『食べること 考えること』 藤原辰史 著












          『食べること 考えること』 藤原辰史 著
























食べること 考えること
 藤原辰史 


















オビのことば

「食べものって
 単なる死骸の
 かたまりなんですか?」

ナチス・ドイツ時代や明治時代の貧民窟で
食べられていたものは? 

原発とTPPで揺れる日本の食の未来は?

歴史の細部から新しい物語をつむぎだし、
エネルギー、生命倫理、生活文化をめぐって
わたしたちに共考をうながす多彩なテクストを集成。





四六変形 上製 288頁
2014年6月20日発行
発行 共和国
装幀 宗利淳一


詳しくは ↓(共和国)
http://www.ed-republica.com/


より大きなサイズの画像は ↓
http://rakuhoku-books.tumblr.com/tagged/japanesebook2014721










       
    
      
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード