2013年10月のさまざまなイベント(関西、名古屋)








   左京区2013-10-7-001










以下、関西在住のKさんからいただいた案内文を
転載いたします。
日時と場所、そして申し込み方法などにつきましては、
主催者ホームページで再度お確かめのうえ、お出かけくださいませ。


   * * *





講演会
富士正晴の兵隊小説を読み返す

富士正晴生誕100周年記念


と き┃  2013年11月9日(土)
      14:00~16:00

ところ ┃ 茨木市立中央図書館 2階 多目的室
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kurashi/bunka/toshokan/
茨木市畑田町1-51

参加費 ┃ 無料 □定員:80名
 ※10月2日(水)9:30より中央図書館で受付(電話申込可)


終戦後、「ひとこま」の発表以来、『一夜の宿』『帝国軍隊に於ける学習・序』など20年近くかかって戦争体験を作品化していった富士正晴。非日常である戦争を、日常の次元で徹底して追求していった富士の文学について、若い時から富士と親交のあった小沢さんにお話をうかがいます。


講師紹介 ┃ 
小沢信男(作家・評論家)1927年6月5日~
東京都港区出身。1947年東京府立第六中学校(現都立新宿高等学校)を卒業。日本大学芸術学部に進学し、在学中に「新日本文学」に参加。「江古田文学」に掲載された「新東京感傷散歩」が花田清輝に認められる。著書に『わが忘れなば』(晶文社 1965)『裸の大将一代記 山下清の見た夢』(筑摩書房 2000)『東京骨灰紀行』(筑摩書房 2009)『本の立ち話』(西田書店 2011)ほか。



    * * *



本活&読活

読者力養成ワークショップ「本活(ほんかつ)」「読活(よむかつ)」

日曜午後のワークショップ


と き ┃ 2013年10月13日(日)~12月15日(日)*全6回

ところ ┃ アートエリアB1
http://artarea-b1.jp/archive/2013/1215295.php


大阪府大阪市北区中之島1-1-1
京阪電車なにわ橋駅地下1階

参加費 ┃ 3,000円/1回
定 員 ┃ 各回40名(要申込・定員に達した場合は抽選)

*申込・問合せ先:ほんばこや


※事前予約は全6回一括申込のみメールでお受けします。



日曜午後、ゲストを迎え開催するワークショップです。ゲストには、話とともに5冊の本を紹介いただき、参加者は、その5冊を介して、編集ゲームや本談義に取り組みます。

「わかったつもり」から抜け出し、一歩踏み込むコツが身につきます。


プログラム ┃〈ナビゲーター:大音美弥子〉

10月13日[日]14:30~17:30
「ビブリオバトルって何?」
谷口忠大(立命館大学情報理工学部准教授・ビブリオバトル発案者)


11月4日[月・祝]14:30~17:30
「声と身体感覚の読書とは」
安田登(宝生流能楽師、公認ロルファー)


11月10日[日]14:30~17:30
「カリスマ書店員からカリスマ読者へ」
二村知子(隆祥館書店)


11月24日[日]14:30~17:30
「読者が著者になるとき?」
玉岡かおる(作家)


12月8日[日]14:30~17:30
「編む・書く・読むの三角形」
青山ゆみこ(編集者)


12月15日[日]14:30~17:30
「関西に住む読み手たちへ」
内田樹(研究者・武道家)



   * * *



ブックフェス 第6回

BOOKMARK NAGOYA 2013


■と き : 2013年10月12日(土)~11月4日(月)

■ところ : 名古屋の書店・古書店・雑貨屋・カフェ・公園・テレビ塔

http://bookmark-ngy.com/


■参加費 : 無料 ※有料イベントもあり



『本』をキーワードに、街とあなたをつなぐイベント「ブックマークナゴヤ」は、第6回目を開催する運びとなりました。期間中、名古屋の書店、古書店、雑貨屋、カフェ、公園、テレビ塔などを舞台に、本にまつわるイベントやフェアが催されます。



[主要催事] ※詳細は上記サイトへ

10/13(日) スペシャル対談「名古屋バンドワゴン」
小路幸也×太田忠司 ~人気シリーズの裏の裏

10/19(土)10/20(日) BOOKS × FOODS : たべことばあそび
@SOCIAL TOWER MARKET 高橋みどり/服部みれい

10/26(土) トークイベント「日々の生活と本屋について」
島田潤一郎(夏葉社/『本屋図鑑』)

朴順梨(ノンフィクションライター/『離島の本屋』)

鈴木 創(シマウマ書房/『なごや古本屋案内』)



ビブリオバトルinブックマークナゴヤ2013

「ビブリオバトル」とは、おすすめ本を持ち寄った1人1人がプレゼンとディスカッションをして、その中からみんなが1番読みたくなった本を選ぶ、本の紹介コミュニケーションゲームです。

ブックマークナゴヤ2013では、東海地方の書店・図書館・出版社・学校などで本にかかわる仕事・活動をしている方々が、秋にちなんだテーマに合わせてビブリオバトルを行ないます!


☆10/11(金)<スポーツ> 18:00~19:30 ジュンク堂書店ロフト名古屋店

☆10/21(月)<芸術> 18:00~19:30 リブロ名古屋店

☆10/26(土)<本> 10:00~12:00 名古屋市中川図書館

☆10/27(日)<食> 14:00~16:00 ヒルズウォーク徳重ガーデンズ



□第5回名古屋文庫大賞フェア ☆11/9(土)~11/30(土)

ビブリオバトルのチャンプ本を実際に読んでみましょう! チャンプ本は「1番読みたくなった本」。

その中で「1番面白かった本」は? 選ぶのは、ビブリオバトル発表者、名古屋文庫大賞フェア参加店、そして読者のみなさん。期間中の投票をもとに、1番おすすめの本=大賞を決定します!



一箱古本市in円頓寺商店街

日時:2013年11月9日(土)11:00~16:00(雨天決行 アーケードあり)

会場:円頓寺商店街(名古屋市西区)

※一箱古本市とは、東京・不忍ブックストリートで始まった、本好きがそれぞれに持ち寄った古本を販売するフリーマーケット形式の古本市です。


〔参考〕谷口忠大『ビブリオバトル』(文春新書901 13/04/20初版 本体770円)

南陀楼綾繁『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書433 09/11/20初版 本体860円)



   * * *



古本まつり
第16回
天神さんの古本まつり



と き ┃ 2013年10月11日(金)~15日(火)

ところ ┃ 大阪天満宮境内

http://www.tenjinsan.com/
大阪府大阪市北区天神橋2丁目1-8

参加費 ┃ 無料 *目録アリ
http://osaka-koshoken.com/?p=1421



   * * *



古本祭り

第13回四天王寺秋の大古本祭り

と き ┃ 2013年10月11日(金)~16日(水)

ところ ┃ 四天王寺境内
http://www.shitennoji.or.jp/

大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
参加費 ┃ 無料 *目録アリ
http://kankoken.blog11.fc2.com/



   * * *



作家さんとの集い
第30回
柴崎友香さんを囲む会&サイン会


『よう知らんけど日記』*(京阪神エルマガジン社)発刊記念


と き ┃ 2013年10月17日(木)
      18:00開場 18:30開演

ところ ┃ 隆祥館書店 7階ギャラリー
http://atta2.weblogs.jp/ryushokan/
大阪市中央区安堂寺町1-3-4 

参加費 ┃ 1,000円;CafeBreakTime
※要予約・事前購入制*申込先着順

※時間の都合上、サインは、当店でお買上の方に限らせていただきます。

申込・問合せ ┃ 隆祥館書店


大阪に住んでおられた柴崎さんですが、東京で暮らすようになられ、東京での日常、離れてわかる大阪のこと、大好きな本やテレビのこと、作品のことなどなど……。

大阪弁で綴られる、日々のあれこれに、なんだかほっとします。ちなみに、「よう知らんけど」とは、関西人が全部見て来たかのように喋った最後に「絶対にそうやって!・・・よう知らんけど」とつけるアレらしいです。


*新著は現在もエルマガbooksとして、京阪神エルマガジン社のサイトにて連載中の日記風エッセイ。

東京暮らしの柴崎がなれ親しんだ大阪弁で綴る。
ISBN978-4-87435-418-6 定価1785円(税込)



   * * *



トークショー
柴崎友香 vs 古谷高治



と き ┃ 2013年10月18日(金) 19:00開演

ところ ┃ digmeoutART&DINER
http://digmeoutcafe.com/
大阪市西心斎橋2-9-32 アローホテルB1

参加費 ┃ 無料 *『よう知らんけど日記』を持参



   * * *



作家対談
柴崎友香 × 円城 塔


大阪、東京、行ったり来たり


と き ┃ 2013年10月19日(土)
      15:15~16:15

ところ ┃ 大阪市中央公会堂
http://osaka-chuokokaido.jp
大阪市北区中之島1-1-27

参加費 ┃ 500(前売)、当日700円
※Pコード624-611 Lコード55443


「咲くやこの花賞芸術祭2013」で、同じ文芸部門の受賞者である円城塔さんと中央公会堂で対談します。現在大阪在住の円城さんと、大阪のこと、小説のこと、日々のこと、たくさんお話する予定。ぜひお越しください。



   * * *



ART展
みなとの物語

咲くやこの花賞受賞者&フランス新鋭作家展


と き ┃ 2013年10月18日(金)~20日(日)
      11:00~17:00

ところ ┃ 名村造船所大阪工場跡地=クリエイティブセンター大阪

http://www.namura.cc/
http://www.chishimatochi.info/found/
大阪市住之江区北加賀屋4丁目1-55 名村造船跡地

参加費 ┃ 無料


関西を拠点に国際的に活動する咲くやこの花賞受賞作家4名(組)と、フランスで63年の歴史を誇る公募展「JEUNE CREATION」選出作家2名による、造船所の特異な環境を活かした展覧会を開催します。造船所跡地という「みなと」ではじまる、日仏若手作家がつむぐ「物語」を、ぜひご覧ください。


出品作家 ┃

後藤靖香(ごとう・やすか 1982広島県生れ)
三宅砂織(みやけ・さおり 1975岐阜県生れ)
淀川テクニック(よどがわ・テクニック)
柴田英昭(1976岡山県生れ)+松永和也(1977熊本県生れ)によるアートユニット
パラモデル(ともに大阪府東大阪市生れ)林康彦+中野裕介からなるアートユニット
ローラ・ルブー(1982フランス、マルセイユ生れ)
エンリケ・ラミレス(1979チリ、サンティアゴ生れ)


   
  
   
   
   
   
   
   




プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード