スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマゾンでの表示 2012年 7月 27日午前 11時時点








     『親密性』 レオ・ベルサーニ&アダム・フィリップス著/檜垣立哉+宮澤由歌(訳)no08








レオ ベルサーニ & アダム フィリップス 著
『親密性』
のアマゾンでの表示が、
2012年 7月 27日午前 11時時点で、
「この本は現在お取り扱いできません」
になっておりますが、アマゾンに補充納品いたしましたので、
まもなく表示が変わりご利用いただけるようになると
思います(たぶん)
http://www.amazon.co.jp/dp/4903127168/
    
  追 記
  2012年 8月 5日午後 7時時点で、
   「在庫あり」
  の表示になっております。



もしお急ぎのかたで、書店に行かれない場合は、小社の
webサイトからご注文くださいませ。おそれいります。
ご購入方法などは ↓ (洛北出版)
http://www.rakuhoku-pub.jp/howtoorder.html


   
   
   
   
   
   
  
  
  
  
  
  
スポンサーサイト

『主婦と労働のもつれ』の紹介記事



  「ふぇみん」2996号(2012.7.25)『主婦と労働のもつれ』の紹介記事










『主婦と労働のもつれ』の紹介記事が
「ふぇみん」2996号(2012.7.25)に、
掲載されました。


「ふぇみん」
http://www.jca.apc.org/femin/


書評のコーナー ↓
http://www.jca.apc.org/femin/book/index.html#b



   
   
                
          
            
            
        

「nobody」 37号








   「nobody」 37号











nobody」 37号
http://www.nobodymag.com/

2012年 7月 21日 発行



*特集 フィリップ・ガレル あるシネアストの肖像
[インタヴュー]フィリップ・ガレル / ヤン・ドゥデ /
ヴァンサン・マケーニュ /
キャロリーヌ・ドリュアス=ガレル

[対談]青山真治+町田マリー ほか

*CINEMA AROUND US

*日本映画のための挑発的資料
[インタヴュー]平島悠三(水戸短編映像祭ディレクター) / 北原豪+岡本英
最後の商売 第4回 三宅唱

*セルジュ・トゥビアナとの対話
フランソワ・トリュフォーと「カイエ・デュ・シネマ」(1) 梅本洋一

*第65回カンヌ映画祭報告
論争に対峙する世界―「普通」の映画祭 田中裕子
古き世界より Des nouvelles du vieux monde クレモン・ロジェ

*「社会派見学」第8回『株式会社ヨコシネD.I.A.』

*長い行進 第1回「フィルムについての楽しい知識のための予告」

*ロケーション 第4回「ションベン・ライダー」

*SOMETIME 第3回「ゲスト=川瀬陽太」 染谷将太

*世界のすべてをふりかえるために 第3回 小出豊

*悪文とは悪意の文章のことである 第8回 稲川方人

[インタヴュー]パウロ・ブランコ / 世武裕子 / 杉田協士

寄稿:伊藤丈紘 稲川方人 梅本洋一 黒岩幹子 小出豊 後閑広
染谷将太 田中裕子 三宅唱クレモン・ロジェ(Cle'ment Rauger)




詳しくは ↓ (nobody)
http://www.nobodymag.com/online_shop.html


   
   
   
   
   
   

「主婦の割り切れなさと向き合う」





週刊 読書人』 掲載記事
 村上潔 「主婦の割り切れなさと向き合う」
『週刊読書人』 2945号 (2012年6月29日) 9面
「(連載) ニュー・エイジ登場 【378】」

かねてご案内させていただきました記事の
全文を掲載いたします。クイックで
拡大できます。



    『週刊読書人』 2945号 (2012年6月29日) 9面
      拡大できます   
      



   

     『主婦と労働のススメ』 2012-6-10






   
                   
              
                
                 
           
         
      
  
      
 

「デリダとナンシーの脱構築について」







     「デリダとナンシーの脱構築について」











デリダとナンシーの脱構築について




日時┃ 2012年 7月 27日(金) 17:00~19:30

場所┃ 立命館大学衣笠キャンパス 第3研究会室(学而館2F)


テーマ
デリダとナンシーの脱構築について


報告者
ジゼル・ベルクマン
(国際哲学コレージュ プログラム・ディレクター)


討論者
亀井大輔 (立命館大学)
松葉祥一 (神戸市看護大学)
加藤恵介 (神戸山手大学)


司 会
加國尚志 (立命館大学)


※ 使用言語:フランス語
※ 日本語訳を配布、質疑応答は通訳有


詳しくは ↓
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/study/new_e12.html



   
   
   
   
   
   

『親密性』 発売








    『親密性』 レオ・ベルサーニ&アダム・フィリップス 著








 発売中

 書店に、まもなく、並びはじめます。


  
   
   
   
   
   
   
   
    

『女子・結婚・男選び ― あるいは〈選ばれ男子〉』







           『 女子・結婚・男選び ― あるいは〈選ばれ男子〉 』







『 女子・結婚・男選び ―― あるいは選ばれ男子〉 』
  高田里惠子 




2012年 7月 10日発行
新書判・並製・282頁
ちくま新書(筑摩書房)






オビのことば



憧れと
打算を抱えて ――

女子最大の問題、それはもちろん男選び。
打算と尊敬と幻滅が錯綜する悲喜劇を
近代文学を題材に読み解く。
さあ、「女の子いかに生くべきか」。
男子も女子も必読!



詳しくは ↓ (筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480066749/









        高田里惠子 著(001)










        高田里惠子 著(002)










       高田里惠子 著(003)









       高田里惠子 著(004)










        高田里惠子 著(005)






  
    
      
       
                  
               

「陰影論」講義 戸田ツトム






       「陰影論」講義 戸田ツトム


     








「陰影論」講義 戸田ツトム
 ― 出版の報告とレクチャー



日時┃ 2012年 7月 18日(水) 17:30~19:00

場所┃ 神戸芸術工科大学内 セレンディップ・カフェ

事前申し込み不要、参加費無料

主催┃ 神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン学科


詳しくは ↓ (神戸芸術工科大学)
http://www.kobe-du.ac.jp/2012/07/33478/


   
   

   
   
   
    
     
   
   
    
   

『ele-king』に『主婦と労働のもつれ』の書評







        『主婦と労働のススメ』 2012-6-10











音楽 Webマガジン『ele-king』に
主婦と労働のもつれ』の書評が掲載されました。



Book Reviews
村上 潔 『主婦と労働のもつれ――その争点と運動』

水越真紀 筆   2012年7月2日

ele-king
http://www.ele-king.net/review/book/002224/


とりあげてくださったばかりか、
ひじょうにうまくまとめてご紹介くださり、
うれしい書評です。



水越真紀氏には、共著として、

ゼロ年代の音楽 ビッチフォーク編』 (2011年 河出書房新社)
参考 「サイゾー」の記事(対談) ↓
http://www.cyzowoman.com/2011/07/post_3539.html

NO!! WAR(2003年 河出書房新社)

ele-king Vol.6(2012年 Pヴァイン・レコード)
http://www.amazon.co.jp/dp/4906700411/

などがあります。
 
   
   
     
      
       
           

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。