ラッツァラート『出来事のポリティクス』の書評


ラッツァラート書評用


小社刊行の、マウリツィオ・ラッツァラート『出来事のポリティクス』が、「週刊 図書新聞」(12月20日号)で書評されました。評者は、入江公康氏です。

同書とともに、ジグムント・バウマン『新しい貧困――労働、消費主義、ニュープア』(伊藤茂 訳、青土社)もとりあげられております。この2冊をあわせた長文の書評となっております。

M・ラッツァラートとZ・バウマンの新刊を読む
闘争に次ぐ闘争を!
「出来事」から思考を開始しなければならない


このバウマンの本も、おすすめです。
『新しい貧困――労働、消費主義、ニュープア』
四六判・252頁
2008年7月24日発行

『新しい貧困――労働、消費主義、ニュープア』

また、入江公康氏の著作として、『眠られぬ労働者たち――新しきサンディカの思考』(青土社、2008年)、『ネオリベ現代生活批判序説』(共著、新評論、増補版 2008年)などがあります。

『眠られぬ労働者たち――新しきサンディカの思考』




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード