シンポジウム やおい/BL(研究)の今を熱く語る





下記、ご案内まで。

Women's Action Network(WAN)のwebサイトより
転載いたします。
このシンポジウムに連動した特集企画が
WANのwebサイトに掲載されはじめているようです。

WAN ↓
http://wan.or.jp/

シンポジウムの案内 ↓
http://wan.or.jp/reading/?p=364



* * *


シンポジウム
やおい/BL(研究)の今を熱く語る


日 時:2010年9月11日(土)13:30~17:30(開場13:00)

会 場:大阪市立大学文化交流センターホール
    大阪市北区梅田1-2-2-600(大阪駅前第2ビル6階)

マップ ↓(大阪市立大学のサイト)
http://www.osaka-cu.ac.jp/info/commons/access-umeda.html

★ 参加無料
要事前申し込み


主 催:大阪市立大学人権問題研究センター
共 催:NPO法人ウィメンズアクションネットワーク、大阪腐女子研究会


司 会
古久保さくら(大阪市立大学大学院人権問題研究センター)
シンポジスト
東園子(大阪大学大学院人間科学研究科/文化社会学・ジェンダー論)
堀あきこ(団体職員/マンガ・ジェンダー・セクシュアリティ・社会学)
守如子(関西大学社会学部/ジェンダー研究・社会学)
(五十音順)
コメンテイター
秦美香子(神戸大学大学院国際文化学研究科異文化研究交流センター/ジェンダー研究・マンガ研究)
増田聡(大阪市立大学大学院文学研究科/音楽学・メディア論)
(五十音順)



主 旨
「やおい」または「ボーイズラブ(BL)」と呼ばれる男同士の恋愛を主題とした創作物は、女性を中心に支持を集めてきました。一方、「BL本」を排斥しようという動きがあることも事実であり、研究や評論、マスコミの報道、ウェブ上などで、「やおい/BL」は様々に語られています。
でも、そもそも「やおい/BL」って何だろう? どういうところに魅力があるんだろう?
当日は、「やおい/BL」研究者やポピュラーカルチャー研究者が集結し、(刺激的で)熱いトークを展開します! これを聞けば、「やおい/BL」に関する日頃のもやもやが解消される…かも?


お申し込み
シンポジウムへの参加を希望される方は、氏名・職業・年齢・連絡先(メールアドレス)を明記の上、下記までお申し込みください。申し込み多数の場合は抽選とします。
申し込み締切:2010年9月3日(金)24:00
申し込み先:yaoibl.symposium【あつとまぁく】gmail.com


プログラム
第1部:シンポジストによる発表
堀あきこ「BLはなにを欲望するのか」(仮題)
東園子「やおいはなぜ恋愛を描くのか」(仮題)
守如子「やおい/BLはいかに語られてきたのか」
(発表順)
第2部:全体討論


お問い合わせ

大阪市立大学人権問題研究センター
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
FAX:06-6605-2037

 
 
 
 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード