『被曝社会年報 #01―2012-2013』








     
     『 被曝社会年報 #01―2012-2013 』現代理論研究会編










 『 被曝社会年報 #01―2012-2013 』

   現代理論研究会編
   2013年 2月 25日刊行
   新評論



オビのコピー文
「放射能拡散後」の思考をときはなつ

「放射能の安全神話」を支えるイデオロギーとはなにか?
―― 矢部史郎

「主婦」は、何を、何のために、どうして、守っているのか?
―― 村上 潔


執筆者
矢部史郎 (海賊研究・思想史)
マニュエル・ヤン (歴史学)
森 元斎 (哲学)
田中伸一郎 (労働組合員)
村上 潔 (現代女性思想・運動史)
栗原 康 (アナーキズム研究)
アンナ・R家族同盟 (コミュニズム)
白石嘉治 (文学)


内容など、くわしくは ↓(新評論)
http://www.shinhyoron.co.jp/cgi-db/s_db/kensakutan.cgi?j1=978-4-7948-0934-6

   * * *

主婦と労働のもつれ』の著者・村上潔さんも
執筆なさっています。
村上さんは、
「主婦は防衛する――暮らし・子ども・自然」
「(巻頭随筆「あの日 わたしは、……11/03/2011」)切られなかった半券が残った」
を執筆されています。


    




        主婦と労働のもつれ-2013-2-25

   
    
    
   
    
    
   
    
    
   
    
    
   
    
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード