『論座』に書評

ronza-09-2007.jpg

 『論座』(9月号、朝日新聞社)に、『抵抗の場へ』の書評が掲載されました。
 評者は、津島佑子氏(作家)です。

 「小説を書く人間として深く共感しつつ、私もささやかな「惑星主義の「抵抗」をつづけたいと願わずにいられない。」


 津島佑子氏には、『寵児』、『光の領分』、『黙市』、『夜の光に追われて』、『真昼へ』、『風よ、空駆ける風よ』、『火の山――山猿記』、『ナラ・レポート』なとなど、たくさんの作品があります(みなさん、とっくにご存知のことですね)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード