『空間のために ― 遍在化するスラム的世界のなかで』









          『空間のために ― 遍在化するスラム的世界のなかで』






























  『空間のために遍在化するスラム的世界のなかで
   篠原雅武






    2011年5月15日発行
    四六判・上製・220頁
    本体価格 2,200円
    以文社








   2011-5-23-005










   目 次


   序 章 生活世界の荒廃
   第一章 空間と領土性
   第二章 空間の質感
   第三章 再領土化の諸問題
   第四章 流動と停止
   第五章 壁
   第六章 虚構と想像
   第七章 来るべきスラム化に備えて
   第八章 空間的想像力の奪還
   終 章 黄金時代に秘められた地獄
   あとがき























2011-5-23-006









篠原雅武 (シノハラ・マサタケ)
1975年生まれ。都市論・政治論。1999年京都大学総合人間学部卒業。2004年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位認定退学。京都大学博士(人間・環境学)。現在、非常勤講師。
著書に、『公共空間の政治理論』(人文書院、2007年)。
訳書に、C・ムフ『政治的なものについて ― 闘技的民主主義と多元主義的グローバル秩序の構築』(明石書店、2008年、酒井隆史監訳)、M・デイヴィス『スラムの惑星 ― 都市貧困のグローバル化』(明石書店、2010年、丸山里美との共訳、酒井隆史監訳)、J・ホロウェイ『革命 ― 資本主義に亀裂を入れる』(河出書房新社、2011年、高祖岩三郎との共訳)。
 
 
  
 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード