『密やかな教育』の紹介記事



『月刊アフタヌーン』6月号



月刊 アフタヌーン』6月号(4月25日発売)に
『密やかな教育――〈やおい・ボーイズラブ〉前史』
の紹介記事が掲載されました(されておりました)。
いまになってようやく知りました (すみません)。

評者は、森川嘉一郎氏です。

[前略] しかし、そもそもなぜ、1970年代に、少女マンガ誌上で、少年同士の恋愛を題材とする少女マンガが展開され始めることになったのか。関係者のインタビューなどを元に、学術的精度ではじめて本格的に検証したのが、本書である。[中略] 腐女子ややおいを扱った本の刊行が目立つようになってきているが、ついに出るべき本が出たという感じである。


評者の森川嘉一郎氏の著作として――

『趣都の誕生――萌える都市アキハバラ』(幻冬舎文庫)
→ 【アマゾン

『エヴァンゲリオン・スタイル』(第三書館)
→ 【アマゾン

などなどがあり、また、
『10+1』(INAX出版)や『季刊 d/SIGN』(太田出版)などに、
建築や都市をめぐる論考を多数発表されています。
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード