ガブリエル・タルドの新刊


『社会法則/モナド論と社会学』

『社会法則/モナド論と社会学』
ガブリエル・タルド 著


村澤真保呂 + 信友建志 訳
四六判・上製・266頁
2008年12月30日発行
定価 本体3,800円+税
河出書房新社

オビのことば
あらゆる事物は社会であり、あらゆる現象は社会的事実である。
タルドが主要著作をみずから要約した『社会法則』、その特異な方法論をあきらかにした『モナド論と社会学』。ますます新しい「無限小」の社会学者タルドのエッセンス。

詳しくは →【河出書房新社】のページ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード