『ディアスポラの力』



ディアスポラの力


ディアスポラの力
ユダヤ文化の今日性をめぐる試論

ジョナサン・ボヤーリン
ダニエル・ボヤーリン 著
赤尾光春 早尾貴紀 訳

体 裁 四六判・上製・424頁
定 価 (本体:4800円+税)
刊 行 2008年6月刊行

すでに多くの書評でとりあげられています。
注目されている本です。

オビのことば
領土国家に代わる別の地盤を提供し、
アイデンティティと政治組織を論争的なかたちで結合する、
「ディアスポラ主義」の高らかな宣言。
2論考を加えた日本オリジナル版。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード