スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オートメーション・バカ』 ニコラス・G・カー 著








        『オートメーション・バカ―― 先端技術がわたしたちにしていること』 ニコラス・G・カー 著 篠儀直子 訳















オートメーション・バカ
 ―― 先端技術がわたしたちにしていること

 ニコラス・G・カー
 篠儀直子



















四六判 上製 336頁
2015年 1月15日 発行
2014年12月22日 発売
発行 青土社




オビのことば

 私たちは
「ガラスの檻」に
 囚われている


運転手がいなくても車が走り、
パイロットが操縦しなくても飛行機が安全に飛び、
さらには、自分の必要としているものも、
道徳的な判断さえも、
すべて機械が教えてくれる世界。
それは一体どんな世界なのか――。

ベストセラー『クラウド化する世界』
『ネット・バカ』の著者が鮮やかに暴き出す、
すべてが自動化する世界の
おそるべき真実!



詳しくは ↓(青土社)
http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791768448



ニコラス・G・カー Nicholas G. Carr
著述家。『ガーディアン』紙などでコラムを連載するほか、多くの有力紙誌に論考を発表。
テクノロジーを中心とした社会的、文化的、経済的問題を論じる。
著書は多くの言語に翻訳され、日本での既刊書に
『ITにお金を使うのは、もうおやめなさい』(ランダムハウス講談社)
『クラウド化する世界』(翔泳社)
『ネット・バカ』(青土社)がある。


篠儀直子 (しのぎ・なおこ)
名古屋大学大学院(西洋史学)・東京大学大学院(表象文化論)を満期退学。
翻訳書に、『フレッド・アステア自伝』、『エドワード・ヤン』、『ネット・バカ』、
『TRUE PREP』、『BOND ON BOND』、『関東大震災の想像力』など。
共訳書は『働かない』、『ヒップ』など。




      『オートメーション・バカ―― 先端技術がわたしたちにしていること』 ニコラス・G・カー 著 篠儀直子 訳2014



より大きな書影画像は ↓
http://rakuhoku-books.tumblr.com/tagged/%E3%80%8E%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%AB%E3%80%8F






  


   
   





   
   
プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。