『アラブ、祈りとしての文学』


『アラブ、祈りとしての文学』


アラブ、祈りとしての文学
岡 真理 著

四六判・上製・312頁
2008年12月19日発行
本体 2,800円+税
みすず書房

◆ 詳しくは → 【こちら


◆ カバーの裏
『アラブ、祈りとしての文学』カバー裏


  * * *

 書店に注文しておいたエリック・アザン『占領ノート』(現代企画室)がちょうど届いたばかりで、この休み (世間は) のあいだになんとしても、読みたい!

わたしの読み方はひじょうに狭隘で私的な読み方(誤読)なのですが、岡氏の著作はどれも、じぶんの仕事 (書籍の出版) について考えさせられます。どうやらエリック・アザンもフランスで出版社をしているひとらしく、そのあたりのことにも興味があります。

ご参考までに岡真理氏による著作の一部を下記に挙げておきます。


『棗椰子の木陰で――第三世界フェミニズムと文学の力』


棗椰子の木陰で――第三世界フェミニズムと文学の力

四六判・上製・294頁
2006年7月刊行
本体 2,200円+税
青土社

◆ 詳しくは → 【こちら



『彼女の「正しい」名前とは何か』


彼女の「正しい」名前とは何か

四六判・上製・318頁
2000年9月刊行
本体 2,400円+税
青土社

◆ 詳しくは →【こちら



『記憶/物語』(思考のフロンティア・シリーズ)


記憶/物語』(思考のフロンティア・シリーズ)

四六判・並製・124頁 (横組み)
2000年2月刊行
本体 1,200円+税
岩波書店


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード