『学歴・階級・軍隊 高学歴兵士たちの憂鬱な日常』


学歴・階級・軍隊

学歴・階級・軍隊
高学歴兵士たちの憂鬱な日常

高田里惠子 著
2008年7月25日
本体価格 880円
中公新書

 この本、すごく、おすすめいたします。
 おもしろいです!

オビのおもてのことば
近代日本のいびつな縮図
帝大出でも、星が一つの二等兵。牛馬のようにこき使われて、お世辞を言っても、古参兵殿に殴られて…。嗚呼、哀れな毎日よ。

オビの背中のことば
自分は帝大出の二等兵であります

オビのうらがわのことば
戦前の日本で、旧制高校から帝国大学へと進む学生たちは、将来を約束されたひと握りのエリートであった。彼らはある時期まで、軍隊経験をもつ時でさえ、低学歴者にはない優位を与えられた。それが、第二次大戦もたけなわとなる頃から、彼らも過酷な軍隊生活を送らざるを得ない情況となる。本書は、最も「貧乏クジ」を引いた学徒兵世代の恨みと諦めの声を蒐集し、世代と階級を巡る問題を照射するものである。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード