いくつかの本についてのメモ

 すこし前に刊行されていた本ばかりです。


追憶のハルマゲドン

追憶のハルマゲドン
カート・ヴォネガット 著
浅倉久志 訳

四六判・上製・302頁
2008年8月25日発行
本体価格2,000円+税
早川書房

 息子マーク・ヴォネガットによる序文から引用します。

「読書と創作は、それ自体が破壊活動的な作業といえる。このふたつが覆(くつがえ)そうとしているのは、なにごとも現状維持であるべきで、あなたは孤独であり、これまであなたのような気持ちをいだいた人間はほかにだれもいない、という考え方だ。カート・ヴォネガットの作品を読むとき、人びとの頭に生まれる考えは、物事は自分がこれまで思っていたよりもずっと選(よ)りどり見どりなんだな、というもの。この世界は、読者がカートの罰当たりな本を読んだため、いくらか変化するだろう。それを想像してほしい。」[pp.11-12]


マーク・ヴォネガットには『エデン特急』などの作品があります。


学問の下流化

学問の下流化

竹内 洋 著
四六(左右130ミリ)・上製・302頁
本体価格 1,900円+税
2008年10月10日発行
中央公論新社

 タイトルや、オビのことばは、やりすぎだと思います。教育問題、格差社会、大学や日本型教養主義の現状と歴史・・・などをめぐって書かれた本を紹介・批評した本です。つまり「本の本」です。はばひろくさまざまな本が紹介されております。


金と芸術

金と芸術
――なぜアーティストは貧乏なのか?

ハンス・アビング 著
山本和弘 訳
A5判・上製・542頁
2007年1月1日発行
本体価格 3,400円+税
グラムブックス

去年に発行されたものです。ユーモアも効いていて、けっこうおもしろく読みました。参考文献にもあげられていますが、ピエール・ブルデュー『芸術の規則』もおすすめ、かも。


ねじ式、夜が掴む

ねじ式 夜が掴む
つげ義春コレクション

つげ義春
本体760円+税
2008年10月10日発行
ちくま文庫

 「つげ義春コレクション」の第1回目配本です。カバーデザインは、上記の『学問の下流化』と同じく、間村俊一氏によるものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード