2月に予定されている様々なイベント



2月に行なわれる予定のさまざまなイベントの
ご案内です。アースインテグレートからの案内を
転載いたします。
日時と場所は再度お確かめくださいませ。

     * * *


写真展
MONOCHROME
写真誌「81LAB.」発行4周年記念 写真展


◆と き 2010年1月29日(金)~2月10日(水)
     10:00~19:00
◆ところ ギャラリー・アセンス美術 心斎橋アセンス5階
http://www.athens.co.jp/gallery/event/1001_81lab/index.html
◆参加費 無料
◆問い合せ Photography Magazine 81lab.
◆公式サイト http://www.81lab.com/

81LAB.参加作家から、中川裕司、山内浩、横山隆平、多田ユウコに加え、赤々舎より『アンニョン』を出版した徐美姫をスペシャルゲストに迎えての全作家モノクロームプリントによる写真展。
★トークイベント 1月30日(土)「徐美姫×81LAB.メンバー」は終了です。

     * * *


ほんやの展示会
ほんと ほんの ほん


京都造形芸術大学 情報デザイン学科
絵本・ブックデザインゼミ 展


出 品
一法師沙織/伊藤将人/越後ひろみ/大向杏/佐藤政志/
仲宗根厚/原島友希/前地志保/前田香弥/
森有平/森垣満美/余田真絵

◆と き 2010年2月1日(月) ~ 14日(日)
◆ところ 大垣書店 烏丸三条店
http://www.books-ogaki.co.jp
      京都市中京区烏丸三条上ル 烏丸ビル1階
      平日・土;9:30~23:00
      日・祝日;10:00~22:00
◆参加費 無料
◆問い合せ 造形大情報デザイン学科研究室

     * * *


高橋真琴の夢とロマン展
少女達の瞳が輝く時

La petite princesse de Macoto


◆と き 2010年2月3日(水)~21日(日)[会期中無休]
     開館時間 10時 ~20時(入場締切19時30分まで)
◆ところ 美術館「えき」KYOTO
     電話:075-352-1111(大代表)
     京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
http://www.wjr-isetan.com/kyoto/floorevent/index_7f.html
◆入場料 600円

大きな瞳に輝く星と優雅に舞う花々…少女漫画の王道とも言えるこの伝統的な表現は半世紀以上のときを重ね、一人の画家によって『少女画』として確立されました。絵物語や漫画をはじめ、高橋真琴ならではの華麗で繊細に描かれた『少女画』は数多くの少女誌の表紙を華々しく飾り、また一方では文具や雑貨のデザインを積極的に行い、少女達に宝物のように愛用され、「憧れ」や「ときめき」の象徴として一世を風靡しました。

『少女画』にはパリの風景、流行のファッション、ヘアスタイルなど、少女達の心を満たすエッセンスが凝縮され、豊かな想像力を養うほどに魅了したのです。『少女画』の多くが正面を向いている理由には、明確な作家の願いと意図があるのです。嬉しい時や悲しい時に、見る者と「描いた少女」が共に語り合えるようにと、微妙な表情を意識して描いています。『少女画』は心で見る事で語り合え、自分だけの物語も生み出すことができるのです。卓越した高橋真琴の画業は各界で活躍する作家達にも少女期文化のバイブルとして多大な影響を与え続けています。

本展では、原画の他、真琴デザイン文具、雑貨、また初公開となるラフスケッチや貴重な資料など、約230点を展覧します。高橋真琴の初期から現在に至る代表作の原画を最大規模で一堂に集め、一代で築いた『少女画』の魅力を余す事なくご紹介します。繊細な作品の創造過程にも迫る、初の試みです。

◆主催 朝日新聞社/特別協力:真琴画廊/協力:スタジオ・タック

     * * *


「sumus」 13号
まるごと一冊 晶文社特集


編集人 林哲夫
発行人 山本善行
発 行 スムース
発 売 みずのわ出版
2010年2月10日頃発売予定
四六・変形判・200頁
本体1500円(税込み1575円)
◆詳細は ↓
http://www.mizunowa.com/book-shousai/sumus_13.html

[はじめに] 2004年5月以来の発行となります。この間、書物を取り巻く世界は大きくさま変わりしました。それらが、今後どうなって行くのかもまったく見えてきません。こんな大変なときにこそ小野二郎と中村勝哉というゴールデンコンビの築いた晶文社の50年にわたる出版活動を振り返ることが大きな意味をもつのではないでしょうか。いえ、とにかく数々の素晴らしい書物、それらを思い浮かべるだけでワクワクしてしまいます。

     * * *


勁版会 第315回
NHKドラマガイドの作り方


ゲスト・スピーカー
 山尾とも子/江澤恭子

◆と き 2010年2月19日(金)19:00~
◆ところ 新大阪丸ビル 本館会議室 712号室
     大阪市東淀川区東中島1-18-5
     電話06-6321-1516
http://www.japan-life.co.jp/jp/about/map.html
◆参加費:400円程度(会場費を参加者で頭割り)
*終了後、懇親二次会を予定 参加費3,000円程度


NHK「朝の連続テレビ小説」=朝ドラは、東京/大阪と交互制作。現在放映中の「ウェルかめ」は、大阪制作です。大阪制作のドラマガイド(NHK出版)は、大阪で取材・制作されています。「ウェルかめ」「だんだん」「ちりとてちん」など10年以上、ドラマガイドの取材と執筆に関わるライターお二人に、ドラマガイドの面白さ、俳優への取材秘話、NHK出版編集部とのつきあい方など、楽しく話していただきます。


講師プロフィール
山尾とも子(フリーランスライター)
中学校教師、OL、編集プロダクション勤務を経て1990年よりフリーランスのライターになる。NHK出版発行の育児雑誌(月刊)で11年余り、毎月取材原稿を書いた。並行して書籍のリライトなども行う。現在の主な仕事はNHKの朝ドラ(大阪局制作分)のドラマガイドで俳優に取材・執筆する仕事や、教育TVの「趣味悠々」で放送される茶道関連のテキストの取材・執筆。趣味は古典芸能および伝統工芸の鑑賞、茶道、着物。

江澤恭子(フリーランスライター)
損害保険会社、食品メーカーでの消費者相談、情報サービス会社の広報担当などを経て、1995年、大阪の「アミ編集者学校」で編集の基礎を学ぶ。96年よりライター業を開始。現在の仕事はNHKの朝ドラのドラマガイドとホームページの原稿執筆、『オーディオインフォ(補聴器専門雑誌)』記者、社内
報の社長インタビュー、広報誌など。著書に『人を助ける犬たち 犬とともに歩む人たち』(ミネルヴァ書房)。

     * * *


トークセッション
生きのびるための、哲学
『「戦後」の思想 カントからハーバーマス』
(白水社)刊行記念


◆と き 2010年2月20日(土)
     開場14:00/開演15:00~ 
◆ところ 海文堂書店 2F ギャラリースペースSea Space
     神戸市中央区元町通3-5-10
     電話 078-331-6501
http://www.kaibundo.co.jp
◆参加費 500円

出 演
細見和之(ほそみ・かずゆき)
1962年、兵庫県篠山市生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程終了。現在、大阪府立大学人間社会学部教授。ドイツ思想専攻、詩人。
著書『アドルノ 非同一性の哲学』(講談社)、『言葉と記憶』(岩波書店)。
訳書にベンヤミン『パサージュ論』全五巻(共訳、岩波現代文庫)ほか多数。
詩集に『言葉の岸』(思潮社)、『ホッチキス』(書肆山田)。

聞き手
季村敏夫(きむら・としお)
1948年、京都生まれ。神戸市長田区で育つ。詩人。古物、古書籍商を経て、現在、アルミ材料商を営む。
著書に『記憶表現論』(共著、昭和堂)、『山上の蜘蛛 神戸モダニズムと海港都市ノート』(みずのわ出版)。詩集に『木端微塵』(書肆山田)ほか。

◆予約方法 電話、FAX、メールで海文堂書店までお願いいたします。
◆50名を超えた場合、立ち見になる可能性があります。ご了承ください。

     * * *


講演会
貧困大国アメリカの未来
性別を越えて私たちは進む


ゲスト
堤 未果
著書『ルポ 貧困大国アメリカ』『同 Ⅱ』(岩波新書)

◆と き 2010年2月20日(土)14:00~
◆ところ 高槻市立総合市民交流センター
     高槻市紺屋町1-2 電話 072-685-3725
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/
◆参加費 無料  *定員*申込先着順*120名

堤未果のページ
http://mikatsutsumi.spaces.live.com/
堤未果のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/bunbaba530/folder/8268.html

 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード