スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『来るべき経済学のために』 橘木俊詔 + 根井雅弘(著)









        『来るべき経済学のために』 橘木俊詔 + 根井雅弘(著)

























来るべき経済学のために
 橘木俊詔 + 根井雅弘(著)












四六判 上製 204頁
2014年11月10日 発行
発行 人文書院
装幀 間村俊一




オビのことば

古典派からトマ・ピケティまで、経済学の歴史と現状を大観し、
大学教育問題を踏まえて、来るべき学問の姿を展望する。


碩学二人による刺激的対話

「いま、教養のある経済学者は本当にまれです」

「日本の大学には経済学部が多すぎる」

「日本では主流派の経済学が根付いていない。だからアンチも育たない」

「正統な経済学を学べば、市場原理主義にはなりえない」


目次など、詳しくは ↓(人文書院)
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b184748.html


より大きなサイズの画像は
http://rakuhoku-books.tumblr.com/tagged/%E3%80%8E%E6%9D%A5%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E3%80%8F




     
         




   
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。