トマス・ピンチョン全小説





「ピンチョン全作品刊行決定!
 12年の時を経て、再び沈黙が破られる!」

だそうです。

より詳しくは ↓(新潮社)
http://www.shinchosha.co.jp/zenshu/tomaspynchon/_SWF_Window.html


以下は、「bk1」の記事からの転載です。

   * * *

現在の世界文学を代表する天才作家トマス・ピンチョンの全小説作品が、すべて新訳・訳し下ろし・改訳で、ついに刊行決定! 今後3年間に渡って全12冊が刊行される予定となっており、初回は、ピンチョン作品の中で最高傑作とも評される、『メイスン&ディクスン』が柴田元幸氏渾身の訳により、復活! 6月末刊行予定。

内容紹介
新大陸に線を引け! ときは独立戦争直前、
ふたりの天文学者の測量珍道中が始まる――
のちに合衆国南部と北部を分けることになる、
歴史的な境界線を定める旅の果てとは。

トマス・ピンチョン全小説 メイスン&ディクソン()上・下』
トマス・ピンチョン著/柴田元幸訳
出版 : 新潮社
税込価格(予価):【上巻】 3,780 (本体 : 3,600)
           【下巻】 3,675 (本体 : 3,500)

 
 
 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード