『Field+(フィールドプラス)』




     『Field+(フィールドプラス)』

     『Field+フィールドプラス)』

     発行 東京外国語大学出版会
     仕様 A4判・並製

目次など詳しくは ↓
http://www.aa.tufs.ac.jp/field-plus/


全ページ、オールカラーです。
調査地(現場)での、人々の暮らしの
息遣いが伝わってきます。
「高校生以上の若い世代をふくむ多くの読者を対象」
としているように、学問的な水準を落とすことなく、
平易な文章表現で書かれています。
32頁のページ数ながら、読みごたえがあります。

以下、上記HPより企画趣旨を抜粋します。

     * * *

 AA研[東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所]では,2007年に廃刊したニュースレター『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』に代わって,研究所の活動を報告する新たな媒体として,2009 年1月に『Field+(フィールドプラス)』を創刊しました。

 『Field+』は,言語学・歴史学・民族学をそれぞれ専門とするAA研の所員やプロジェクトをともに運営する共同研究員をはじめ,人文科学に留まらない多くの分野で活躍する新しい発想をもった研究者を執筆陣に迎え,世界のあらゆる場所をフィールド(調査地)として出かけていく研究者たちの新しい取り組みや,その過程で得られた経験を,さまざまな角度から紹介します。

 自分がおもむいた場で,見る,聞く,話す,感じるといった五感を駆使したフィールドワークから得られる経験は,実は私たちの日々の暮らしの中にも見いだすことができるもので,そうした知的刺激を読者に届けたいという願いが「フィールドプラス」というタイトルに込められています。

 『Field+』は年2回(1月・7月)刊行し,高校生以上の若い世代をふくむ多くの読者を対象として,豊富なカラー写真や図版を使いながら,フィールド研究の面白さを伝えていきます。
 
 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード