「京都の家」 という取り組み



まだ活動が立ち上がったばかりのようですので、
過剰な期待やプレッシャーをかけるのは控えましょう。
こんごを期待します、ということで、
下記、メモをいたしておきます。
( 居丈高な言い方ですみません。)

     * * *


京都の家」という取り組みが始まる
http://twitter.com/kyotonoie

http://kyotonoie2011.wordpress.com/


「2011年東北地方太平洋沖地震で被災して行き場のない方を、京都のシェアハウス・ゲストハウスのネットワークを利用して受け入れます。」
 
 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード