「週刊 読書人」に書評掲載

週刊 読書人」(5月23日号)に、小社刊行の書籍、エリザベート・ルディネスコ著『いまなぜ精神分析なのか』についての書評が掲載されました。評者は十川幸司さん(精神分析家・精神科医)です。

書評のリード文
「日本の精神医療を巡る状況との著しい類似性 冴えた観点と含蓄のある言葉」

 日本の状況をおさえながら本書の要点をひじょうにうまくまとめてくださっています。なによりも「訳文は丁寧で配慮が行き届いている」と評価してくださったのが、とてもうれしく思います。ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード