男は女を守れるか ―― ていうか、どうして守りたいの?




       男は女を守れるか ―― ていうか、どうして守りたいの?2014






ジェンダー・女性学研究所主催 第29回定例セミナー


  男は女を守れるか ―― ていうか、どうして守りたいの?







「男は女を守るもの」といわれています。

しかし、この任務、やや重すぎやしないでしょうか。

そもそも、なぜ男性は女性を守りたいのでしょう。

愛しているから? 本当に? 

こうした問いを通じて、

これからの男女の生き方を考えます。








講師
澁谷知美さん (東京経済大学准教授)



日時 ┃ 2014年 6月12日(木)  11:10-12:40

場所 ┃ 長久手キャンパス 7号棟 7B2教室

アクセス ┃ 
愛知県長久手市片平9
http://www.aasa.ac.jp/guidance/map.html

入場無料

主催 ┃ 愛知淑徳大学ジェンダー・女性学研究所

より詳しくは ↓
http://www2.aasa.ac.jp/org/igws/


澁谷知美
現在、東京経済大学准教授
主な研究領域は男性のセクシュアリティの歴史。

主な著書
『日本の童貞』 (2003年、文藝春秋)
『平成オトコ塾 悩める男子のための全6章』 (2009年、筑摩書房)
『立身出世と下半身 男子学生の性的身体の歴史』 (2013年、洛北出版)





        『日本の童貞』(2003年、文藝春秋)


  













        『平成オトコ塾 悩める男子のための全6章』(2009年、筑摩書房)

















        『立身出世と下半身 男子学生の性的身体の歴史』(2013年、洛北出版)











      
       
            
    
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード