メルロ=ポンティ研究 第13号



        メルロ=ポンティ研究・第13号


「メルロ=ポンティ研究」 第13号

編集発行 メルロ=ポンティ・サークル
2009年10月1日発行


入手方法など、詳しくは →【メルロ=ポンティ・サークル



目 次


メルロ=ポンティとゲルプ・ゴルトシュタイン
――病理的現象の記述に関する方法的考察
   澤田哲生


メルロ=ポンティにおける知覚経験と論理、形式化
   齋藤瞳


生産と受容の立場を超えて
――メルロ=ポンティの芸術論がもつ可能性について
   柿沼美穂


メルロ=ポンティにおける共通感覚
――再認モデルに抗して
   國領佳樹


メルロ=ポンティにおける音響世界の意味
   山下通


作品/問題の場
   本郷均


メルロ=ポンティと音楽美学
   椎名亮輔


ダンスをみる〈眼〉
   貫成人
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード