いくつかの「古書展」

 連休も近づき、各地で古書展が開催されます。
 いくつかの古書展を、その紹介文から引用して下記に紹介いたします。
 なお、メールアドレス中の「@」は当方において「★」に差し替えておりますのでご注意くださいませ。また、日時と場所は再度ご確認くださいませ。

   * * *

春の大即売会

 京都勧業会館で開催される「春の大即売会」は屋内開催では日本最大規模となるもの。関西圏から45店が参加するビック古書展です。一日がかりでたっぷりお楽しみ下さい。


一箱古本市

 東京の谷中、根津を中心に開催される恒例の一箱古本市は今年で六回目。こちらは町歩きを楽しみながら古本と出会える人気のイベントです。
 連休の一日、古本散歩にどうぞお出かけ下さい。

第12回 青空古本掘り出し市
春の古本まつり

 会場には早稲田の古書店を中心に、文学・人文学科・歴史・学術書・美術・全集・叢書・文庫等、様々な分野の古書が出品されます。
 ぜひ、この機会に早稲田に足をお運び頂き、お客様自身で沢山の本の中から新たな出会いを見つけ出して下さい。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日にち:5月19日(月)-5月24日(土)
時 間:午前10時~午後7時(最終日は午後5時終了です)
会 場:早稲田大学構内正門前(大隈講堂向かい)
お問い合わせ先:金峯堂書店 メール: waseda-1★kinpoudou.com
        会期中  080-3275-7103

 会場にて3千円以上お買い上げのお客様毎日先着15名様に、アトム通貨(地域通貨)160馬力をプレゼントいたします。


としょかんのこしょてん VOL.12
佐野繁次郎の装幀本

 千代田区立図書館では昨年のリニューアルの際、神保町の古書店街と連携した展示スペースを設けました。
 各書店が、初版本、手塚治虫、写真史、辞書、和本、映画パンフなど得意とするテーマを月代わりで展示しております。
 5月の展示は「佐野繁次郎の装幀本」となります。本展示は「アンダーグラウンド・ブックカフェ VOL.11」(6月1~3日 東京古書会館)の併催展示「佐野繁次郎の装幀モダニズム」展(同日程)のプレ展示となります。
 本展の企画・展示品は「佐野繁次郎の装幀モダニズム」の企画者でもある林哲夫氏によるものです。小さなスペースですが、サノシゲのエキスいっぱいの展示をぜひご覧下さい。

会期:5月1日(木)~6月4日(水)
会場:千代田区立図書館

「本の街・神田神保町」のポータルサイト
BOOK TOWN じんぼう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード