「希土」 36号 2011年




   「希土」 36号 2011年





















希土」 36号 2011年


発行 希土同人社
2011年8月1日発行

入手方法は、京都府立大学文学部ドイツ文学研究室にお尋ねください。



目 次



一八一六年のロッテ
 ― トーマス・マンの小説『ヴァイマルのロッテ』をめぐって
   友田和秀


気になる小説再読(8)
 ― ヴィーラント『アブデラ人の物語』
   山口 裕


フリードリヒ・シュペー
『十字架のキリストが交わすかなしみの問答』
   吉田孝夫


味覚・愛・言葉
 ― 近代ドイツ文学と「食」のモティーフ
   松村朋彦


『ヴィルヘルム・テル』における愛と政治
   菅 利恵


神と人と動物と
 ― 『ヨゼフ物語』における犠牲について
   千田まや


呼びかけとしての詩
 ― パウル・ツェラン素描
   國重 裕


二つの小説におけるドイツ/ヨーロッパ/アメリカ
 ― K・マンの『火山』とW・ケッペンの『草むらの鳩たち』
   山口知三


マルボーとショーペンハウアー
   青地伯水


マルボー
 ― ある伝記(7)
 ヴォルフガング・ヒルデスハイマー
 青地伯水 訳
 
 
 
 

 
  
 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード