『美味い珈琲はどこにある?』(仮題)

 『美味い珈琲はどこにある?』(仮題)という、書き下ろしの本(単著)を、小社において企画しております。戦後から現在にいたる喫茶店文化の変遷、グローバルな豆市場、スターバックスをはじめとするコーヒー・チェーン店の展開、業界の動向、味覚の変化……「珈琲」からみた、こんにちの日本の社会-文化論となるかと思います。
 この企画とは関係ないですが、季刊『at』(第6号、2006年12月刊、太田出版)に掲載されている、野田公夫著「世界農業類型と日本農業――小農社会における農業・農村主体性」からは、農業経済の歴史的な過程をふくめ、さまざまなことを学ぶことができました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード