国際NGOからみた日本復興の課題―被災地からの報告




        国際NGOからみた日本復興の課題―被災地からの報告



下記、転載いたします。
ジュンク堂書店 難波店でのイベントです。


     * * *






ジュンク堂書店 難波店



伊勢賢治 著
『紛争屋の外交論』(NHK出版新書)刊行記念




   国際NGOからみた日本復興の課題
   被災地からの報告



   伊勢賢治 × 篠田英朗


大学で平和構築学を教える一方で、数々の海外現場で活動する筋金入りのアクティビストの顔をもつ伊勢さんと篠田さん。

「人間の安全保障」の観点から紛争後国の復興事業を担うNPO「ピースビルダーズ」を率いるお二人が、風評被害いちじるしい福島県いわき市をはじめ、支援の手が届きにくい東北の被災地に入りました。

国際貢献の経験は自国の復興にどう役立つのか。そして現地の声は――。

理論と実践を兼ね備えたエキスパートが、ポスト震災の日本の課題を、来場者とともに考えます。



パネラー紹介

伊勢賢治(いせざき・けんじ)
NPOピースビルダーズ代表理事。東京外国語大学大学院「平和構築・紛争予防講座」担当教授。国際NGOでスラムの住民運動を組織した後、アフリカ各地で開発援助に携わる。国連PKO上級幹部、日本政府特別代表として東ティモール、シエラレオネ、アフガニスタンの武装解除を指揮。『武装解除』(講談社現代新書)『国際貢献のウソ』(ちくまプリマー新書)など著書多数。


篠田英朗(しのだ・ひであき)
NPOピースビルダーズ理事。広島大学平和科学研究センター准教授広島平和構築人材育成センター事務局長。1993年に国連のカンボジアPKO活動で投票所責任者を務める。以降、ロンドン大、ケンブリッジ大、コロンビア大等での研究を経て、現職。著書に『平和構築と法の支配』(創文社、大佛次郎論壇賞受賞)、『国際社会の秩序』(東京大学出版会)など。


日 時┃ 2011年 4月 24日(日) 14: 00 ~


会 場┃ 難波店3階カウンター前特設会場。★入場無料。


場 所┃ ジュンク堂書店 難波店
      大阪市浪速区湊町1丁目2-3 マルイト難波ビル
      TEL 06-4396-4771


受 付┃ 同店3階カウンター、お電話でも予約承ります。


 
 
 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード