『メルロ=ポンティ研究』(第17号 2013年)







     『メルロ=ポンティ研究』(第17号 2013年)


















メルロ=ポンティ研究』(第17号 2013年)
 メルロ=ポンティ・サークル 発行

 ※ 画像は拡大できます。




入手方法など、詳しくは ↓(メルロ=ポンティ・サークル)
http://www.merleau.jp/





目 次



無意識における明るさの問題
――E・ミンコフスキーとメルロ=ポンティ
佐藤 愛



認知バイアスと身体図式
――人間の認知と身体の関係についての試論
柿沼美穂



半側空間無視の人はパースペクティブを失うことは出来るのか
――メルロ=ポンティの眼差しから考える
玉地雅浩



メルロ=ポンティと反遠近法の現象学
澤田哲生



有意味性の現象学
――メルロ=ポンティとレヴィナスの対立点
國領佳樹



レヴィナスの「知覚の現象学」
――『全体性と無限』におけるメルロ=ポンティとの対話
小手川正二郎



「肉」に「外」はあるか
佐藤義之



メルロ=ポンティとレヴィナス
――身体を考える二つの仕方
村瀬 鋼



My Body is a Prison: Investigating Disability in Philosophy with Marice Merleau-Ponty and Emmanuel Levinas
Michael Gillan Peckitt




   * * *


余談ですが
スティル・ライヴズ――脊髄損傷と共に生きる人々の物語
 ↓ (小社ブログ 10月8日記)
http://rakuhoku.blog87.fc2.com/blog-entry-1099.html
も、おすすめです。

 

  
   
   
   


  
  
   
  
   
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード