戦後都市周縁を記述する ― 計画と生成のジレンマをめぐって



    戦後都市周縁を記述する ― 計画と生成のジレンマをめぐって
























釜ヶ崎のススメ』の編著者の一人、原口剛さんが
発表されます。以下、転載いたします。
日時と場所は再度お確かめのうえお出かけくださいませ。


     * * *




神戸大学大学院人間発達環境学研究科
学術 WEEKS2011 参加企画




戦後都市周縁を記述する
計画と生成のジレンマをめぐって








趣 旨

戦後の都市周縁をいかに記述するのか。

そこに見える空間・場所の構造を探るとき、

計画と生成との間に現われるジレンマは

どう位置づけられるのか。


本研究集会では、人文地理学、都市社会地理学、

都市史学における研究事例を紹介し、

視座や問題認識を検討します。





日 時┃ 2011年11月15日 (火)
      16時00分~19時00分

場 所
┃ 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 F棟553教室
      神戸市灘区鶴甲3-11

アクセス
遠方からお越しの方
http://www.kobe-u.ac.jp/info/access/rokko/from-far.htm
駅からのアクセス(発達科学部)
http://www.kobe-u.ac.jp/info/access/rokko/from-station.htm
発達科学部内の学舎配置(六甲台地区〈鶴甲第2キャンパス〉)
http://www.kobe-u.ac.jp/info/access/rokko/turukabuto-dai2.htm




研究報告

原口 剛 (大阪市立大学都市研究プラザ研究員)

本岡拓哉 (同志社大学人文科学研究所助教)

村上しほり (神戸大学大学院人間発達環境学研究科博士課程後期課程)

進行┃ 梅宮弘光 (神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授)




タイムスケジュール

16時00分
開催のあいさつ

16時10分

趣旨説明+講師の先生のご紹介

16時20分
原口 剛
「〈寄せ場〉の生産過程における場所の構築と制度的実践」

17時05分
本岡拓哉
「戦後神戸における〈不法占拠〉バラック街の消滅過程とその背景」

  〈休憩 17時50分―18時00分〉

18時00分
村上しほり
「戦後神戸におけるヤミ市の形成と変容過程」

18時20分
ディスカッション+質疑応答

19時00分
閉会のあいさつ



詳しくは ↓(神戸大学)
http://www.h.kobe-u.ac.jp/4805
  
  
  
   
  
  
  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード