『死想の血統──ゴシック・ロリータの系譜学』

『死想の血統』

 『死想の血統──ゴシック・ロリータの系譜学』樋口ヒロユキ著(冬弓舎)が刊行されました。おもしろいです。おすすめです。
 詳しくは、冬弓舎のサイトをご覧くださいませ。目次や「はじめに」の文章を読むことができます。

【帯文】
平成の澁澤龍彦、ここに降臨。
本書は、暗黒少女のための聖書であり、
美術史に捧げる劇薬だ。
――今一生(ライター・編集者)

天衣無縫にして満身創痍。
鏡の国の行く末を憂う
すべての縫合少女たちへ!
――やなぎみわ(現代美術作家)

【仕様】
定価2415円(税込)
ISBN978-4-925220-22-4
四六判/並製本/328頁/カラー口絵4頁
口絵写真:恋月姫/清水真理/与偶

【本書「はじめに」より】
……この本はゴス好きのビギナーに向けて書かれた本であると同時に、ゴスロリを周りから見て理解不能の烙印を押している「普通の人々」のための本でもある。また、同時にどっぷりゴスにはまっている人、既にアーティストとして活動している人が、「社会の中でゴスはどういう位置を占めているのか」を考える上での、何らかのヒントにもなるはずだ。この本は誰が読んでも構わないし、誰が読んでもきっと何かの役に立つだろう。そんなふうに俺は自負している。……

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード