同志社大学での2つの催し

下記、2つの催し。
日時と場所は再度ご確認くださいませ。

***



        ロナルド・ドーア 『働くということ』


シンポジウム
ベーシック・インカムは
市場社会に人間の尊厳を取り戻せるか
ロナルド・ドーア先生を囲んで


日時 11月13日(金)13時15分~16時30分
 (入場無料・申込不要)

教室 同志社女子中高・静和館4Fホール
地図参照


メイン・スピーカー
ロナルド・ドーア教授(同志社大学名誉文化博士)
「尊厳と貧困:ベーシック・インカムをめぐって」

シンポジスト:
橘木俊詔(同志社大学ライフリスク研究センター所長)
小沢修司(京都府立大学公共政策学部長)
岡野八代(同志社大学アメリカ研究科教員)
司会:山森亮(同志社大学経済学部教員)

メイン・スピーカー紹介
ロナルド・ドーア先生は1925年イギリス生まれ。半世紀以上に渡り日本研究を続け、『イギリスの工場・日本の工場』、『日本型資本主義と市場主義の衝突』、『働くということ』など著書多数。ロンドン大学LSEアソシエイト、本学名誉文化博士。

主催 同志社大学経済学部・経済学会
共催 同志社大学ライフリスク研究センター
問い合わせ先:同志社大学経済学部研究室事務室
(会場は同志社大学ではなく同志社女子中高内になります。ご注意下さい。)

   * * *


        金と芸術・なぜアーティストは貧乏なのか


講 師 : H.Abbing(アムステルダム大学教授)
テーマ :アーティストは何故貧しいのか

日 時 2009年10月26日(月) 午後4時~6時
場 所 光塩館 共同研究室
→ 【マップ
同志社大学経済学会主催
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード