.co.jp/np/search?ser_id=74000



   * * *

ほかには、青山真治氏、朝吹真理子氏による
エッセイも、収録されております。
 
 
 
 
 
 

重版 ― 完成、出荷、『釜ヶ崎のススメ』






   『釜ヶ崎のススメ』2011-9-21-001










   『釜ヶ崎のススメ』 ――――
   先週金曜日に、重版が完成しました。
   そして、すぐに取次会社に納品いたしました。
   遅くなり、すみませんでした。
 
  
  
  
   
    

ビブリオテックによる 「廣瀬 純 連続講座」






  廣瀬 純 連続講座@ビブリオテック-1




























廣瀬 純 連続講座@ビブリオテック-2



































廣瀬 純 連続講座@ビブリオテック-3




廣瀬 純 連続講座@ビブリオテック-4












『 蜂起とともに愛がはじまる 』 (河出書房新社) 刊行記念


廣瀬 純 連続講座(全2回)


Ainsi s'insurgent les amoureux
(こうして恋人たちは蜂起する)




日 時:第1回 2012年2月11日(土、祝)
     第2回 2012年3月3日(土)
    15:00~17:00(14:30開場)
*各トークショー単独予約も可能
参加費:1,500円(当日精算・各1回につき)
★ 予約制


予約方法など、詳しくは ↓ (ビブリオテック)
http://www.superedition.co.jp/biblio/event/2012/0211.html



Ainsi s'insurgent les amoureux
こうして恋人たちは蜂起する




「ある国が長い衰退期を経て昏睡あるいは崩壊状態に陥った場合、その救済をやむなく何らかの革命運動に見出すということはあり得ぬことではない。しかしそうした運動はそれ自体で直接、救済となるわけではない。特定の理念や傾向を担うものという資格で救済となるわけではないのだ。革命運動に救済的な何かがあるとすれば、それはまさに最もそう思えないもの、すなわち、それがもたらすアナーキー、それが生み出す暴力的混乱なのだ」(フェルナンド・ペソア「革命的偏見」1919年)。




第1回 Insurrection et cinema
( 蜂起と映画 )

映画作家ジャン=リュック・ゴダール曰く「今日もなお、作る権利のある映画を作ることのほうが、生きる権利のある生を生きることよりも、幾分かは容易であるように思われる。」 健康で文化的な最低限度の生活を営む権利が問題なのではもちろんない。革命への権利、革命を生きる権利が問題なのでもない。蜂起への権利、蜂起を生きる権利が問題なのであり、文学者モーリス・ブランショが「文学と死ぬ権利」を語った際の、その「死ぬ権利」、すなわち、死を生きる権利が問題なのだ。「私は死を恐れていません。死を直視するときに引き起こされる感覚はアナキストのそれであり、既存の社会のあり方を脅かすものなのです」(ヴェルナー・シュレーター)。




第2回 Zeichen unter uns...
( 徴(しるし)は至る所に...... )

ミシェル・フーコー『監獄の誕生』からフリッツ・ラング『M』、オーソン・ウェルズ『オセロ』を経て、マノエル・デ・オリヴェイラ『メフィストの誘い』へ。すなわち、「顔をもたない敵」を日常生活のただなかに書き込む企てから、イアーゴの囁き、聖書配布人の知らせ(シャルル=フェルディナン・ラミュ)を経て、「説明不在の光のなかいっぱいに広がる記号の横溢」へ。要するに、「三面記事」がいかにして蜂起を準備するまでに至るのか。「世界が作られたのは、我々がそれについて考えを巡らすためではなく、共感をもってそれを見るためだ。愛することは永遠の無垢であるが、唯一の無垢とは思考しないということなのだ」(ペソア)。




講師プロフィール
廣瀬 純(ひろせ・じゅん)
1971年生まれ。龍谷大学経営学部准教授。著書『美味しい料理の哲学』(河出書房新社)、『闘争の最小回路』(人文書院)、『シネキャピタル』(洛北出版)、『闘争のアサンブレア』(共著、月曜社)。訳書、ネグリ『未来派左翼』(日本放送出版協会)、同『芸術とマルチチュード』(共訳、月曜社)、ベラルディ(ビフォ)『NO FUTURE』(共訳、洛北出版)他。



書籍情報
蜂起とともに愛がはじまる思想/政治をめぐる32章
発行:河出書房新社
価格:1,890円(税込)
世界を破壊する思想入門!
はげしく揺れる大地と民衆たちの彼方を最もラディカルな思想/政治/表現が交差する地点から「叛乱の叛乱」を招き寄せる俊英の疾走する思考。
 
  
  
   
   
    
    
   

音楽CD 「黄昏とピアノ」








     「黄昏とピアノ」、rimacona



















            「黄昏とピアノ」、rimacona、NO2

















   「 黄昏とピアノ 」
   rimacona









その清澄な音は ↓ で聴くことができます。
http://www.rimacona-lab.com/j_disc.html




rimacona (リマコナ)
京都を拠点に活動する
柳本奈都子(ボーカル)と
原摩利彦(ピアノ)によるユニット。






近所にある prinz でその存在と活動を知り、
ガケ書房でCDを購入する。


  
   
   
   
  


大阪 深南部 Deep South/ブックフェア






  大阪 深南部 Deep South/ブックフェア(予告)











   ブックフェア

   大阪 深南部 Deep South



   2012年 2月~
   ジュンク堂書店 難波店




詳細は、順次アップいたします。


ブックフェアのほか、

大阪 深南部 Deep South の

パネル展示、プロジェクター映写、パンフレット配布

などなど、

複数の企てを行なう予定です。



「いつからスタートで、いつまで」というイベント

とは異なり、

始発駅や行き先の目的地を決めずに、

走っている列車に飛び乗って車両を移動しつつ、

いくつかの企てを

並行してすすめていきます(予定)。



まずその第一弾として、最初は小規模ではありますが、

ブックフェアを 1月22日から始めます。

最初は、40点ほどの本を選書させていただきました。

本は、その後、追加していき、ブックフェアの輪郭を

より際立たせていきます(たぶんね)。







   
    
     
    
    
   

酒井隆史さん、トークイベント、ジュンク堂書店 難波店



   通天閣は見た!―大阪ディープサウス100年の光芒









ジュンク堂書店 難波店


トークイベント
酒井隆史さん

――『通天閣』(青土社)刊行記念

  通天閣は見た!
  ―― 大阪ディープサウス100年の光芒


2012年 1月22日(日)
PM 3:00~
★ 入場無料


ジュンク堂書店 難波店
3Fカウンター前 特設会場

参加ご予約は3Fカウンターまで
または電話予約 06-4396-4771



ジュンク堂書店 難波店
大阪市浪速区湊町1丁目2-3
マルイト難波ビル3F・B1F
06-4396-4771/FAX:06-4396-4781
営業時間: 10時~21時

★ アクセス
難波駅より徒歩1分/四つ橋線なんば駅より徒歩1分
御堂筋線なんば駅より徒歩5分/千日前線なんば駅より徒歩1分
近鉄難波駅より徒歩5分/南海難波駅より徒歩5分

http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-namba.html
  
  
  
 
 
 
 
  
  
  

test-002








     2012-1-6-004





















     2012-1-6-005



  
 
 
  
  
  












     2012-1-6-006
  
  

  
  

 
   
  
 
   

  

  

  
  

  

表紙の、かっこいい男性








     2012-1-6-001
















2012-1-6-002










  「Casa ブルータス」 2011年10月号
http://magazineworld.jp/casabrutus/139/read/


 
 
   
  

雑談。 グールドによるバッハ






     グールドの、バッハ「ゴルトベルク変奏曲」














きわめて
私的な伝言 ――



先日は失礼。
そのさい話していたグールドの、
バッハ「ゴルトベルク変奏曲」↓(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=0RInThW6F9U&feature=fvwrel


気に入ったらCDを買い求めてください。
録音年によっていくつかのヴァージョンがあるから
注意してほしい。


また、書籍は、みすず書房から複数、出ているから
書店で実際に手にとって見てください。



そして、

「パルプ・フィクション」のトレイラーは ↓(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=lDbSbOsoRnY



「時計じかけのオレンジ」のトレイラーは ↓(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=v7_40Y393xI&feature=related


返信は一切、不要。
 
 
 
 
 
 

営業いたしております。






     2012-1-1-001















     2012-1-1-002

















     2012-1-1-003

  
















     2012-1-1-004









昼ごはんを食べようと、いつもの定食屋へ行く。
休みだった。今日は元旦だったんだ。

きやすめに、近くの吉田山に行く。
「山路を登りながら、こう考えた」なんてことを
いっさい思わせない、間の伸びきったような山だ。

近くに住みながら、はじめて登った。
 

本年も、よろしくお願いいたします。
小社はこの正月期間も営業いたしております。
お急ぎの書籍がございましたら、小社に
ご連絡くださいませ。

 
 
 
       
 
 
   
     
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。