『カール・ヤスパースと実存哲学』









       『カール・ヤスパースと実存哲学』 ミケル・デュフレンヌ/ ポール・リクール 著 佐藤真理人 大沢啓徳 岡田聡 訳
























   『カール・ヤスパースと実存哲学
   ミケル・デュフレンヌ
   ポール・リクール 
   佐藤真理人 大沢啓徳 岡田聡 






















A5判・上製・688頁
2013年 9月 30日発行
発行 月曜社





オビのことば ┃

フランスにおける最大最深のヤスパース研究書(1947年)
ハイデッガーともサルトルとも異なるその実存哲学の全貌を、
若きリクールとデュフレンヌが
渾身の力を込めて描き出す。




目 次 ┃

ヤスパースの序文
前書き
一般的序論
 第一章 実存哲学の課題
 第二章 根本操作――超越
第一部 哲学的世界定位
 第一章 世界は一つの全体ではないということ
 第二章 世界定位の諸限界
 第三章 科学の意味
第二部 実存開明
 第一章 実存と、実存を開明する方法
 第二章 自由
 第三章 交わり
 第四章 世界内の実存――限界状況と「歴史性」
 第五章 真理論
 第六章 倫理学の大要
第三部 超越者と形而上学
 第一章 形而上学の課題
 第二章 超越者と範疇
 第三章 超越者に直面する実存の態度
 第四章 暗号解読
第四部 批判的考察――実存哲学の可能性
 第一章 方法上の問題――例外者と類似者
 第二章 理説上の諸問題――真理と存在
 第三章 理説上の諸問題(承前)――分裂状態と宥和
補遺 『責罪論』について

付録論文1:カール・ヤスパースにおける哲学と宗教(ポール・リクール著/岡田聡訳)
付録論文2:カール・ヤスパースにおける根本状況と限界状況(ガブリエル・マルセル著/大沢啓徳訳)
訳者あとがき
人名索引



詳しくは ↓(月曜社)
http://getsuyosha.jp/kikan/isbn9784865030099.html




画像2(拡大できます)↓




       『カール・ヤスパースと実存哲学』 ミケル・デュフレンヌ/ ポール・リクール 著 佐藤真理人 大沢啓徳 岡田聡 訳2





   
   
  
   
   
   
  
   
  
       
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード