ジュンク堂京都BAL店でのフェア開催中


ジュンク堂京都BAL店でのフェアは
12月末まで行なっています。
ぜひ、のぞいてみてください。
パンフレットも常置しております。

パンフレットをご覧いただけましたら、
選書された本と本とが、
いっけん相互に関連なさそうな本と本とが
つながっていきます。

   * * *

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ JUNKU 京都BAL店
  フェア&トークセッション

創造せよ! プロにまかせるな!
――新鋭の思想家 廣瀬純が選ぶ人文書フェア

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 万国の「普通の人」たちよ、創造せよ!
 パワーポイントを駆使するプレゼン屋どもの時代は終わった。
 新鋭の思想家 廣瀬純が、哲学、文学、歴史、映画、音楽、料理など、さまざまな領域を横断して、生活のただなかに創造行為を取り入れる基礎体力アップのための、人文書を紹介します。
 廣瀬氏が選書のために書き下ろしたコメント付きのパンフレットを、フェア棚に常置。同時に、映画雑誌「nobody」のバックナンバーを、関西で初めて展示&販売いたします。ご来店をお待ちしております。


■ 廣瀬 純 Hirose Jun ■■■■■
1971年生。龍谷大学経営学部教員。
映画批評誌『VERTIGO』編集委員。
―― 著書として ――
『美味しい料理の哲学』(2005年、河出書房新社)
『闘争の最小回路――南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン』(2006年、人文書院)
『闘争のアサンブレア』(コレクティボ・シトゥアシオネスとの共著、2009年、月曜社)
『シネキャピタル』(2009年、洛北出版)
―― 訳書として ――
パオロ・ヴィルノ『マルチチュードの文法』(2004年、月曜社)
トニ・ネグリ『芸術とマルチチュード』(2007年、共訳、月曜社)
同『未来派左翼』(2008年、NHK出版)など


■■■「nobody」誌については ↓
  →【nobody


■ 選書フェアの期間 ■■■■■
11月 2日~12月末まで
7階・人文書フェアコーナーにて展開中。

■ 場 所 ■■■■■
ジュンク堂書店 京都BAL店 7階・人文書売り場
  京都市中京区河原町通三条下る二丁目山崎町
  京都BALビル・7階
   TEL 075-253-6460
   FAX 075-253-6470
   営業時間:午前11時~午後8時

♪ マップ → 【マップ

♪「ジュンク堂 京都店」とお間違えなきよう!
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード