イベントのご案内

下記、メールでいただきましたイベントの案内を転載いたします。
 堀田義太郎さんは、小社のアルフォンソ・リンギス著『何も共有していない者たちの共同体』の「解説」を書いていただいております。
 なお、メールアドレス中の「@」は「☆」に、当方において差し替えてあります。日時と場所は再度ご確認くださいませ。

----
ゆるゆるトークかふぇ☆
第5回・2008文月の変!?
======================
グローバルセックスワーク

「選択」と「強制」の
はざまに生きる
「普通の」女性たち
======================
主催:
WcE南茄子プロジェクト、日本女性学研究会
協力:ジュンク堂書店、キッチン・ハリーナ

今回は、タイや東京をフィールドにしてアジアの女性移住労働者、性労働者の調査・支援活動を行って、『セックスワーカーとは誰か~移住・性労働・人身取引の構造と体験』(大月書店2007.12)を著した青山薫さん(ピープルズプラン研究所共同代表)をお招きします。

性労働を性サービスを提供する側の自由意思による労働とみるか、あるいは女性差別構造に支配される奴隷制とみるか、という議論は「少なくとも当事者の役には立ってこなかった」として、その「中間地帯」を目指すという青山さん。タイをフィールドにしたアジアの女性たちの調査事例から、わたしたちの社会がいかに性労働者の存在を落ちこぼしてきたかを学び、問い直す第一歩になれば嬉しく思います。
皆さま、どうぞお越しください。

と き●
2008年7月13日(日曜)
13時半開場 

・Ⅰ部14~17時  
青山薫さんのお話・会場との対話
コーディネーター:堀田義太郎さん

・Ⅱ部18~20時
立食形式で、青山さんとの交流会。(別途参加費1000円)
ビデオ上映や、各団体のアピールなども。※只今受け付け中

ところ●
大学コンソーシアム・キャンパスプラザ京都 
2階ホール

点字音声案内板・EV・車椅子対応トイレあり

参加費●
800円 
※学生&減免自己申告者
500円

参加申し込みは、Fax、メール、郵送で
氏名・連絡先(電話・メール・住所など。学生さんは学校名も。)を明記の上、
参加希望を「Ⅰ部」「Ⅱ部」「両方」の区分でお知らせください。

●事務局連絡先●  
〒600-8127 下京区梅湊町83-1 ひと・まち交流館京都2階 
市民活動総合センターメールボックス59号
WcE南茄子プロジェクト

E-mail:bandanna_nanaco☆yahoo.co.jp


(スピーカープロフィール)
●青山 薫(あおやま・かおる)
ピープルズ・プラン研究所共同代表。
社会学をするフェミニスト。
複数の大学の非常勤講師。請負研究員。
バイセクシュアル・シングルマザー。
性労働、移住労働研究の分野で実証研究への構造化論の応用を追求。
1962年東京生まれ。
●主な論文・著作
・「フェミニスト・プラグマティズムで提案するセックスワーカーの権利運動と人身売買被害者保護運動の間の架橋」
(『インパクション』2006年10月号)
『「セックスワーカー」とは誰か~移住・性労働・人身取引の構造と経験』
(大月書店、2007)

・講師からひとこと♪
成人教育を受けたイギリスにハートを半分置いてきてしまい、最近不便を感じている。
ジェンダーとセクシュアリティ、性労働、移住労働、調査方法論、社会理論に強い関心を持つ。
今年は、調査でまたタイに行けそうな予感にワクワクしている。

●堀田義太郎さん(ほった・よしたろう)
医療倫理学が専門。
皮膚という境界の内部に侵入・
介入する医療行為を正当化する根拠を考えることを通して、
社会規範の根源に迫ることを試みている。
大学非常勤講師・研究員。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード