『日本のフェミニズム』完結記念公開シンポジウム






        『日本のフェミニズム』「権利と労働」の巻







下記、転載いたします。
日時と場所は再度お確かめくださいませ。
 * 上記画像は第4巻です


     * * *







『日本のフェミニズム』全12巻完結記念公開シンポジウム

主催:『日本のフェミニズム』全12巻完結記念シンポ実行委員会
共催:東京大学ジェンダーコロキアム
後援:東北大学グローバルCOEプログラム「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」東京大学社会科学研究所連携拠点・岩波書店



時:2011年1月30日(日)13時半-18時(開場13時)
所:東京大学文学部1大教室(法文2号館2階)
東大本郷キャンパスマップ
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html



旧版『日本のフェミニズム』全7冊別冊1(1994-96)から15年。90年代以降に飛躍的に発展した女性学・ジェンダー研究の成果をとりいれて増補新版『新編 日本のフェミニズム』全12巻(2009-2011)が、第9巻『グローバリゼーション』(刊行予定2011.1.28)をもって完結します。このアンソロジーは、日本のフェミニズムの財産目録というべきもので、次世代にバトンを手渡すためにつくられました。長期にわたる関係者の尽力に感謝し、完結を記念して以下の公開シンポジウムを開催します。


プログラム


総合司会:十時由紀子
開会挨拶 編集者の立場から 十時由紀子


第1部 
完結にあたって:「日本のフェミニズム」を手渡すために 編者を代表して 井上輝子(和光大)
アンソロジーの政治   上野千鶴子(東京大)


第2部
「日本のフェミニズム」を若い世代が読む
40代が読む 岡野八代(同志社大)
30代が読む 熱田敬子(早稲田大)
20代が読む 草野由貴(東京大)


第3部
15年後にアンソロジー改訂版をつくるとしたら?3つの編集方針をめぐって
日本語圏を超えて(言語ナショナリズム批判) 北村文(明治学院大学)
当事者性とヘテロセクシズム(異性愛主義批判) 齋藤圭介(東京大学)
メディアの多様化(印刷メディア至上主義批判) 妙木忍(東京外国語大学)


第4部
コメントに応えて  
編者全員 天野正子(東京家政大学)・井上輝子(和光大学)・伊藤公雄(京都大学)・伊藤るり(一橋大学)・上野千鶴子(東京大学)・江原由美子(首都大学東京)・大沢真理(東京大学)・加納実紀代(敬和学園大学)・斎藤美奈子(評論家)  司会 千田有紀(武蔵大)
討論

閉会挨拶 江原由美子



入場料:無料(ただし資料代500円をちょうだいします)
問い合わせ:東京大学上野研究室


参 考
【『新版』と略称】天野正子・伊藤公雄・伊藤るり・井上輝子・上野千鶴子・江原由美子・大沢真理・加納実紀代編/斎藤美奈子編集協力2009-2011『新編 日本のフェミニズム』全12巻、岩波書店(1リブとフェミニズム/2フェミニズム理論/3性役割/4権力と労働
/5母性/6セクシュアリティ/7表現とメディア/8ジェンダーと教育/9グローバリゼーション/10女性史・ジェンダー史/11フェミニズム文学批評/12男性学)
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch


『旧版』と略称
井上輝子・上野千鶴子・江原由美子編/天野正子編集協力1994-96『日本のフェミニズム』全7冊・別冊1、岩波書店(1リブとフェミニズム/2フェミニズム理論/3性役割/4権力と労働/5母性/6セクシュアリティ/7表現とメディア /別冊男性学)

 
 
 
 
 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード