「hanare」でのイベント




京都の左京区一乗寺の「hanare」での
イベントのご案内です。
日時と場所は再度お確かめくださいませ。


    * * *


1月17日(日) 19:00~
喫茶はなれ X「暴走実験室」
@radlab.


アーティスト増本泰斗さんが企画する「暴走実験室」(会期:1/16~1/23)にhanareが参加することになりました。増本氏の映像作品を毎日上映するとともに、日替わりで訪れるゲストたちと増本氏がパフォーマンスを行うこの企画、hanareは1/17(日)19時から、いつもとひと味もふた味も違った「喫茶はなれ」を展開します。名付けて、「質問喫茶はなれ」。日々の生活に関わることから、政治的指向性まで、バラエティに富んだ質問を来場者に答えてもらい、それを私たちの独断と偏見で採点し、その採点にあった、食事を提供します。
詳細は→http://www.yasutomasumoto.com/blog/



■1月18日(月) 20:00~
レクチャー 「アナキスト青春旅行」by 志賀直輝
 @喫茶はなれ


志賀直輝さん(アナキスト+仏教徒)を迎えてレクチャーを開催します。今回は、志賀さんの「タイ、ビルマ、ネパール、インドの仏教寺院で修行し、ヒッピーの村でモクモク引きこもる。ストリートチルドレンの施設でボランティアする。パレスチナのイスラエル占領地で人間の盾に参加。ヨーロッパ各地のスクオットハウスやレズビアンのコレクティブハウスで居候。メキシコのサパティスタ民族解放軍の自治区でオブザーバーに参加。キューバで漁師をする。」という過去3年間の旅についての話してもらいます。
詳細は→http://hanareproject.net/blog/index.html
※喫茶はなれの営業は通常通りです。



■1月25日(月) 20:00~
プレゼンテーション by Nadav Harel(ナダッフ・ハレル)
 @喫茶はなれ


hanareとradが共同で運営しているレジデンスプログラム「Interesting People in Residence」の一環として、2010年1月14日から1月31日まで、イスラエル人のフィルムディレクター、ナダッフ・ハレルがhanareradに滞在します。期間中は、塩についてのドキュメンタリー作品「Salt」についてのリサーチを行う予定です。25日のレクチャーでは、ドキュメンタリーからサイエンスフィクションまで、幅広い作品を手がけてきたナダッフのこれまでの作品を紹介する他、滞在中のリサーチについても、来場者と意見交換をする予定です。
詳細は→http://hanareradblog.blogspot.com/
※喫茶はなれの営業は通常通りです。

 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード