『賭博/偶然の哲学』



賭博/偶然の哲学


賭博/偶然の哲学
檜垣立哉 著

四六判・並製・178頁
2008年10月30日発行
本体価格 1,500円+税
河出書房新社
詳しくは→【こちら

オビのことば
競馬をめぐるかつてない洞察にはじまり、ドゥルーズ、九鬼周造、フーコー、ドストエフスキーを斬新に読み解く。偶然の論理と倫理、そしてリスク社会の生をラディカルに問う、気鋭の哲学者による哲学の賭博。

目 次
はじめに
第1章 競馬の記号論
第2章 賭けることの論理 九鬼とドゥルーズ
第3章 賭けることの倫理 リスク社会と賭博
終 章 賭博者たち

こちら↓の本もおすすめです。
檜垣立哉 著
ドゥルーズ――解けない問いを生きる

2002年10月発行
本体価格 1,000円+税
日本放送出版協会

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード