スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近刊 『体制の歴史――時代の線を引きなおす』









       『体制の歴史――時代の線を引きなおす』天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著、佐藤量、松田有紀子、小泉義之、福間良明、酒井隆史、石田智恵、近藤宏、冨田敬大-1










        『体制の歴史――時代の線を引きなおす』天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著、佐藤量、松田有紀子、小泉義之、福間良明、酒井隆史、石田智恵、近藤宏、冨田敬大-2











       『体制の歴史――時代の線を引きなおす』天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著、佐藤量、松田有紀子、小泉義之、福間良明、酒井隆史、石田智恵、近藤宏、冨田敬大-3


        














       『体制の歴史――時代の線を引きなおす』天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著、佐藤量、松田有紀子、小泉義之、福間良明、酒井隆史、石田智恵、近藤宏、冨田敬大-4
       クリックで拡大します。








体制の歴史――時代の線を引きなおす
天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著


四六判・並製・608頁
定価【本体価格 1,880円+税】
洛北出版 発行


本書は、メジャーな「体制」の歴史に、マイナーな「体制」の歴史の視座を持ち込むことで、メジャーな「体制」の歴史を批判的にとらえかえそうとする書である。たとえば、本書は、直接的に「福祉国家体制」や「治安体制」や「グローバル経済体制」を扱ってはいないし、それらに対する内在的批判も行なっていない。本書が企図しているのは、こうしたメジャーな体制が取りこぼしてきた人々や問題や生活のあり様から、別の「体制」といった視座を打ち立てることで、これまでの「体制」の歴史に新たな分断線や補助線を引くことである。





     『体制の歴史――時代の線を引きなおす』天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著、佐藤量、松田有紀子、小泉義之、福間良明、酒井隆史、石田智恵、近藤宏、冨田敬大-5
     表紙 クリックで拡大します。






     『体制の歴史――時代の線を引きなおす』天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著、佐藤量、松田有紀子、小泉義之、福間良明、酒井隆史、石田智恵、近藤宏、冨田敬大-11
      目次1 クリックで拡大します。


     『体制の歴史――時代の線を引きなおす』天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著、佐藤量、松田有紀子、小泉義之、福間良明、酒井隆史、石田智恵、近藤宏、冨田敬大-12
      目次2 クリックで拡大します。


     『体制の歴史――時代の線を引きなおす』天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著、佐藤量、松田有紀子、小泉義之、福間良明、酒井隆史、石田智恵、近藤宏、冨田敬大-13
      目次3 クリックで拡大します。


 
     『体制の歴史――時代の線を引きなおす』天田城介・角崎洋平・櫻井悟史 編著、佐藤量、松田有紀子、小泉義之、福間良明、酒井隆史、石田智恵、近藤宏、冨田敬大-0015
      目次4 クリックで拡大します。







目 次


はじめに【角崎洋平・櫻井悟史】

   * * *

第1部
生存の体制
  ―― 労働と社会関係のエコノミー




◆ 1章 【天田城介】
戦時福祉国家化のもとでのハンセン病政策
  ―― 乞食労働都市雑業労働の編成

   当事者の歴史記述をいかに診断するか
   当事者の語る歴史を受け止めた上で歴史を診断する
   本妙寺集落の形成と変容
   本妙寺集落の自治組織化
   本妙寺集落の消滅
   戦時動員体制/戦時福祉国家化体制での乞食労働・都市雑業労働の変容
   創造的な歴史の導き方



◆ 2章 【角崎洋平】
構想される生業への経路
  ―― 貸付による離陸

  「測量」する者による貸付
   福祉的貸付制度史の断絶を埋める ―― 戦後直後の実践と構想
   戦後の福祉的貸付と民生委員
  「生業」という「離陸」経路の縮小
   おわりに



◆ 3章 【佐藤 量】
満洲開拓者の再定住と生活再建

   はじめに
   満洲引揚げ者と米ソ冷戦
   満洲開拓者の人的つながり
   開拓者ネットワークと生活再建
   おわりに



◆ 4章 【松田有紀子】
女の町の変貌
  ―― 戦後における京都花街の年季奉公をめぐって

    はじめに
   「女の町」の年季奉公体制
   「女の町」の転換期
   「女の町」における労働者の発見
   「女の町」の変貌
    おわりに


   * * *


第2部
セキュリティの体制
  ―― 体制批判の時代とその時代性




◆ 5章 【小泉義之】
精神衛生の体制の精神史
  ―― 1969年をめぐって

  「批判」「改革」と「反」「脱」
   社会防衛の下での医療化
   精神医療の拡大 ―― 学会の改革(1969年)
   精神と心理の統治体制へ



◆ 6章 【櫻井悟史】
笞刑論争にみる死刑存置を支える思考様式

   苦痛を与えることを目的とする刑罰の系譜
   明治期の刑罰思想小史 ―― 小河滋次郎の戦略的撤退
   笞刑を支える輿論 ―― 笞刑論争の背景と後世の歴史診断
   刑罰における苦痛をめぐる争い
   痛苦懲戒主義の間欠泉としての死刑



◆ 7章 【福間良明】
叛逆者としての磯部浅一の発見
  ―― 『日本暗殺秘録(1969年)をめぐって

   「打算」と「浅慮」――『日本暗殺秘録』前史
   「磯部浅一」映画の誕生
   「磯部浅一」のその後



◆ 8章 【酒井隆史】
Notes on the Snake Dance / Zigzag Demonstration

   A Year of Snake Dance ―― 1960年
   Snake Dance phase 2 ―― 1945年から 1960年まで
   ジグザグ・デモと「へたりこみ(坐り込み)」―― 路上のイニシアチヴ
   転換点
   ジグザグ・デモ ―― 批判の経緯と論点
   ジグザグ・デモ規制と抵抗 ―― フランス・デモの誕生
   roots of the snake dance
   おわりに


   * * *


第3部
周辺の体制/体制の周辺
―― 体制変容の只中での少数派たち




◆ 9章 【石田智恵】
集団の名集団の顔
  ―― アルゼンチンの社会変動とニッケイ

   他者化の体制―― 20世紀前半
   白人の国の東洋人
  「移民/国民」の新たな形象と体制の変容
  「ニセイ」と「ニッケイ」のあいだ
   おわりに



◆ 10章 【近藤 宏】
アポリアを生み出す自主管理
  ―― パナマ東部先住民エンベラから見る先住民統治体制

   実現しなかった強制退去
   特別区という制度
   代表制と国内移民
   先住民共同体をかたどる言説編成
   行政区化がもたらすアポリア



◆ 11章 【冨田敬大】
モンゴル牧畜社会における2つの近代化
  ―― 開発政策の転換と都市近郊の牧畜経営をめぐって

   国家体制の転換
   社会主義期
   ポスト社会主義期
   おわりに


◆ 終章 体制の歴史 ―― 時代の線を引きなおす(天田城介)

あとがき


     * * *



執筆者(五十音順)


天田城介(あまだ・じょうすけ) 編著者
1972年生。立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。社会学。
著書として『〈老い衰えゆくこと〉の社会学』(多賀出版、2003年→〔増補改訂版〕2010年/第3回日本社会学会奨励賞「著書の部」受賞)、『老い衰えゆく自己の/と自由――高齢者ケアの社会学的実践論・当事者論』(ハーベスト社、2004年→〔第二版〕2013年夏刊行予定)、『老い衰えゆくことの発見』(角川学芸出版、2011年)ほか。編著として天田城介・村上潔・山本崇記編『差異の繋争点――現代の差別を読み解く』(ハーベスト社、2012年)、天田城介・北村健太郎・堀田義太郎編『老いを治める――老いをめぐる政策と歴史』(生活書院、2011年)など。



角崎洋平(かどさき・ようへい) 編著者
1979年生。立命館大学大学院先端総合学術研究科在籍・日本学術振興会特別研究員。福祉政策論・福祉理論。
編著として『歴史から現在へのアプローチ(生存学センター報告17)』(立命館大学生存学研究センター、2012年)。論文として「なぜ〈給付〉ではなく〈貸付〉をするのか?―― Muhammad Yunusの〈貸付〉論と「市場社会」観の検討」(『コア・エシックス』vol.6、2010年)、「選択結果の過酷性をめぐる一考察――福祉国家における自由・責任・リベラリズム」(『立命館言語文化研究』第24巻4号、2013)など。



櫻井悟史(さくらい・さとし) 編著者
1982年生。立命館大学大学院先端総合学術研究科在籍。歴史社会学。
著書として『死刑執行人の日本史――歴史社会学からの接近』(青弓社、2011年)、編著として『特別公開企画 アフター・メタヒストリー――ヘイドン・ホワイト教授のポストモダニズム講義(生存学センター報告13)』(立命館大学生存学研究センター、2010年)、論文に「死刑執行方法の変遷と物理的/感情的距離の関係」(角崎洋平・松田有紀子編『歴史から現在へのアプローチ(生存学センター報告17)』立命館大学生存学研究センター、2012年)など。


   * * *


石田智恵(いしだ・ちえ)
1985年生。立命館大学大学院先端総合学術研究科在籍。文化人類学、移民研究。
論文として、「日本人の不在証明と不在の日系人」(角崎洋平・松田有紀子編『歴史から現在への学際的アプローチ(生存学センター報告17)』立命館大学生存学研究センター、2012年)、「「日系人」という生き方、日系人の生き方」(『生存学』vol.2、2010年)、「1990年入管法改正を経た〈日系人〉カテゴリーの動態――名づけと名乗りの交錯を通して」(『コア・エシックス』vol.5、2009年)など。



小泉義之(こいずみ・よしゆき)
1954年生。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。哲学・倫理学。
著書として『病いの哲学』(ちくま新書、2006年)、『「負け組」の哲学』(人文書院、2006年)、『デカルトの哲学』(人文書院、2009年)、『倫理学』(人文書院、2010年)、『生と病の哲学――生存のポリティカル・エコノミー』(青土社、2012年)など。
論文として「国家の眼としての貧困調査」(天田城介・村上潔・山本崇記編『差異の繋争点』ハーベスト社、2012年)、「精神と心理の統治」(『思想』第1066号、2013年)など。



近藤 宏(こんどう・ひろし)
1982年生。立命館大学大学院先端総合学術研究科在籍・日本学術振興会特別研究員。
文化人類学。論文として、「鳥の声を聴く――パナマ東部先住民エンベラにおける動物をめぐる言説の諸相」(『生存学』vol.4、2011年)、翻訳としてクロード・レヴィ=ストロース「親族研究の未来」(『思想』第1016号、2008年)など。



酒井隆史(さかい・たかし)
1965年生。大阪府立大学人間社会学部准教授。社会思想史。
著書として『自由論――現在性の系譜学』(青土社、2001年)、『暴力の哲学』(河出書房新社、2004年)、『通天閣 新・日本資本主義発達史』(青土社、2011年)など。
訳書として、アントニオ・ネグリ&マイケル・ハート『〈帝国〉――グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性』(以文社、2003年、共訳)、マイク・デイヴィス『スラムの惑星――都市貧困のグローバル化』(明石書店、2010年、監訳)など。



佐藤 量(さとう・りょう)
1977年生。立命館大学・立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員(ポストドクトラルフェロー)。歴史社会学・近現代中国史。
論文として「1950年代中国の近代化と対日協力者――旅順工科大学出身中国人同窓会を事例に」(『ソシオロジ』第56巻2号、2011年)、「植民地体験を乗り越える同窓会――旅順工科大学同窓生の戦後」(『植民地教育史研究年報』皓星社、第14号、2010年)など。著書として『現代中国史のなかの対日協力者――日本人学校出身者のネットワークと反日のジレンマ(仮題)』(彩流社、2013年)を刊行予定。



冨田敬大(とみた・たかひろ)
1983年生。立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員(ポストドクトラルフェロー)。文化人類学、近現代モンゴル社会史。
論文として「家畜とともに生きる――現代モンゴルの地方社会における牧畜経営」(『生存学』vol.2、2010年)、「体制転換期モンゴルの家畜生産をめぐる変化と持続――都市周辺地域における牧畜定着化と農牧業政策の関係を中心に」(角崎洋平・松田有紀子編『歴史から現在へのアプローチ(生存学センター報告17)』立命館大学生存学研究センター、2012年)、"Spatial Temporal GIS Based Analysis of the Pastoral Environment: A Preliminary Approach to the Transformation of the Pastoral Sedentarization in a Suburban Area of Mongolia," Kyoto Bulletin of Islamic Area Studies, vol.6、2013年)など。



福間良明(ふくま・よしあき)
1969年生。立命館大学産業社会学部准教授。歴史社会学・メディア史。
著書として『「反戦」のメディア史――戦後日本における世論と輿論の拮抗』(世界思想社、2006年)、『「戦争体験」の戦後史――世代・教養・イデオロギー』(中公新書、2009年)、『焦土の記憶――沖縄・広島・長崎に映る戦後』(新曜社、2011年)、『二・二六事件の幻影――戦後大衆文化とファシズムへの欲望』(筑摩書房、2013年)など。



松田有紀子(まつだ・ゆきこ)
1985年生。立命館大学大学院先端総合学術研究科在籍・日本学術振興会特別研究員。
歴史人類学、女性史。
論文にとして「「花街らしさ」の基盤としての土地所有――下京区第十五区婦女職工引立会社の成立から」(『コア・エシックス』vol.6、2010年)、「芸妓という労働の再定位――労働者の権利を守る諸法をめぐって」(角崎洋平・松田有紀子編『歴史から現在へのアプローチ(生存学センター報告17)』立命館大学生存学研究センター、2012年)、「京都 祇園の女紅場」(佐賀朝・吉田信行編『シリーズ遊廓社会 2 近世から近代へ』、吉川弘文館、2013年予定)。



   
   
   
   
   
     
    
   
   
   
   
  
   
スポンサーサイト

画像テスト-2013-5-30-001-08

洛北出版、2013-5-30-001-001




    
   
    
   
    
   
    
  


    
   
    
   
    
              
            
            
         
            

廣瀬純さんの新刊 『絶望論』







       『 絶望論 革命的になることについて 』  廣瀬 純 著




絶望論 革命的になることについて
  廣瀬 純
  2013年5月刊行
  四六判・並製・224頁
  月曜社

詳しくは ↓(月曜社)
http://getsuyosha.jp/kikan/isbn9784865030006.html







       『 闘争のアサンブレア 』  廣瀬 純 + コレクティボ・シトゥアシオネス 著




闘争のアサンブレア
  廣瀬 純 + コレクティボ・シトゥアシオネス 著
  2009年3月刊行
  四六判・並製・240頁
  月曜社

詳しくは ↓(月曜社)
http://getsuyosha.jp/kikan/asambleas.html









       『 蜂起とともに愛がはじまる 思想/政治のための32章 』   廣瀬 純 著




蜂起とともに愛がはじまる 思想/政治のための32章
  廣瀬 純 著
  2012年1月刊行
  四六判・並製・ 210頁
  河出書房新社

詳しくは ↓(河出書房新社)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309245744/








       『 闘争の最小回路 南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン 』   廣瀬 純 著




闘争の最小回路 南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン
  廣瀬 純 著
  2006年11月刊行
  四六判・並製・240頁
  人文書院

詳しくは ↓(人文書院)
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b66574.html







そして ―― 小社(洛北出版)からの刊行は ↓






       『 シネキャピタル 』  廣瀬 純 著




シネキャピタル
  廣瀬 純 著
  2009年4月刊行
  四六判・上製・192頁
  洛北出版

 詳しくは ↓(洛北出版)
http://www.rakuhoku-pub.jp/book/27101.html





また、翻訳として ――






       『 NO FUTURE ノー・フューチャー イタリア・アウトノミア運動史 』  フランコ・ベラルディ(ビフォ)著   廣瀬 純 + 北川眞也 訳/解説




NO FUTURE イタリア・アウトノミア運動史
  フランコ・ベラルディ(ビフォ)
  廣瀬 純 + 北川眞也 訳/解説
  2010年12月刊行
  四六判・並製・427頁
  洛北出版

詳しくは ↓(洛北出版)
http://www.rakuhoku-pub.jp/book/27125.html






  
    
     
    
   
    
    
    
    

『「幸せ」の戦後史』、菊地史彦 著









       『 「幸せ」の戦後史 』菊地史彦(トランスビュー)









「幸せ」の戦後史
菊地史彦 著
四六判・上製・419頁
2013年4月刊行
トランスビュー

詳しくは ↓(トランスビュー)
http://www.transview.co.jp/books/9784798701363/top.htm







   
   
   
   
   
   
   

『 文化と暴力 揺曳するユニオンジャック 』








       『 文化と暴力 揺曳するユニオンジャック 』  清水知子 著







文化と暴力 揺曳するユニオンジャック
  清水知子 著
  四六・上製・280頁
  2013年5月刊行
  月曜社

詳しくは ↓(月曜社)
http://getsuyosha.jp/kikan/isbn9784865030013.html

本書末尾の著者紹介文を見て、著者がジュディス・バトラーの『 権力の心的な生 』を翻訳なさっている方だということに、気づきました。ご本を持っていましたので、以下に掲げておきます。







       ジュディス・バトラーの『 権力の心的な生 』








      
     
                
              
               
              


   
   






   
   
   
   
   

『もうひとつの街』 、『カチアートを追跡して』など









       『 もうひとつの街 』ミハル・アイヴァス 著 阿部賢一 訳









もうひとつの街
ミハル・アイヴァス 著
阿部賢一 訳
2013年2月刊行
四六判・上製・214頁
河出書房新社

詳しくは ↓(河出書房新社)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309206141/


引 用
「 雪降りしきるプラハの古書店で、菫色の装丁がほどこされた本を手に取った“私”。この世のものではない文字で綴られたその古書に誘われ、“もうひとつの街”に足を踏み入れる。硝子の像の地下儀式、魚の祭典、ジャングルと化した図書館、そして突如現れる、悪魔のような動物たち――。幻想的で奇異な光景を目のあたりにし、私は、だんだんとその街に魅了されていく……。世界がいまもっとも注目するチェコ作家の代表作。」



おすすめのご本。
ミハル・アイヴァスは、チェコ、プラハの作家。哲学者でもあり、ジャック・デリダやエトムント・フッサール、エルンスト・ユンガーにかんする著作もある(『記号と存在――デリダのグラマトロジーに関する考察』[日本語未訳]など)。
この『もうひとつの街』は小説。「訳者あとがき」によれば ↓
「 独創的なイメージ、高度な思索性、ジャンル横断的な世界観、そして都市プラハへの愛情。このような特徴が凝縮された本書『もうひとつの街』は、アイヴァスの小説世界を代表する一作品であるばかりか、ボルヘス、カルヴィーノ、ナボコフといった世界文学の地平に位置づけられるべき作品といっても過言ではないだろう。」














       『 アップダイクと私 アップダイク・エッセイ傑作選 』 若島 正 編訳  森 慎一郎 訳






アップダイクと私 アップダイク・エッセイ傑作選
  ジョン・アップダイク
  若島 正 編訳
  森 慎一郎 訳
  2013年1月刊行
  河出書房新社

詳しくは ↓(河出書房新社)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309206134/














       『 カチアートを追跡して 』(全2巻)  ティム・オブライエン 著






カチアートを追跡して 』(全2巻)
  ティム・オブライエン
  生井英考 訳
  四六判・上製・全2巻
  1992年4月刊行
  国書刊行会

詳しくは ↓(国書刊行会)
http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336030610/


上巻が「品切増刷未定」だったため、古書で購入。
むかし、『本当の戦争の話をしよう』を読んだときは、
よい印象をもたなかった。あまったるく感じた。
こんかい、仕事がらみで、『カチアートを追跡して』を
読んでみたところ、こっちは、すごくおもしろかった。
おすすめです。図書館などでご覧になってみてください。







   
   
   
    
    
              
            
             
          

「AERA」に書評が掲載されました。




    雑誌「AERA」(2013年 5月 20日号)澁谷知美[著]『立身出世と下半身』



雑誌「AERA」(2013年 5月 20日号)に
澁谷知美[著]『立身出世と下半身』にかんする
書評が掲載されました。

「AERA」
http://publications.asahi.com/ecs/12.shtml

2013年 5月 13日(月曜)発売号です。
創刊25周年・増大号です。

評者は、苅部直(かるべ・ただし)氏です。

リード文 ↓
「読まずにはいられない 性を管理された若者たちの時代」

末尾の段落のみを引用いたします。↓

「「M検」は徴兵検査にもあったから、旧制高校の例は軍隊風の規律が戦前の社会に広く浸透していたことの現れでもあるだろう。しかしこれは、戦後もしばらくは新制大学の入学時に実施されていたという。それは戦前のなごりなのか、あるいは民主主義の時代だからこそ「健全」な男性が必要だという理屈だったのか。そんな興味深い問いも浮かんできた。」


苅部直氏の著作としては、下記のものがございます。
単著のみをメモいたします。

『光の領国――和辻哲郎』、創文社、1995年、のちに岩波現代文庫、2010年

『丸山眞男――リベラリストの肖像』、岩波新書、2006年

『移りゆく「教養」』、NTT出版、2007年

『鏡のなかの薄明――苅部直時評・書評選』、幻戯書房、2010年

『歴史という皮膚』、岩波書店、2011年

『ヒューマニティーズ 政治学』、岩波書店、2012年

『安部公房の都市』、講談社、2012年

『秩序の夢─―政治思想論集』、筑摩書房、2013年



    
  雑誌「AERA」(2013年 5月 20日号)澁谷知美[著]『立身出世と下半身』002
   
   「AERA」(2013年 5月 20日号/ 5月 13日(月曜)発売号)の広告    
     
    
     
    
     
    
     
    
   
    
   
     

京都新聞に紹介記事








        京都新聞2013-5月5日朝刊『立身出世と下半身』紹介記事






京都新聞(2013年 5月 5日 朝刊、読書面)に
立身出世と下半身』の紹介記事が掲載されました。




  
   
   
   
   
    
   
   
   
                    
         
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。