「尊厳死」言説をめぐって…

 「尊厳死」をめぐっての言説の変遷については、大谷いづみさんの優れた研究が、いくつも発表されています(→http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/oi01.htm)。雑誌『現代思想』(青土社)や書籍『生命の臨界――争点としての生命』(松原洋子・小泉義之編、人文書院、2005)などでも読むことができます。研究をまとめた本を東京の出版社から刊行される予定と聞きます。こんにちの危うい状況下において、ひじょうに重要な本となることは間違いないと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード