スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠と出生前検査――日米の女性の選択をめぐって








     妊娠と出生前検査―― 日米の女性の選択をめぐって 2013年
        ★ 拡大できます











公開講演会


妊娠と出生前検査
―― 日米の女性の選択をめぐって





最近、日本でもアメリカでも、
「新型出生前検査」が導入され、
子どもをもちたいと願う女性やカップルに
重い選択を迫っています。

新型出生前検査では、
妊婦の血液から胎児の情報が得られます。
しかし、その結果によってはさらなる検査が必要になり、
最終的に産むか産まないかの決断を迫られることにもなります。

第1部では、国立成育医療センターの左合治彦医師に
新型出生前検査の実際についてお話いただきます。

そのあとに、わたくしたち「妊娠研究会」が実施している
「妊娠と出生前検査の経験についてのアンケート調査」の
中間結果を報告します。

第2部では、
ニューヨーク大学文化人類学部のレイナ・ラップ教授に、
アメリカでの新型出生前検査をめぐる
社会的・文化的・経済的な課題・問題について
お話しいただきます。

ご関心のあるみなさま、ぜひお越し下さい。





日時 ┃ 2013年11月2日(土)13時00分開始(12時30分開場)

場所 ┃ 文京区男女平等センター 研修室A 
     (本郷3丁目駅[大江戸線、丸の内線]、春日駅[三田線]ほか)

アクセス・マップ ↓
http://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx


参加費 ┃ 無料(定員120名、要申し込み、先着順)

主 催 ┃ 妊娠研究会(代表 明治学院大学 柘植あづみ)
後 援 ┃ 文京区


第1部(13時~)

左合治彦さん (国立成育医療センター副院長・周産期センター長)
 「日本における出生前検査の現状

柘植あづみ (妊娠研究会代表・明治学院大学教授)
 「妊娠と出生前検査に関するアンケートから見えること


(質疑応答、休憩)


第2部(14時30分~)

Rayna Rapp(レイナ・ラップ)さん (ニューヨーク大学文化人類学部教授)
 「DNAの将来に賭ける人々――社会における新型出生前検査の意味を考える」(通訳つき)


(質疑応答)
17時終了


申し込み方法 ┃ イベント告知サイト「こくちーず」より登録して下さい。
http://kokucheese.com/event/index/107065/


※保育あり(先着6名、小学校低学年まで、
 お子様お一人1000円[保険料50円込み]をご負担下さい)。
 「こくちーず」より10月20日までにお申し込み下さい。


※情報保障(ノートテイク等)は、
10月20日までに「こくちーず」よりご相談下さい。



   * * *


上記を転載いたしました。
より詳しい情報は ↓
http://www.meijigakuin.ac.jp/~atsuge/lec/index.html

  
  
  
   
  
       
        妊娠と出生前検査―― 日米の女性の選択をめぐって02-2013







   
   
  
   
         
    

スポンサーサイト

講演 「〈私〉時代のデモクラシーと公共性」 宇野重規






     〈私〉時代のデモクラシーと公共性、宇野重規
            ※ 画像を拡大できます。













第1回
OSIPP稲盛財団寄附講座 公開セミナー

――― 公共空間と倫理(Vol.1)


時代のデモクラシーと公共性



     講演者
         宇野重規 Uno Shigeki
         東京大学教授
         政治学・政治思想史




現代においては、
一人ひとりが〈私〉意識を強く持ち、
他人とは違う自分らしさを追い求めることが要求されている。

この状況において分断されていく〈私〉と〈私〉を結びつけ、
〈私たち〉の問題を解決するデモクラシーは
いかにして可能なのか。

現代の〈私たち〉において可能な公共性は
どのようなものなのか。

〈私〉時代において社会の変革は、
どのような方向にむかうべきなのか。

こうした問題について考えてみたい。




日時 ┃ 2013年10月12日(土) 14~17時

場所 ┃ 大阪大学中之島センター講義室301
     大阪市北区中之島4-3-53 TEL 06-6444-2100

定 員 ┃ 75名程度 
      当日受付もありますが、ご予約の
      ほうがお席を確実にご用意できます。


進 行 ┃  篠原雅武 (OSIPP稲盛財団寄附講座特任准教授)

参加費 ┃  無料

主 催 ┃  大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)稲盛財団寄附講座


お申し込み方法 ┃
inamori_seminar1012【あっと】osipp.osaka-u.ac.jp
または TEL 06-6850-5638 FAX 06-6850-5656まで、
お名前、ご所属、お電話番号・メールアドレスとともに、
10月10日(木曜)までにお申し込み下さい。
また、ホームページ ↓
http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/inamori/news.html
で最新情報をご確認下さい。


アクセス ┃
京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分
阪神本線 福島駅より 徒歩約9分
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅より 徒歩約10分
地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅より 徒歩約16分
JR東西線 新福島駅より 徒歩約9分
JR環状線 福島駅より 徒歩約12分


  
  * * *


以上、転載いたしました。
最新の詳しい情報は ↓
http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/inamori/news.html

  
   
  
 
  
 
  
  

『イラクサ』 アリス・マンロー











       『イラクサ』 アリス・マンロー 小竹由美子 訳1

















    『イラクサ
    アリス・マンロー
    小竹由美子 


















カバーのことば ┃

「短篇の女王」と賞されるカナダの名匠
マンローによる、極上の短篇集!

旅仕事の父に伴われてやってきた少年と、
ある町の少女との特別な絆。
三十年後に再会した二人が背負う
人生の苦さと思い出の甘やかさ(「イラクサ」)。

長篇小説のようなずっしりした読後感の残る九つの短篇。

チェーホフ、ウェルティらと並び賞される作家の最高傑作。
コモンウェルス賞受賞、NYタイムズ「今年の10冊」選出作。



四六変形・フランス装・446頁
2006年3月30日発行
新潮社




詳しくは ↓(新潮社)
http://www.shinchosha.co.jp/book/590053/




Alice Munro,
Hateship, Friendship, Courtship, Loveship, Marriage.
2001.

Japanese translation, 2006, Shinchosha, Tokyo.





画像2(拡大できます ↓ )




      『イラクサ』 アリス・マンロー 小竹由美子 訳2










   
  
  
  

『フーコーの闘争 ―― 〈統治する主体〉の誕生』










       『フーコーの闘争 ――〈統治する主体〉の誕生』箱田徹1
























    『フーコーの闘争 ――〈統治する主体の誕生
    箱田徹 













四六判・上製・312頁
2013年9月20日発行
慶應義塾大学出版会




オビのことば ┃

「闘いのとどろきを聞かなければならない」 ミシェル・フーコー
後期フーコー権力論の転回、
その可能性の核心を捉える俊英の鮮やかなデビュー作。



目 次 ┃

序 章
フーコー統治論をめぐる状況

第1章
誘惑される権力――抵抗の先行性と不可能性をめぐって

第2章
規律訓練とエロスの技法―― 〈導き〉のキリスト教型権力モデル

第3章
司牧権力の系譜学――新自由主義批判から自己と他者の統治へ

第4章
イスラーム的統治は存在しない――政治的霊性としての〈対抗導き〉

第5章
用いる者と用いられるものは別である―― 一九八〇年代統治論の展開

終 章
抵抗と権力から統治する主体へ



詳しくは ↓(慶應義塾大学出版会)
http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766420661/


画像2(拡大できます ↓ )



     『フーコーの闘争 ――〈統治する主体〉の誕生』箱田徹2


   
  
  
  
  
 
    

『後期ラカン入門 ―― ラカン的主体について』 









     『後期ラカン入門 ―― ラカン的主体について』 ブルース・フィンク 著1



















 
   『後期ラカン入門 ―― ラカン的主体について
   ブルース・フィンク 
     村上靖彦 監訳
     小倉拓也 
     塩飽耕規 
     渋谷亮 
















A5判・上製・313頁
2013年8月30日発行
人文書院




詳しくは ↓(人文書院)
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b110261.html




オビのことば ┃

「 本書についてだが、
最大の特徴はやはりその明快な記述にある。

ラカンについて書かれた解説書は、
それを理解しようとすれば
さらなる解説書を必要とする、ということがよくある。

訳者もそのような経験をした読者のひとりである。
しかしフィンクは、
ラカンの読解に真摯に取り組みながら、
数多くのジャーゴンや図やマテームについても
丁寧に解説を施し、
ロジカルでクリアな文を書き連ねていく。
(……)

数多くのラカン解説書を
まさにシニフィアン連鎖のごとく
ぐるぐるとさまよった経験のある者にとっては、
本書はラカンの難解な記述と格闘するための
絶好のパートナーであると断言できる。」



Bruce Fink,
The Lacanian Subject,

1995, Princeton U.P.
Japanese translation, 2013, Jimbunshoin, Kyoto.




画像2 ( 拡大できます ↓ )





     『後期ラカン入門 ―― ラカン的主体について』 ブルース・フィンク 著2






  
  
   
  
  
  

『HAPAX』 (vol.1) 夜光社










     『HAPAX』(vol.1) 夜光社.001








HAPAX』 (vol.1)




















B6判・並製・159頁
2013年9月1日発行
夜光社



目 次 ┃

イカタ蜂起のための断章と注釈 HAPAX

アポカリプス&アナーキー・アフター・フクシマ Apocalypse +/ Anarchy

終わりなき限りなき闘争の言葉 高祖岩三郎

底なしの空間に位置づけられて: インターフェイス論に向けて co.op/t

それいいね、それなら……  犯罪学発展協会

悲惨と負債 剰余人口と剰余資本の論理と歴史について エンドノーツ

全てはご破算 コミュニズム万歳! ティクーン

暴動論のための12章 鼠研究会

シャド伯爵夫人の秘密の晩餐 KM舎

ハロー どこでもない場所からのあいさつ

鋤も鍬もない農民 アンナR家族同盟




詳しくは ↓(夜光社)
http://yakosha-tokyo.blogspot.jp/
http://yakosha.tsubamebook.com/is01.html


流通は ↓(ツバメ出版流通)
http://tsubamebook.com/




画像2 ( 拡大できます ↓ )




     『HAPAX』(vol.1) 夜光社 2







  
   
   
 

ブックフェア「飛田ふたたび」ジュンク堂書店 難波店





以下、ご案内まで。

フェア・イベント
飛田ふたたび

ジュンク堂書店 難波店

開催日時
2013年 9月 3日(火) ~ 2013年 10月 1日(火)

『飛田で生きる』の続編『飛田の子』刊行を祈念して、
カウンター前フェアコーナーで開催。
人間の性のリアルな現実に、迫ります。
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=2508


ジュンク堂書店 難波店
大阪市浪速区湊町 1-2-3 マルイト難波ビル3F
営業時間:10:00 ~ 21:00

アクセス
難波駅より徒歩1分
四つ橋線なんば駅より徒歩1分
御堂筋線なんば駅より徒歩5分
千日前線なんば駅より徒歩1分
近鉄難波駅より徒歩5分
南海難波駅より徒歩5分


小社の『釜ヶ崎のススメ』も置いていただいております。




         『釜ヶ崎のススメ』2013-9-22








   
   
   


詳しい書誌情報は後日。









     2013-9-12-001 『抵抗と亡命のスペイン語作家たち』(洛北出版)_1







現在、制作中。
最後の校正中。

本文中に貼りこむための画像を撮影。
うまく影がでず、屋外で撮影をやりなおす。
( 上記は失敗したもの。)


いちぶの画像 ↓(tumblr)
http://rakuhoku.tumblr.com/tagged/%E3%80%8E%E6%8A%B5%E6%8A%97%E3%81%A8%E4%BA%A1%E5%91%BD%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%AA%9E%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%80%8F


 ↑ は、版下用なので、むちろん背景色を
とばして撮影しています。

詳しい書誌情報は近日にご案内させていただきます。



  
   
  
  
  
  
  
  
  
  

『立身出世と下半身』 「読売新聞 ONLINE」にて書評










     『立身出世と下半身』、「読売新聞 ONLINE 書店員のオススメ読書日記」2013年9月6日









澁谷知美(著) 『立身出世と下半身――男子学生の性的身体の管理の歴史
が、「読売新聞 ONLINE 書店員のオススメ読書日記」にて
書評されました。

評者は、ジュンク堂書店難波店の福嶋聡さんです。

「読売新聞 ONLINE 書店員のオススメ読書日記」
とは ↓ (同webページから引用)

   「 本のことを知り尽くしている書店員さんが
   オススメを紹介する読書日記。
   読書好きな人必見のブログです。」

書 評 ↓ (『立身出世と下半身』)
http://blogs.yomiuri.co.jp/book/2013/09/post-86a9.html



福嶋聡さんの著作として ――

『希望の書店論』、2007年、人文書院
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b66575.html

『劇場としての書店』、2002年、新評論
http://www.shinhyoron.co.jp/cgi-db/s_db/kensakutan.cgi?j1=4-7948-0569-1

『書店人のこころ』、1997年、三一書房

『書店人のしごと―― SA時代の販売戦略』、1991年、三一書房

などがあります。

  
  
  
  
  
  
   

9月 September, 2013








     2013-9















  
  
  
  
  
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。