『あくびはどうして伝染するのか』 青土社








     あくびはどうして伝染するのか-003-赤松眞紀 訳





















あくびはどうして伝染するのか
 ―― 人間のおかしな行動を科学する

ロバート・R・プロヴァイン 著
赤松眞紀 訳




















2013年10月刊行
四六判 上製 266頁
発行 青土社


*画像はどちらも拡大できます。


オビのことば

あくびとくしゃみは実は似ている。

妊娠8週目の胎児もしゃっくりをする。

68年間ものあいだしゃっくりが止まらなかった人がいる。

くすぐり合う動物は人間とチンパンジーだけ。

嘔吐は「世界最悪の音」である。

笑いはあえぎ声から進化した。

女性の涙のにおいは男性の性的興奮を抑圧する。…

あたりまえに私たちが毎日している行動を、
科学的に検証すると、予想もしない衝撃の事実が
次々と明らかになった!
発見と驚きにみちた「人間」をめぐる好奇心いっぱいの冒険。



目次など詳しくは ↓(青土社)
http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791767342



  
  
  


   あくびはどうして伝染するのか-002赤松眞紀 訳

  
  
   
       
        


  
  
  
  
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード