9月、2014年











     洛北出版、2014-9-1












  

  






  
   
   
   

大阪から考えるジェントリフィケーション――都市は滅びるのか?







    大阪から考えるジェントリフィケーション――都市は滅びるのか? 2014-9-0011









以下、転載させていただきます。
ジュンク堂書店 難波店にお申し込みいただければ、
お席を事前に確保できるようです。
末尾に連絡先とHPアドレスを記しておりますので、
ご利用くださいませ。



        * * *



   JUNKU難波 トークセッション

   N・スミス著/原口剛訳、『ジェントリフィケーションと報復都市』(ミネルヴァ書房) 刊行記念






   大阪から考えるジェントリフィケーション
   ―― 都市は滅びるのか?

   原口 剛 × 酒井隆史












これからの都市を読み解くキーワードとして
使われる「ジェントリフィケーション」。

土地の高級化とされることもありますが、
N・スミスはそれを都市の階級的改造であるとします。

すなわち、ジェントリフィケーションとは、

「民間資本とミドルクラスの住宅購入者や賃借人が流れこむことでインナーシティの貧民や労働者階級の近隣が改造されることを意味します。……もっとも貧しい労働者階級の近隣が、作り替えられようとしているのです。」



このたびこのスミスの翻訳を手がけた原口剛さんと、
『通天閣』で躍動的大阪秘史を描きサントリー学芸賞も受けた酒井隆史さんが、
歴史をたずね未来を見据えつつ、
ジェントリフィケーションを批判的に読み解きます。
世界的課題ともいえる「都市の未来」を
来場のみなさんとともに考えたいと思います。





パネラー紹介

原口剛 (はらぐち・たけし)
1976年、千葉県生まれ、鹿児島県育ち。
現在、神戸大学大学院人文学研究科准教授。
著書に、『釜ヶ崎のススメ』(共編著)、洛北出版、2011年
『ホームレス・スタディーズ――排除と包摂のリアリティ』(共著)、ミネルヴァ書房、2010年など。



酒井隆史 (さかい・たかし)
1965年、熊本県玉名市生まれ。
現在、大阪府立大学人間社会学部教授。
著書に、『自由論――現在性の系譜学』、青土社、2001年
『暴力の哲学』、河出書房新社、2004年
『通天閣――新日本資本主義発達史』、青土社、2011年など。




日 時 ┃ 2014 年 9月 13日(土) 15:00~

会 場 ┃ ジュンク堂書店 難波店3階カウンター前特設会場。

会場費 ┃ 入場無料。

受 付 ┃ 同店3階カウンター、お電話でも予約承ります。


ジュンク堂書店 難波店
大阪市浪速区湊町1丁目2-3 マルイト難波ビル
TEL 06-4396-4771

詳しくは ↓(ジュンク堂書店 難波店)
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=6556





     大阪から考えるジェントリフィケーション――都市は滅びるのか? 2014-9-002






  
    









     大阪から考えるジェントリフィケーション――都市は滅びるのか? 2014-9-003

   












     大阪から考えるジェントリフィケーション――都市は滅びるのか? 2014-9-004

    
   
    


         * * *


参考として 『ジェントリフィケーションと報復都市』 ↓(小社ブログ)
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/blog-entry-1194.html

および ↓(同)
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/blog-entry-1195.html



   
   

  
   

    
   
    
   

西日本出版社のzakka&sakkaフェス







    西日本出版社のzakka&sakkaフェス001-2014-9月






以下、いただいたご案内を転載いたします。
日時&場所は再度お確かめのうえお出かけくださいませ。




        * * *



西日本出版社のzakka&sakkaフェス


吹田にある西日本出版社からは、
雑貨やお店づくりに関する本がたくさん出ています。
本に載っている雑貨やお店はもちろん、 作った人も魅力的。
もっといろんな人に知ってもらいたい!
せっかくなので、フェスを開くことにしました。

雑貨やつくり手さんとの出会いは、 本の世界や楽しみ方を、
より広げてくれるはずですよ。


日 時 9月16日(火)~21日(日)

場 所 FOLK old book store
     大阪市中央区平野町1-2-1 1F・B1F
     TEL&FAX 06-7172-5980
http://www.folkbookstore.com/

営業時間 1F(飲食) 11:30-20:00
      B1F(物販)13:00-20:00 (日曜日 ~19:00)

詳しい案内は ↓(西日本出版社)
http://www.jimotonohon.com/zakka_sakka/zakka_sakka.html


   
   
   




     西日本出版社のzakka&sakkaフェス002-2014-9月















        * * *

上記のご本にかんする記事は ↓(小社)   
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/blog-entry-1173.html
   
   


  
   








 

封筒の絵柄








        封筒2014-8-19-002














        封筒2014-8-19-001









封筒の絵柄 (韓国のメーカー)
http://www.dailylike.co.kr/index.html

左京区(京都市)の、バックス画材に紙を買いに行ったさい、
おもわず購入。
マスキング・テープも置いてありました。
http://www.backsgazai.com/

バックス画材では、書籍用紙(主に書籍の本文用紙として使われる紙)も、
A4小数で販売していて、試作組版した本文レイアウトを
プリントして確かめてみるのに役立ちます。






   
   
   
   

「知りたい 考えたい 出生前検査をめぐる話」講座




以下、転載させていただきます。
申し込み方法などは、再度お確かめのうえ、お出かけくださいませ。



       

 「知りたい 考えたい 出生前検査をめぐる話講座
 -------------------------------------------------------------



日時 ┃ 2014年 9月13日(土) 10:00~12:30

場所 ┃ 港区立 男女平等参画センター「リーブラ」4階 集会室1・2・3
        (東京都港区芝浦3 -1- 47)


昨年4月に新型出生前診断が開始され、1年半が経過しました。
出生前検査をめぐっては、妊娠・出産を考えている人も社会も、
いまだ右も左も定まらない海原をそれぞれの答えを探して
懸命に掻き進んでいるようにみえます。

この講座では、立場や状況の違う妊娠経験者の声、国内外の状況を紹介します。
出生前検査について考えることが、自分の生き方を考えるきっかけになるかもしれません。


柘植あづみさん (明治学院大学社会学部教授)
明治学院大学社会学部教授。専門は医療人類学。
これまでに出生前診断、不妊治療の当事者・医療者へのインタビューから、技術が社会にもたらす課題と、個人、とくに女性がいかに技術を「選択」しているのか、 その際にどんな悩みや葛藤を抱えているのかなどについて描いてきた。
著書として、『生殖技術――不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか』(みすず書房)、『妊娠――あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください』(共著、洛北出版)、『妊娠を考える――<からだ>をめぐるポリティクス』(NTT出版)ほか。


二階堂祐子さん (障害学生支援コーディネーター)
私立大学で障害学生支援コーディネーターとして勤務。
2012年に第三子の妊娠をきっかけに、「『ハイリスク』な女の声をとどける会」を結成(現在は休会中)。
現在、明治学院大学社会学研究科博士後期課程在籍。
エッセイ・著書 として、『いったい誰が私たちを「ハイリスク」と名付けたのか』、『女たちの21 世紀』No.72(アジア女性資料センター)、『出生前および出生後告知の現状と医療者への助言』、『出生前診断とわたしたち』(共著、生活書院)ほか。


申し込み方法など、詳しくは ↓
http://kokucheese.com/event/index/205145/











        『妊娠――あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください』(共著、洛北出版)2014-8-19-002














        『生殖技術――不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか』(みすず書房)2014-8-19-001













   
   
      
         『妊娠を考える――<からだ>をめぐるポリティクス』(NTT出版)2014-8-19-001
  







   
        
     

さまざまなイベント 2014年8月









   洛北出版、2014-8-6-001





大阪のKさんから頂戴しました案内を、以下にペーストいたします。
日時と場所はあらためてお確かめのうえ、お出かけくださいませ。
※ すでに終了したイベントもございます。ご注意ください。





        * * *








江戸の版本と百鬼夜行絵巻


と き ┃2014年7月19日(土)~ 8月31日(日)
       9:30~17:00

ところ ┃ 大阪市立美術館
       大阪市天王寺区茶臼山町1-82
       電話 06-6771-4874

入場料 ┃ 300円 *市内在住65歳以上は無料

江戸時代後期ともなると、出版文化は隆盛を極め、さまざまな版本が刊行された。館蔵の原在中の筆になる「百鬼夜行絵巻」など、少し怖くてどこか面白い版本の挿絵を紹介します。

詳しくは ↓
https://www.osaka-art-museum.jp



        * * *



海洋堂フィギュアワールド
海洋堂50周年記念


と き ┃ 2014年8月1日(金)~31日(日)
       10:00~20:00 *会期中無休
ところ ┃ 美術館「えき」KYOTO *JR京都伊勢丹内
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/index_7f.html
       京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

観覧料 ┃ 800円


1964年大阪に一坪半の小さな模型店としてスタートした海洋堂は、プラモデルファンが集まる場所となり、やがてキャラクター造形「フィギュア」の制作を始める。フィギュア制作は「自分たちが欲しい物を作ろう!」との思いから手がけられた少数ロットのフィギュア《ガレージキット》に始まり、大量増産され社会現象を巻き起こした《食玩フィギュア》、オタク文化とフィギュア造形の融合、そしてアート作品として世界的に認められた村上隆とのコラボレーション、サブカルチャーから国民的なホビーとしての地位を得た《カプセルミュージアムプロジェクト》や《カプセルQプロジェクト》など新たなプロダクトへの挑戦といった系譜をたどる。これらは海洋堂の歴史であると同時に、フィギュアが社会に認められ日常にあるものとして普及し、地位が確立された過程を振り返るものでもある。本展では海洋堂のフィギュアの歴史――成り立ちから現在の商品まで――と世界でも認められアートの領域まで達する造形作家によるフィギュア作品をたっぷりと紹介します。



        * * *



本屋のない街なんて、つまらない

西加奈子 × 三島邦弘
進行 山ノ上純

「大阪の本屋発行委員会」立上げ記念


と き ┃ 2014年8月3日(日)
       14:00~16:00 *開場13:30~

ところ ┃ 日販堂島ビル 5階会議室
http://www.nippan.co.jp/
       大阪市北区堂島2丁目1-7

参加費 ┃ 1,500円 *定員100名

主 催 ┃ 大阪の本屋発行委員会
協 力 ┃ 日販関西支社/トーハン近畿支社/大阪屋/ナカノシマ大学事務局


西加奈子(作家)
1977年イラン・テヘラン生まれ。小学5年から26歳までを大阪で過ごし、2004年『あおい』でデビュー。2007年『通天閣』で織田作之助賞、2013年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞を受賞。独自の軽快なテンポの大阪弁や飾らない人柄にファン多数。


三島邦弘(ミシマ社代表)
1975年生まれ。『善き書店員』(木村俊介著)や、365人の書店員が「どうしても届けたい一冊」紹介する『THE BOOKS』など、本屋さんへの深い愛から生まれた書籍も。著書に『計画と無計画のあいだ「自由が丘のほがらかな出版社」の話』(河出書房新社)。西さんの大ファン。


進行  山ノ上純(大阪の書店発行委員会メンバー)
1971年、京都生まれ。ダイハン書房本店勤務。大学卒業後に広告代理店に就職したものの、時を経て再び実家の本屋に舞い戻る。大阪の書店発行委員会の立ち上げから、『西加奈子と地元の本屋』編集にもどっぷり参加。現役の本屋として、お二人に質問を投げます。



        * * *




柴崎友香サイン会
『春の庭』刊行・芥川賞受賞記念


と き ┃2014年8月3日(日)
       14:00~ *開場13:30~

ところ ┃ 紀伊國屋書店梅田本店 2番カウンター裏特別催事場
http://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Umeda-Main-Store/
       大阪市北区芝田1丁目1-3 阪急三番街

参加費 ┃ 無料

参加方法 ┃ 紀伊國屋書店梅田本店2番カウンターにて、『春の庭』(文藝春秋税込1,404円)をお買い上げの先着100名様に整理券を配布。
問合せ・予約 ┃ 紀伊國屋書店梅田本店 06-6372-5821(9:30~22:00)


柴崎友香(しばさき・ともか)
1973年~。大阪府大阪市出身。
1998年、「トーキング・アバウト・ミー」で第35回文藝賞最終候補。1999年、短編「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」が『文藝別冊 J文学ブック・チャートBEST200』に掲載され作家デビュー。2004年、『きょうのできごと』が行定勲監督により映画化。2006年第24回咲くやこの花賞を受賞、『その街の今は』で第23回織田作之助賞を受賞。2007年、『その街の今は』で第136回芥川賞候補、第57回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。続けて「主題歌」で第137回芥川賞候補。2010年、「ハルツームにわたしはいない」で第143回芥川賞候補、『寝ても覚めても』で第32回野間文芸新人賞受賞。2006年より名久井直子、長嶋有、福永信、法貫信也とともに同人活動も行なっている。



        * * *




さんちか古書大即売会


と き ┃ 2014年8月7日(木)~12日(火)

ところ ┃ さんちかホール
       神戸市中央区三宮町1丁目7

参加費 ┃ 無料

詳しくは
http://www.santica.com/hall

さんちかホール恒例の古書即売会です。兵庫県下の十数店の古書店が集まります。郷土史・文学・歴史・美術書から一般書まで、幅広いジャンルの本を取り揃えました。



        * * *




阪神夏の古書ノ市


と き ┃ 2014年8月13日(水)~19日(火)
        10:00~20:00

ところ ┃ 阪神百貨店 梅田本店8階催事場
https://www.hanshin-dept.jp/
       大阪市北区梅田1-13-13

参加費 ┃ 無料 


参加店 *順不同
ふるほんのはまや/駒鳥文庫/小町書店/池崎書店/
古書ゆうらく/矢野書房/唯書房/koshoshop満/ハナ書房
書苑よしむら/シアル/ハモニカ古書店/古本横丁/
寸心堂書店/あがたの森書房/アブストラクト古書店/
古書ダンデライオン/書肆 銀鈴舎/駱駝堂

詳しくは
http://hanshin-koshonoichi.tumblr.com/



        * * *



装丁プラス展 本に寄り添う ―― 書皮と栞、装画たち
日本図書設計家協会関西支部企画展


と き ┃ 2014年8月18日(月)~28日(木)
        9:00~17:00(最終日14:00まで)

ところ ┃ 平和紙業株式会社 ペーパーボイス大阪
       *土日休館
http://www.heiwapaper.co.jp/shop/gallery.html
       大阪市中央区南船場2丁目3番23号
       電話06-6262-0902

参加費 ┃ 無料 ※オープニングパーティ;8月18日 18:00~20:00


私たちは本の形をつくる仕事をしています。本文からカバーまでデザインしたり、装画や挿絵を描いたり…… 今回の「装丁+展」では、装画家が装画を担当した本とその原画の展示や、オリジナルで制作した「栞」と「書皮」の展示など、本に寄り添うものたちに焦点をあてました。会場では、お気に入りになられたオリジナルの栞・書皮をお持ち帰りいただけます。ぜひ会場に足をお運びいただき、装丁とそれに寄り添うものたちとの「素敵な関係」を感じとっていただければ幸いです。



        * * *




MLS 第2回
マイクロ・ライブラリーサミット2014

特別講演 「Little Free Libraryの世界


と き ┃ 2014年8月29日(土)
       18:30-20:30 ~30日(日)10:00-20:30

ところ ┃ まちライブラリー@大阪府立大学
http://opu.is-library.jp/ml/mls2014/

参加費 ┃
A)8/29(金)トッド・ボル講演 【2,000円】
B)8/30(土)トーク(10:00-18:30) 【2,000円】(軽食付き)
C)8/30(土)アフターセッション(18:30-) 【2,000円】(軽食・ドリンク付き)

申込 ┃ 
http://bit.ly/1jPuCMm
(東京開催もこちらより申込)


開催概要
個人または小さな団体が、個人の蔵書や地域で集めた本を広く開放し、 閲覧や貸出を行っている私設図書館「マイクロ・ライブラリー」。いま全国あちこちで、様々な形で、生まれています。2013年夏、そんな全国のマイクロ・ライブラリーに来ていただき、 始めたきっかけ、運営の工夫など、想いを共有し合うサミットを開催しました。それぞれのライブラリーの主宰者の方の一途な想いに触れることができました。今年は、米国から巣箱型の図書館をつくって全米、全世界15,000カ所に設置されている「Little Free Library」の創設者、Todd Bol (トッド・ボル)を招き特別講演を行います。また引き続き、全国から小さな私設図書館を実施している方にも来ていただきます。今年はどのようなお話が聴けるでしょうか? 私たちの心を豊かにしてくれる、小さな図書館の話を聴きましょう。


8月29日(金)18:30-20:30-(18:00受付開始)
特別講演「Little Free Libraryの世界」
発表:Todd H Bol(Little Free Library創始者)
モデレーター:礒井純充(まちライブラリー提唱者)
「Little Free Library」は庭先に作る小さな図書館です。アメリカのウィスコンシン州ハドソンという田舎町で始まり、 今や全世界で15000カ所に設置されています。 家の前に巣箱型の本箱を設置して本を置き、自由に本を持っていったり、置いたりできる仕組みです。近隣の方とのコミュニケーションツールとしても重要な役割を果たしているそうです。TEDx などでもプレゼンされているトッド氏が 日本でLittle Free Library のお話をするのは初めてです。お聴き逃しなく! 当日は、誕生から今日までの歩み、参加者の反応、目指すところなど、フロアからも質問をもらいながらお話いただきます。


8月30日(土)10:00-20:30
第2回マイクロ・ライブラリーサミット2014
リマークス 10:00~ マイクロ・ライブラリーの世界へようこそ
1時間目 10:30~ 「商業施設・商店街にあるマイクロ・ライブラリー」
・JAMES TAYLOR(和歌山イオンモールのカフェ)
・岡本商店街(スカイプによる中継)
2時間目 11:30~ 「医療や福祉の現場でのマイクロ・ライブラリー」
・関西医科大学滝井病院
・藤田歯科医院
ランチタイム 12:30~ 
マイクロ・ライブラリー図鑑 出版トークセッション
2013年のサミット参加ライブラリーが登壇予定です
3時間目 13:30~ 「公共図書館と連携したマイクロ・ライブラリー」
・北海道恵庭まちじゅう図書館
・墨田区ひきふね図書館パートナーズ
4時間目 14:30~ 「テーマ・方法にこだわったマイクロ・ライブラリー」
・体育とスポーツの図書館
・おはなしレストランライブラリー(学生が語り部になる図書館)
5時間目 15:30~ 「世代を超えたコラボレーション」
・個人の家を図書館に(奈良大和高田高橋家)
・宗教法人の教会を世代を超えた文化拠点に(宗教法人一乗会)
・Youth Library えんがわ
マイクロ・ライブラリーサミット宣言採択&署名式 17:30~

アフターセッション 18:30~
2015年にできる注目ブックスポットとマイクロ・ライブラリーのコラボレーション
・東急不動産 森ノ宮ショッピングモール(東急不動産)
・立命館大学 大阪いばらきキャンパス(服部利幸)
スピーカー:
服部利幸(立命館大学)、服部滋樹(graf)、中川和彦(スタンダードブックストア)、礒井純充



マイクロ・ライブラリーサミット2014」東京
「Little Free Library × まちライブラリー」

と き ┃ 2014年9月1日(月)
       18:30~20:30(18:00受付開始)
ところ ┃ 千代田区立日比谷図書文化館
http://hibiyal.jp/
       東京都千代田区日比谷公園1-4
       03-3502-3340

参加費 ┃ 3,500円 *参加者には『マイクロ・ライブラリー図鑑2013』を進呈

東京でもトッド・ボル氏の特別講演を開催
発表:Todd H Bol(トッド・ボル)、礒井純充(まちライブラリー提唱者)
ディスカッション:上記2人+柳与志夫(国立国会図書館)他
リトル・フリー・ライブラリーの誕生から今日までの歩み、参加者の反応、目指すところなど、フロアからも質問をもらいながらトッド氏にお話いただきます。 日米マイクロ・ライブラリーの比較と連携について、トッド氏を交え、国立国会図書館の柳氏、まちライブラリー提唱者の礒井も加わりディスカッションも行います。

主催:マイクロ・ライブラリーサミット実行委員会
共催:大阪府立大学観光産業戦略研究所
後援:一般財団法人森記念財団
運営:一般社団法人まちライブラリー
個人支援:READY FORにて受付中(https://readyfor.jp/projects/microlibrary2014)
協賛:南海電気鉄道株式会社(NATTS広告)



    
     
     洛北出版、2014-8-6-002

    
     
   
    
     
   
    
     
   

『珈琲飲み ―― 「コーヒー文化」私論』







     『珈琲飲み ―― 「コーヒー文化」私論』2014-8-6-003

















 


     『珈琲飲み ―― 「コーヒー文化」私論』2014-8-6-004







 ※ 上記の画像は拡大できます。

 あるいは ↓ 大きなサイズの画像あり。
http://rakuhoku-books.tumblr.com/tagged/%E3%80%8E%E7%8F%88%E7%90%B2%E9%A3%B2%E3%81%BF%E3%80%8F  
   
   
   
   
   
   

『柳瀬正夢全集 第2巻』










        『柳瀬正夢全集 第2巻』2014年7月25日発行 三人社


















     『柳瀬正夢全集 第2巻














2014年7月25日 発行
A5判 上製 634頁
巻末付録付き(カラー口絵6頁)
発行 三人社


三人社 ↓
http://yanasemasamu.blog.fc2.com/


大きなサイズの画像 ↓
http://rakuhoku-books.tumblr.com/tagged/yanase-masamu-201407

  
  
  
   
                『柳瀬正夢全集 第2巻』2014年7月25日発行 三人社02







  
   
  
  
    
   


プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード